« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

折曾のイチョウ

Orisonoicho関の甕杉(深浦町 県指定天然記念物)から国道側を見下ろしたあたりに、「折曾のイチョウ」と名付けられたイチョウの木がありました。

かなり大きなイチョウの木です。
何かいわれがあってもよさそうな大木です。

すぐ脇には、toiletを併設した駐車場があり、ちょっとした出店もありました。

ドライブの際にちょっと休憩をして、このイチョウの木を眺めて…といったところでしょうか。

でも、そのすぐ脇にKanban_3

「日本一の大イチョウはこの先1.5km」の看板が…

もうひとつあるんだね、しかも「日本一sign03

「日本一」を求めてやってくる人が間違っちゃうことがあるから、こうした看板を立てているのでしょうね。

逆にいえば、折曾のイチョウもそれにみまがう程の「巨木」ということなんだよね。

それでは、ここはひとつ「日本一」も見に行くことにいたしましょう。

Dsc01791あぁ~たしかに…大きいsign01

もこもこ感がぜんぜん違うの。

しかもこちらは国指定の天然記念物になってますよ。

この周辺はイチョウ激戦区なのですね。

ただ、「日本一」とそうでないのは、やはり扱いが違うようで…

「日本一」の方のそばにある「深浦町観光マップ」には「折曾のイチョウは出ていませんでした。
コンテンツとして、おなじようなものを2つ載せることはしないよねぇ~やっぱり。

Nipponichinoichoインターネットで調べてみると、折曾の方は幹冠が10m以上ありながらも、巨木リストからももれいているのだそうです(右の写真は「日本一」の方です)。

まったく人間の都合ではありますが、近所に「日本一」がなければ、扱いもずいぶんと違ったのでしょうね。

ただ、折曾の方は国道沿いにあり、しかも脇の駐車場で休憩もできるので、ここを通るドライバーにやすらぎを与えるような存在であって欲しいなぁって思います。

はは…これも人間の都合でしたかbleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

津軽のウエストコーストで1泊

土曜日は、仕事で旧岩木町にいました。
この暑さは「嶽きみシェイク」日和だよ…って意気込んではいたのですが…
あぁ~30分早くお家を出ていれば…というところで、ありつくことはできずweep

さて、お仕事の後は、

Pensyonfukaura ペンション深浦sign03

深浦にお住まいのMさんがコーディネートをしてくれまして、PPさん、Pこさん親子とともに一泊です。

とくに、PPさんとPこさんは会社の人事異動で転勤することになり、さながら送別会ということに…

現地集合だったので、

Mininokuonsen みちのく温泉spaで汗を流してから向かいました。

「遊離二酸化炭素含有量№1」というのが、ここの温泉のウリのようです。

Wakagaerinoyuお湯には少~し茶色っぽい色がついていて、温め。
長くお湯に入ることが苦手なボクにとってはちょうどよかったですhappy01

海側に露天風呂もあります。
曇っていたので、沈みかけの太陽がうっすらとしか…

鄙び~た感じがなかなかよかったです。

日帰り入浴は450円。

ペンションの食事は、海の幸満載で…食べきれないほどの品数です。

それぞれが飲み物を持ち寄り、ビールbeerあり、日本酒bottleあり、焼酎も…

Nisekowineボクが持参したのは、ニセコの生ワインwineです。

これが美味しいのですよ~note

何本か買い置きしてありまして、こういう時にいただいてます。

ちゃんぽんで飲んだので、酔いが早くまわったのか…すっかり眠くなっちゃいました。

誰よりも早く、子どもさんよりも早く寝入っちゃったんじゃないかなconfident

深浦ご自慢の夕陽は…曇っていたからなのか、お酒を飲むのに夢中になっていて気がつかなかったのか…
最後の「ジュッsign01」って、火が消える瞬間みたいのだけ…

月食もあったのですよね。
外に出てみましたが、月夜はまったく拝めず…残念。

翌日は7時半にペンションを出発…さて、どこに行きましょう。
やはり、ここまで来たのだから、イカ…ですね。

そうそう、水を買うために立ち寄った、岩木のマックスバリュで「カレー納豆」というのを目にしました。
納豆もカレーも好きなので、ちょっとそそります。

青森に帰ってきてから、ユニバースと生協で探したのですがみつからず…

マックスバリュでしか売っていないのかしら…それとも単に見間違いsign02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初「よさこい」

