« 「軌車」で北上中 | トップページ | Buffalo Wing »

大間崎 そして…仏ギャー浦

5月2日、この日はお天気もよく、前日「ほど」の風もない、まずまずのドライブ日和でした。
午前8時ちょい過ぎ、いざ下北半島へ。
前日の1日には恐山も山開きになったとか。人出は結構ありそうな予感。

Dscn1483 連休中、誰もが似たような行動をとるのかしら、道中はずっと車がつらなっていました。
途中、トイレタイムで寄った横浜町の道の駅も駐車場はギッシリ…。
亀吉は富山ナンバーの車の隣に駐車しました。
おっ…、本物の「横浜」ナンバー。
全国から集まってきているんですねぇ~。
菜の花ドーナツを買い、ソフトクリームで充電して、一路大間崎を目指しました。
マグロっ、マグロっ…happy01

何台もの車がひと群れとなったまま大間崎へ到着したのは、午前11時Dscn1478 半少し前だったかな。
駐車場は車がはみ出しちゃうほどで、それにも増してマグロを食べられるお店はいづれもお客さんがお店からはみ出しちゃってました。
ボクが大間崎を訪れたのは4度目ですが、こんなに賑わっている大間崎は初めてでした。
大間は最近ものすご~く観光などに力を入れている上に、年に何回かマグロ漁の特集番組も放送されているとか…。
もはや映画「魚影の群れ」で影響をうけて、ココを訪れる人はいないんだろうね。
残念ながら今回はマグロを口にすることができず、つぎの訪問地へ向かうのでした。

やってきたのは佐井村です。
ここでは、遊覧船に乗って春の「仏ヶ浦」を堪能しようという算段でした。
ところが…sign02
この日は陸上のお天気はいいものの、海上では風が強く、遊覧船が運航するかどうかは、出発時刻ギリギリまで判断を待つことになりました。
前日は全便欠航とのこと。
何といっても、安全第一ですからね。

Dscn1494 結果は、遊覧船は運航するけれど、仏ヶ浦への上陸はできないということでした。
そういう条件は合点承知の助で遊覧船に乗船。
いや~、上下左右に揺れる、揺れる。
ひさびさのジェットコースター気分。
とくに、上下のばあい、上に跳ね上がってから下に落ちるとき、座席からおしりが浮いちゃうくらい激しく揺れました。
約1時間…得難い経験といえばそうなんだけどね。
船酔いshockした人もいたようです。

そんなことで、なかなか思うに任せなかった下北ツアーではありました。
これはもう一度行かなくてはおさまりがつかないなぁ~。
そのときは、大湊の「海軍コロッケ」にも手を出したいな。

午後3時を過ぎ、佐井から今度はず~っと南下して三沢へ向かいました。
三沢の夜…何があるか愉しみhappy01

|

« 「軌車」で北上中 | トップページ | Buffalo Wing »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/48264071

この記事へのトラックバック一覧です: 大間崎 そして…仏ギャー浦:

« 「軌車」で北上中 | トップページ | Buffalo Wing »