« 初勝利!! | トップページ | 浅虫温泉へ小旅行 »

時は流れて…

Hi3f00430001_2 左の写真左下に「ANA」とみえるのは、札幌全日空ホテルです。今はこうして周りの高層ビルに埋もれちゃっていますが、ボクが子どもころは、この全日空ホテルがもっても背の高い建物で(多分)、周囲を圧倒していました。
かつては、空に向かって突き抜けるようにスマートに建ってるって感じでした。
建築技術の進歩…お父さんの身長がが子どもたちに追い越されたといったところでしょうか。

全日空ホテルのあたりには、かつての札幌農学校の官舎が4棟ありました。旧5000円紙幣の「顔」であった新渡戸稲造も、明治24年に教授として着任した際、「第三号官邸」(その後「第一号官邸」に移る)に住んだそうです。

札幌農学校からみという訳ではありませんが、ガイドブックによれば北大構内に「北大オリジナルグッズ」並ぶという「エルムの森」ショップがあると載っていたので、そちらにも行ってみました。
ガイドブックには「黒板消しストラップ」などの写真が出ていました。004_2 
興味津々。
正門から入りず~っとまっすぐに進み、クラーク博士の胸像の斜め向かいにある建物がそれです。入り口手前の解説パネルによれば、この建物は「旧昆虫学及養蚕学教室」で、もともとは時計台のある北2条キャンパスにあったものだそうです。
そして、やはり文化財登録がされていました。
北大には、文化財登録されている建物はいくつもあるのでしょうね。
さて、中へ入ろうとしたのですが、残念ながら土日はお休みでした。
あらら、ついていませんね。次の機会を楽しみに…です。

帰り際、観光客の方から写真を撮って欲しいとたのまれました。コトバの感じから中国の人かぁっという印象。ただ、建物などを背景とするのではなく、「雪」と一緒写して欲しいということだったので、「雪のない国」→台湾から観光にきた人だったのかしら。

|

« 初勝利!! | トップページ | 浅虫温泉へ小旅行 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

札幌note
素敵な街ですね!

「北」…そんな響きも「しっとり」なんだかな?
ゆっくり まったり なんて時間に「赤い星」の下で 誰かに会いたい

そんな北国が 大好きscissors 周りが変わってもbeerscissorsジンギスカンで

投稿: PP | 2010年3月24日 (水) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/47894950

この記事へのトラックバック一覧です: 時は流れて…:

« 初勝利!! | トップページ | 浅虫温泉へ小旅行 »