rainが降りそうな気配を感じつつも弘前へ…
傘を持ってなかったので、少々不安。

弘前の暑さって、やはり青森市内とは違いますね。
じわ~っと、脊椎から毒素みたいな汗がわいてきますcatface

土手町で催された「よさこい津軽」を観にいきました。

北海道で生まれ育って…両手両足2セットでも足りないくらい生きているのですが、まだ「よさこい」なるものは「瞬間」だって観たことがないのです。

わくわくする気持ちで出かけていきました。

Odorutakamaru たか丸くんも踊ってる…note

昨日のムシ暑さを思うと、「内骨格」は悲鳴を上げているんじゃないかと…余計な心配をしたりしてbleah

いやぁ~面白いものですね。
とくに、「競技」(というのは適切ではないかもしれませんが)でやっているようなチームは、迫力といいますか、演出力が違いますねぇ~。

いつか北海道で観てみたいものです。

Dsc01865お昼は「桜n坊庵」のランチ。

この日のランチはエビフライカレーでした。

カレーを食べるのであれば、階下のスープカレーのお店でもよかったかな…って、今さらです。

「夏カレー」…暑いときのカレーもいいですよねhappy01
バテ気味でも食べることができるもんねぇ~

食後は観光館方面へ…

Takamaruあっsign01、たか丸くんが固まってる。

踊り疲れたのかな…sign02

まさか、メドゥーサに…そんなことはないねbleah

来年の築城400年のアト、この像はどうなるのでしょう。

為信の像の隣にでも並べるのかしら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

焼きイカAven.にて

鰺ヶ沢方面にまでやってくると、やはり

Ikakonyu 焼きイカAven.ですhappy01

まだ朝8時を過ぎたばかりなので、人もまばら…

Ikayaki_ave_2ボクが立ち寄ったのは、こちらの吉田商店です。
たくさんお店があるなかで、ふら~っと。

今日はボクが最初のお客さんとのこと。
まぁ~、朝も早いですしね。

ここのおばあちゃんと少しおしゃべりをしました。
何でも、最近は以前ほど人が来なくなったそうです。

山手側にバイパスができたことと、付近に道の駅ができたことがその原因じゃないかとおっしゃってました。

たしかに…

Mitinoeki_2ここに寄る前にボクも寄っているもんなぁ~道の駅。

まだお店の営業時間前だったので、トイレに寄っただけだけれど、営業していればはやり中に入っていたものね。

でも、風情という点では断然こっちのAven.ですよね。

しっかり、購入してきました。
3枚で1000円也…beerの肴に早速1枚いただきましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学生寮訪問…!?

いや~いいお天気sunでしたねぇ~note

新緑がボクを呼んでいるsign01…って飛び出したいところなんだけど、そうはいかないんだよね。
そうそう、お尻に火がついているんだっけ…

でも、

Student_plazza こんなところを訪問しました。
マンションみたいなところですが、どこだか分かりますか?

市内A大学の「Student Plazza」という施設です。
早い話が学生寮(付属高校の生徒もいるとか)。

冷暖房完備…おや、ボクのお家よりも条件がいいではありませんかbleah

ボクがここを訪れたのは、学生寮訪問の企画で…

ではなく、この大学が運営している「オープンカレッジ」がここの1Fにあって、そこの講師を頼まれちゃったので、しゃべりに行ってきたのです。
もちろん、1回限りですよ。

昭和52年からやっているということなので、もう30年以上になるんですね。
受講者は40名くらいいたかなぁ~
遠くは野辺地方面から来ているそうです。

80分ほどしゃべったのですが、反応はマズマズconfident
ただ、ボクの話の内容よりは、オマケでつけた「あおもり散策マップ」の方がウケちゃって、質問タイムではマップに関するものばかりでした。

Photo この建物向かいには、「国際卓球センター」という施設がありました。

国際」ですよ、すごいですねぇ~

ここで、あの「愛ちゃん」も練習していたそうですよ。

終わって、駅前(新町)通を歩いていると向こうから10人ほどの女性の集団が向かってきました。

ボクは道の左に寄りながら、この集団にすれ違おうとしたとき…

「先生~、さっきはありがとうございます」

あらら…、さっきの受講者だったのね。
どこでみられているか分かりませんね…油断大敵です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カエルが鳴かなくても…雨?

すっかり梅雨空rain…うっとうしい季節になりました。

やらなきゃならないことがゴロゴロ転がっていて、しかもぜ~んぶにちょっとづつ手をつけちゃって…

結局な~んにも片付いていないのsad
お尻に火がついた状態で、地雷源annoyを反復ダッシュdashさせられている感じ…

Dsc00598我が身の不徳とはいえ…これもまたボクの「うっとうしい」度を増幅させていますbearing

最近の雨って、シトシトとか「そぼ降る」といった情緒的なものではなくて、風呂桶をひっくり返したような暴力的punchな雨が多いように思うなぁ…

これも地球温暖化なのsign02…なんでもかんでもコレを理由にしちゃいけないねbleah

月曜日には市民病院の裏側の道路が冠水したとか…あの辺りは冠水しやすいものねぇ。

3年ほど前だったかな、11月に大雨が降って…
このとき、通勤途中のおばちゃん2人を順におぶって、冠水したここの道を渡してあげたことがあったっけ…

Dsc00599写真は、横内の常福院の境内にいたカエルさんです。
なかなか可愛いでしょnote

よく、「カエルが鳴くと雨が降る」っていうでしょ。
このカエル、鳴いてないと思うんだけどなぁ~

週末はカラッっとした青空sunを期待したいです。
なんたって、津軽のウエストコーストに行く予定なのです。
あぁ…こりゃエゴだ~

さぁ、「シャリカリキ」度UPで頑張るぞsign03…って今日もカラ回りしそう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とけるよ 甘いよ…何かのご褒美?

昨日の午前、突然携帯電話mobilephoneがブルブル…

出てみると、3月で職場を退職された方からでした。

「今日、手に入りそうだから、6時ころにお家に届けます…」って。

えっ、何sign02…もしかして、

Ohmamaguro これかなsign02

この方はたいへんな食通で、年に数回食事に連れていってもらっていたのですが、いつも美味しいところばかりhappy01

普段からいろいろと取り寄せているようで、タマゴなんかも1個数100円するようなものを食しているとか…

マグロfishは何度かご相伴にあずかったことがあり、期待は高まるばかりnote

Maguroそして…届きましたsign01

Oh-ma産かどうかは分かりませんが、近海物であることは間違いないでしょうね。

お皿にうまく盛りつけられなかったので写真にはありませんが、赤身のほかに中トロも…

おまけに、ビールbeerもセットでいただいちゃいました。
サッポロビール黒ラベル。

マグロは…口の中でとけちゃう感じ。そして、何たって脂が甘いsign01

う~ん、何とも美味しい週のはじめとなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

醤油サイダーをいつ飲もう…

Komigyoton松原の「山下家」さんで、久しぶりの「朝メン」noodle

今回は香味魚豚ラーメンconfident

煮たまごの右側には、刻んだタマネギの上に魚粉かしら…

この魚粉らしきものが豚骨スープに混ざっていくと、漁豚味になっていくようです。

この日は月に1度のカルチャースクールの日。
しかも第1シーズンの最終回。

講座が終わってから受講者の一人とおしゃべり…
タクシーの運転手さんで、「観光タクシー」もやっている関係でボクの講座に出席していたようです。

いつもボクの目の前に陣取り、熱心にはなしを聞いてくださってました。

来月からはいよいよ観光シーズン。
ですから、第2シーズンは受講できないとのこと…
いつか機会があれば、また聞きにきてくれればと思ってます。

あっ…それまでボクが講座を持っているかどうか分かりませんねconfident

Layu_2 帰宅後、冷蔵庫を物色していたら…

でてきました、食べるラー油第2弾sign01
辛くみえてちょい辛ラー油

小泊のラー油よりも具がぎっしり

冷や奴に乗せて一口…

おいしいhappy01

なんといっても「味噌」の味がいいですね。
具が多いせいで、油~っていう感じもありません。

ちょうど1年前に閉店しちゃったIchi文屋さんでいただいた、「にんにく味噌」の味に似ていてなんだか懐かしい…

Syoyusaida_2そして、もうひとつ…

小豆島の醤油を使っているという「醤油サイダー

浅虫の道の駅で買いました。
買ってはみたものの…といったところです。

注意書きに
醤油サイダーをまねて醤油(本物)をサイダーのように飲むのは絶対におやめ下さい。
だって。
やっちゃった人がいたんだね…きっとconfident

なかなか開栓できずにいます。

今日こそ飲もうか…いや、今日は日和が悪いbleah
あぁ…いつまでもやってそう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「あおもり街てく」に参加して…

Chirasi テレビや新聞で紹介されていた「あおもり街てく」に参加してきました。

コースは「風景」「歴史と文化」「味とショッピング」の3つ。

ボクが参加したのは「歴史と文化コース
所要時間が2時間から2時間半というもっとも長いコースです。

今月からはじまった企画で、しかもマスコミでも紹介されているので、それなりに参加者がいるかと思いきや…

2人…sign03

まぁ、「歴史と文化」って、青森の人にとっては感心の薄いテーマだものねぇcatface
ガイドさんですら、青い森公園で「青森には文化はない」っていっちゃうくらいだし…

Syuppatu 集合は、青森駅前に新しくできた「青森市観光交流情報センター」

コースの出発は県庁隣の「青い森公園」なので、そこまではガイドさんとともにぶらぶら…

この間、ガイドさんは駅前通(新町通)のことをあれこれと話してはくれますが…

ちょっと、だらっ~とした感じになっちゃいます。

青い森公園を集合場所にしてくれた方がいいかも…

青い森公園に到着し、「街てく」はじまり~wink

Gaido 最初は国道7号と4号との分岐点…

そこから、棟方志功のおばさんの家を通り、善知鳥神社やら寺町方面をめぐり、県立郷土館がゴールです。

今月から始まったばかりなので、ガイドさんのお話もま だこなれていないようです。

ご自身でもいろいろ勉強しているんだなぁ~っていうのは伝わります。

ただ、コースのコンセプトと個々の内容が…ひどすぎるweep…これでは参加する人に失礼だよぉ~

おみやげにネブタンとハネトンのバッチをもらいまBaggi_2 した。

受付の人のお話では、バッチがもらえるのはこの日までということでした…ちょっと得した気分bleah

このコースの今後を期待するのは…夢物語

のような気もしますが、いつの日か…ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

津軽半島…雨景色~♪

水曜日は久しぶりの雨rain

そして、

Minmaya 三厩sign01

先週の金曜日に引き続きのフィールドワークです。

朝、このフィールドワークの主催者からtelephoneが…
「中止」をちょっぴり期待したのですが、そう都合よくはいきませんよねbleah

写真後方の岩の3つの岩穴(写真では2つしか見えませんが)に龍馬が繋がれ、それに乗って源義経は海を渡り北海道へ…といった伝説があるとか。

それにしても、う~っ、海からの風が強くて寒い~sign01

その後、車carで南下して今別へ…

南下といっても、三厩から今別なので、状況はほとんど変わらずです。

Seudodoba本覚寺というお寺に寄りました。

右の写真は青銅製の塔婆で、県重宝になっています。

1727年に、このお寺の5世貞伝(ていでん)上人が建てたものです。

この方、村の漁師の生活を案じて、お経を書いた石を海に投げ入れ、そこに昆布を根付かせようとしたのだそうです。

それで、今別昆布は「貞伝上人の賜り物」とされているんだって。

昆布などの海藻が石に根付くと、そこにはイワシなんかのお魚たちfishもやってくる…よく考えましたねぇ~

そんなことで、このお寺は漁業と関わりがあるのかしら…

Hongakujikuri 庫裏は北海道のニシン御殿を移築したものなのだそうです。

知ったふりをしてますが、いつものフリーライターSさんからの受け売りですbleah

ここからさらに南下を続け…

Syoindou_2 松前街道sign01…しかも海wave

かの吉田松陰もここを通ったということで、「松陰くぐり」ともいう…とか。

干潮のときではないと通れないですね。

あまりに寒いので、ボクは早々に車carへ引き返し…

そうそう、穴の向こうにうっすらと岩礁が見えています。
この岩礁になかに、さっきの貞伝上人が投げ入れた石もあるのだそうです。

Imabetusoba この日のお昼は、紆余曲折ありましたが、今別郵便局側のおそば屋さんに落ち着きました。

いただいたのは、「親子南蛮そば」

「かしわ」と「たまごとじ」が合体sign01…ということかな

じゃぁ…「南蛮」はどこにsign02

20年以上も前ですが、「カレー南蛮」の「南蛮」は、「難波ネギ」を指すとテレビで見たような気がするんだけれど…違ったかなぁ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小岩井農場で…

6月13日…無意味な日sign03

強化週間もこの日がいよいよ最終日。

無意味とはま~ったく関係ありませんが

Koiwai 小岩井農場に行きました。

この日も暑つsweat01

で…

Kouteieki あらら、口蹄疫の影響が…

Titisibori_2残念ですが、こればかりはしかたがありません。

乳搾りなんかのイベントは中止。

全国のこういう施設では似たようなような措置をとっているのでしょうね。

動物たちと触れ合うことを楽しみにしている子どもたちがきっとた~くさんいるだろうから…

早く解決して欲しいものですねcatface

それでも、

Hituji 羊さんはいるし

Uma お馬さんも頑張ってる

牛さんだって…

Usi ほらsign03

Omuraisuそして、お昼はやっぱり…オムライスhappy01

豊かなバターの風味

あぁ…乳製品sign01

いつもはガマンしてるけど、やっぱり美味しいねぇ…

このあと、生乳たっぷりのソフトクリームも食べちゃいましたnote

う~ん、体重量るのが怖い…

強化週間の先週末は天気にも恵まれ、愉しく過ごすことができました。
かなり日焼けもしちゃった。

美味しいものも食べたなぁ~。

それと、ボクの誕生日でもあります無意味の日には、多くの人からお祝いのメッセージなどを寄せていただきました。
こんなにたくさんいただいたのは初めてで…ちょっとビックリもしました。

ありがとうございます、とっても嬉しかったですhappy01

これからも何卒ごひいきに…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

つなぎ温泉

盛岡市街から亀吉を駆って約30分

Dsc00799 やってきました、つなぎ温泉「愛真館」spa

なんだか、武道でもやってそうな名前

1泊2食で7999円(12日は休前日だったので別途割増料金)のパックだったので、どんなところなんだろうと思ってたのですが、まずまずの外観confident

NHKの連続ドラマ「どんと晴れ」の舞台になったようです。
館内に写真が貼ってありました。

宿の付近を歩いてみると、

Dsc00818 注連縄を巻いた石がありました。

この石の穴のところに、八幡太郎源義家が愛馬を繋いだのが、「つなぎ」(温泉)の由来となったらしいです。

石の脇の解説板によれば、ここに温泉が湧いているのを発見したのもこの義家とのことです。

さらに少し奥へ進んでいくと、「旧源泉」というのがありました。

Dsc00822 で、解説板に目をやると…エッsign01

昭和35年ころから湧出量が減少し…平成2年11月17日でもって自然湧出が絶えるsign02

でも、大丈夫

平成4年から、さらに上流に上ったところで深層部の温泉をくみ上げているんだってconfident

その間の2年弱の期間はどうしたんだろ…って考えることはやめときましょう。

温泉地にとっては、源泉は命。
いろいろとあったのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中津川周辺をぶらぶらと…

「チャグチャグ馬こ」を見たあと、盛岡城跡公園へ。
盛岡城はすり鉢の底にあるような感じ…confident

Isiwarisakura そこからエッチラオッチラはい上がり、立ち寄ったのが「石割桜」cherryblossom
現在は裁判所の敷地ですが、かつては盛岡藩の家老の屋敷があったそうです。

ここから、ともぴーさんから教えてもらった中津川へぶら~っと。
この川に沿って散歩するのが気持ちいいとのことです。

Soft ですから早速…

チーズソフトhappy01

中津川に掛かる「中の橋」のたもと、「プラザおでって」で一休み。

日陰は人で一杯。

み~んな暑かったんだねsign01

チーズ…チーズケーキ味というべきかなぁ~、不思議な食味。
ひんやりして、う~ん、いいねnote

ここのすぐ向かい側には、

Ginko 明治44年に完成したという旧盛岡銀行本店。
設計には、東京駅を手がけた辰野金吾も関わっているんだって。
そういわれると、ちょっと似てますねconfident

この辺りには、そこここに歴史的な建物が遺っているようで、

Goza ござ九
江戸時代後期、明治時代中期…と段階を追って建てられた商家。
もちろん、現役。
道路に沿って曲がっているところがいいですね。

こんな感じで中津川の「周辺」をぶらぶらして…

Nakatugawa ようやく河川敷へ。

水がと~ってもキレイ。
魚釣りをする親子や、水遊びをする子どもたち…

ボクもザブ~ンsign03…と、気持ちだけ。

川面を通り抜ける風が心地よかった。
いい散策路です。

Kasensikiumaおやsign02…お馬さん

ここに集まっていましたか。

隣町から車でやってきていたんだね。

ご苦労様ですhappy01

この日はずいぶんと歩きました。
sweat01もかいたことだし…

さて、温泉spaへ向かいましょうsign03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

思いがけずにチャグチャグ馬コ

6月は強化月間(何のこっちゃ…)で、しかも2週目は最重点週間sign03

と、いうことで、

Bijyutukan Y旅行社からいただいた招待券を片手に、岩手県立美術館にやってきましたsign01
どこかの県の真~白い美術館と違って、精神的には落ち着く感じです。
ここも比較的新しい美術館なのかなsign02…そんな印象です。
2階の常設店は、岩手県内の美術家たちの作品が展示されていました。

外は暑い…sweat01
このムッとする暑さは、う~ん、内陸性だねぇ。
体がまだ慣れていないので、水分補給しないとやっていけなそう…catface

美術館を出るころにはちょうどお昼どきとなりました。
それでは、亀吉くんとともに盛岡市街へ向かうことにしましょう。

おやsign02、進まなくなってきた…亀、どうしたの。

Kurumaチャグチャグ馬コsign03
あら、今日だったのね、思いもかけずにラッキーだこと。

しかも…

Sansadance 夏の風物詩「さんさ踊り」も登場sign01
盛岡てんこ盛りですねぇ~
強化週間にはふさわしいね、こりゃ。
青森に住んでると、日程が「ねぶた」に重なるようなお祭りはどうにも遠のいちゃうものね。

ただ、お馬さんが見えてこないんだよね~
もしや、お馬さんはここには登場しないの…sign02

Reimenそれはそれとして、お腹もすいたことだし、ひとまずは腹ごしらえといきましょう。

盛岡といば、定番の「冷麺」

冷麺発祥の地とされる「食道園」に入りました。
タイミングがよかったのでしょう…それほど待つことなくお店に入ることができました。

さすがsign01、焼き肉のメニューをさしおいて、トップに冷麺がありました。

ボクは「大辛」を注文。
大根がシャキシャキしていて美味しかったです。

お店の店員さん同士の立ち話から、どうも1時ころにお馬さんが通るようでした。
12時45分…ちょうどいい

再びさきほどのところへ戻り、しばらくすると

Chaguchagu お馬さんsign03

チャグチャグって、馬につけられた「鈴の音」を表現したものだそうです。

馬に乗っているちびっこたちの可愛いこと…。

お馬さん見物を満喫したあとは、街ぶらへ。
まずは、盛岡城跡公園へ向かってみましょう。

それにしても、ふ~っ暑いsweat01

| | コメント (3) | トラックバック (0)

まぼろしの県道

昨日は、野辺地以来の久々のフィールドワークwink

合浦公園を起点に浪岡方面を調査。
はじめのうちは、「菅江真澄のたどった道」を意識しながら廻ってましたが、だんだんと変わっていき、浪岡に入ってからは先週ボクが歩いたコースと一緒になっちゃいました。

そして、浪岡から

Yamaoku これくらい山奥に入り、行き止まりにぶつかったりしながらようやくたどり着いたのが、

Sanmon 法峠寺。
「日持聖人霊場」だって。
この辺りって、日持さんの伝説が残ってるんだよね。

日持さんが北海道に渡った時、見たのことのない魚がたくさん獲れたんだって。それが「法華の坊さんが来たから」ということで、その魚を「ホッケ」と呼ぶようになったとか…。

だいだい、ここってどこ?
浪岡(青森市)それとも黒石?

Annaiban そして、この山門の左側に、「幻の県道」の案内板と、ハイキングコースの入り口がありました。

これはなんだsign02

案内板によると、800年前からある道で、昭和11年には秩父宮が率いる歩兵31連隊第1大隊がこの道を通り、沖揚平を通り酸ヶ湯まで行ったのだそうです。

ところが…

戦中戦後の混乱で、この道路が「県道酸ヶ湯黒石線」に認定されたのですが、通る人もすくないので、工事が未着手のままになって、「幻の県道」と呼ばれるようになったそうです。

Rute 現在は、15kmのハイキングコースになっているそうです。

Maborosimiti ただ、ここまで来るのも大変だよ。
車でここまで来て…乗り捨てる訳にもいかないしねぇ。

しかも、こ~んな道を歩いていかなくちゃならないし…coldsweats01

そうそう、たびたび登場するフリーライターのSさんから教えていただいたのですが、浪岡の食堂では、製麺所からラーメンの麺を仕入れるのではなく、自家製麺が多いのだそうです。

Dsc00645 お店によって、個性が出そうですね。

駅前の「うの食堂」に行きました。

ボクはタン麺noodleをいただくことにしました。

もちろん、ここも自家製麺happy01

おいしいんだけど、量が多いし、スープがとても熱っsign01

喉が焼けそうだった…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

やっと…浅虫でのオムライス

今日は休暇を取りました。
所用があったのですが、なくなっちゃったというかやめちゃったのですcatface

Tennai_2 さてどうしよう…「そうだ、京都に行こう」っていうJRのCMがかつてありましたねぇ~
そうだ、浅虫にオムライスを食べに行くことにしましょう。

「PIZZA HOUSE Sharumu」さん
去年の秋ころから行ってみたかったんだ~sign01
午前10時半から営業…早いよね。

店内は、3人がけのテーブルが2つで、6人がけのテーブルが2つです。
こぢんまりとした感じです。

Jazzが流れています。
今日は、井上陽水と玉置浩二の曲をそれらしくアレンジしたものが流れており、ボクとしては心地がよかったnote

そして、

Omuraisu これがお目当てのオムライスですlovely
エビフライが乗ってるよ~

ソースはちょっと甘め。
チキンライスがもう少しパラッとしていた方が、とろ~っとした卵には合いそう…
何エラそうなこと言ってんでしょbleah

もちろん、美味しくいただきましたhappy01

ピザも30種類近くありましたよ。

ただ、少~しカロリー高めかなsign02
今朝の体重63.6kg…1月3日が72.3kgだったからよく頑張ってる、うん。

水も持ってるし、汗を拭くためのラベンダーキティちゃんの色あせたハンドタオルも持ってるし…よし、散策しよう。

Hotaru Sharumuさんの向かいにある、JR浅虫駅の観光案内の窓口で散策マップをいただき、そこのおばさんから教えてもらった浅虫公園1時間コースに挑戦することにしました。

畑の間をぐんぐんと進んでいくことになるのですが、ホタルの自生地があるようです(写真上)。

ただね、水辺にゴミが捨てられているんだよねぇ~
心ない人の所為なのだろうけれど、これはいけませんpout

目的地は、樹齢700年(全国2位)の赤松の巨木sign03

だんだんと蒸し暑くなり、摂った水分がそのまますぐに汗になって出る感じ…

Koubai 登りって行くのがだんだんとキツくなってきたぁ~
こんなことじゃ、屋久島の縄文杉には近づけないぞsign01…って、訳の分からないことを考えながら歩いていきました。

残り360mというところからかなりしんどくKyoboku なってきた…
もうすぐってところで、あと「0.09km」の案内板が…一瞬エッて感じです。
90mって書いてよ~

ここから細~い道を下っていくと、あったsign03

周囲の木とは存在感がたしかに違う…

荘厳な感じがします。
汗をかきかきここまで歩いてきてよかったなぁ~って思いました。

ここからは温泉街の方へ戻ることになります。
少~し心地よくなった気分で歩いていると…

Kenntokuhi

最後の最後で遭遇するとは…米田甚吉の顕徳碑
去年の10月に探したんだけど見つけられなかったのです。

米田甚吉さんは、弘前の和徳町で木綿問屋を営んでいたのですが、明治21年から浅虫で製塩事業を始めた人なのです。
明治30年代に最盛期となり、福島市や盛岡市などでも販売したのだそうです。

Kasisusofuto 山から下りて向かったのは、道の駅「ゆ~さ浅虫」

お目当ては、カシスソフトです。

冷たくて、甘酸っぱくておいしいhappy01

八甲田とおなじく、浅虫でもセミが大勢で鳴いていました。
青森のセミは早いんですね~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ポイントカードはどうしてます?

Tantanmen 久しぶりに橋本の中華料理店「広州」に行きました。

外がかなり暑かったので、「冷やしタンタン麺」noodleを注文。

初めのうちはよかったのだけれど、店内に冷房が入っていたので、だんだんと寒くなってきましたbearing

暖かいお茶をいただき、すこし暖まったところで、支払いに…

Pointcard スタンプカード…

予定外に来ちゃったので持ってないよ~
これで3枚目になっちゃいました。

ところで、こうしたスタンプカードだとかポイントカードの類を世間様はどうしているんだろ…
結構たまっちゃうよねぇ~

いつも全部持ち歩くとお財布がおデブになっちゃうし…

レジで「ポイントカード持ってますか?」っていわれて、「今日は持ってません」っていうこともしばしば…

トイザラスのポイントカードにいたっては、一度も使ってないはず。
姪っ子にお土産買ったりするので、結構トイザラスは使っているんだけど…

いつも持っているのは…「ベニーマート」くらいです。

ところで、先週から「あおもり街てく」が始まったようですね。
テレビでも取り上げられたし…一回くらいは参加してみよう、うんwink

チラシを見ると、なんだかいっぱいキャラクターがKimetekun いるんだね。
「ねぶたん」に「ハネトン」、さらには、「ほたてん」に「あぷたん」(「あぷ」はアップルみたい)…そのうち「アスパムン」なんかもできるのかしら。

そもそも、こんなにたくさん観光キャラクターいるのかなぁsign02
「ほたてん」と「あぷたん」はかわいいとは思えないし…

そのほか、青森の環境キャラクターに「エコル」と「ハナ」というのもあるらしい…

県内でなんたって有名なのは、申吾ちゃん…でなかった、「きめ手くん」ですね。
なかなかカワイイもんね。

次はどんなキャラクターが登場するのかしら…

浪岡町の「バサラ」はどうなったの…合併したからお役御免sign02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

八甲田の春を感じて

外を散策するのにいい日和ですねぇ~
それなのに…今日はお家でお仕事しなきゃweep

自堕落な生活がいけなかったのは、重々承知なんだけど…

Mizu 数年前から散策するときは水を持つようにしています。
長時間持ち歩く散策のときはぬ~るくなっちゃうので、軟水を選ぶようにしてます。

水を補給しながら歩くと、やはり疲れ方が違います。
翌日も調子がいい…って気にはなってますhappy01

中三デパートで、浅虫温泉水「仙人のわすれ水」というのを見つけました(220円)。

青森のミネラルウォーターといえば、白神山地のものが有名だけれど、浅虫も出していたのですねぇ~。

硬水なので散策にではなく、朝目覚めたときの水分補給にグイッといいかも…wink

昨日の午後は、マックスバリューで買った78円の水を持って…

Iwakisantenbohsyo 行ってきました八甲田。

青と白と緑が…いいですねぇ~
先月よりは格段に緑が濃くなってます。

しかも…セミが大合唱です。
ヒメハルゼミというのだそうです。
セミといえば、夏休みの昆虫採集でアブラゼミを追っかけて…それしか知らなかったので、この時期に鳴くセミにはビックリです。

Kayanochaya 萱野高原もボチボチの人出。
もっといるかと思っていましたが…どこに行っちゃのでしょう。

花も咲き始め、高原にも彩りが出てきました。
ボクは花の名前はわかりませんが…catface

黄色い花は、手元の本に出ていたミツバツチグリなのかなsign02

空気のにおいもいいsign03

Mitubatuchiguri 名物の長生きのお茶で、寿命を延ばしたところでさぁ出発sign01

銅像茶屋を経由して、田代平・箒場方面に向かいました。

ツツジはもう少しって感じ…来週辺りどうかしら。

又兵衛茶屋からグダリ沼へ…片道1.5kmの散策コース

Totyumizu 「つつじの小径」って看板には書いてあったけど、「小径」という感じはしないなぁ。
ピンク色のテープをたどりながら、ぐんぐんと進んでいくと…

タケノコやらワラビなど山菜が顔を出していました。

地面もふかふかしていて足に優しい感じです。

そうしてようやく到着sign01

Gudarinuma_2 グダリ沼~sign03

どちからといえば、勢いできちゃったけれど、この次はしっかりピクニックモードで行きたいものです。

お弁当riceballって…外で食べると美味しいものねhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ふいんき

このあいだ、サウナでテレビに「耳」を傾けていたら、アナウMeihinten ンサーさんが外国(多分ニューヨーク)からレポートをしてました。

ふいんき…

んんっ…「ふいんき」って言ったsign02
聞き間違いsign02

しばらくしてもう一度「ふいんき」…
今度は間違いない。

「ふんいき」って…たしかに言いにくいのかもしれませんねwink
ふいんき…ふいんき…って口にしていたら、だんだんとボクもそうなっていきそう…sweat02

さて、県立郷土館でやっている「サントリー美術館名品展」に行ってきました。

Ippitusen 駐車場にすんなり入ることができ…あれっsign02、意外

歌川広重の「東海道五十三次」や南蛮人の燭台なんかが展示されているコーナーが面白かったなぁ。

そして、何と言っても第二会場の「薩摩切子」がすばらしかったsign03
もっとたくさんあったらよかったんだけどなぁ~

みっちり感がなく、ゆったりと見ることができました。
物足りなさもない訳ではなかったけど…「後期」の方も行ってみようかなconfident

ふいんきも…まずまずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふらっと浪岡へ

浪岡にある中世の館に行ってきました。
お仕事では何回か行っているのですが、ゆっくり常設の展示を見学するのは初めてです。

Artten この日から館では「石澤暁夫アート展」というのが始まっていて、館内はこちらのアート展一色となってました。

常磐村(現藤崎町)出身のアーチストなのだそうです…って、ボクが知らないだけなのかもしれませんがbleah

歴史の展示を見て出てきたら、青いスタッフウェアの方からこちらの「アート展」も勧められたので、見てきました。

「いや~、時間がありませんので…」なんていって断らなくてよかったぁ~

ボクの背後で、楽しくピンポンみたいなことをやって遊んでいたの人がいて…石澤さんご本人でしたsign03

中世の館で浪岡城と浪岡北畠氏についてチョットお勉強したので、ここからちょこっとぶらぶらと…

Hachimangu まずは、浪岡八幡宮へ。
ぶらっとするまでもないくらいご近所です

Kitabatakehaka_3つぎは、浪岡北畠氏の墓所へ。
何だか「歴史オヤジ」っぽくなってきましたねぇconfident

中世の館にあった略地図によれば、そう遠くない感じ…歩いて行けそう

一応、館の方に訊いてみたら、「歩いていくのは、ムリ、ムリ」っていわれちゃった。

ご親切に、地図memoを書いてくれました。
さらさらっと、書いた感じの地図ではあったのですが、これがとっても見やすいのですhappy01

亀とふたり、迷うことなくすんなり到着。
田んぼの真ん中にありました。

Namiokajyo いよいよ浪岡城へsign03
お~っsign01…あれこそはボクの記憶に間違いがなければ、居酒屋さんの「さぶろう丸」ではありませんか。

ずいぶSaburomaruん前に2、3度寄ったのですが、感じのいいお店です。
とくに、お魚が美味しいのlovely

いつかまたここで呑みたいbeerものです。

浪岡城に到着したのは午後4時過ぎ。

案内所はすでに閉まっていました。
意外に早いのねcatface

| | コメント (3) | トラックバック (0)

函館で見た青森県ゆかりの建物

数年前までは、仕事で毎年のように函館方面に行っていましたが、ここ数年はパッタリ…。

ただ、仕事で行くと、「ホテルhotel→仕事(図書館)book→夜の街beer→ホテルhotel」となっちゃいます。
た~くさんある観光地を歩くことはほとんどありません。

去年の秋になっちゃいますが、久しぶりに日帰りで函館で「遊んで」きましたhappy01

函館開港150周年の年だったので、どこも賑わってました。

Hakodatebugyosyo 五稜郭では、函館奉行所(庁舎)の建設工事が着々と進んでいました(写真中央)。
いよいよ今月完成の予定…だったと思います。
夏には是非行ってみたいsign01

Kofukunoishi 五稜郭から電車通りの方へ向かってぶらぶらしていると、歩道の脇に何やら奇妙な黒い物体が…

注連縄しているし…もしかしてご神体sign02

上の国(かみのくに)を流れる「天の川」の上流、山奥に眠っていた「ふしぎな石」なのだそうです。

何が「ふしぎ」なのsign02
どうしてここにあるのsign02

「手をふれて祈って下さい」とありました。

函館といえば何たって「函館山」

Hakodateyama 行ってきましたよ~しっかり函館の「昼景」をながめてきました。

左の写真の手前下方にグラウンドがありますね。

ボクにはこれが「10円ハゲ」にみえちゃいます。

やはり、この「10円ハゲ」が隠れる夜景の時に訪れるべきだった…かな。

Asari 市電の宝来町の停留場からすぐのところにある「阿さ利本店」

1階が肉屋で、2階がすき焼きの専門店。
観光ガイドブックには必ず載っている有名なお店。
建物は2009年度の「歴風文化賞」に選ばれました。

この建物は、昭和9年に店舗兼住宅として建てられたものです。
しかも、これは明治の中ころに野辺地に建てられた別荘を移築したものなのだそうです(以上、「eHAKODATE」より)。
青森県にゆかりのある建物だったのですねぇ~。

こんどはここですき焼きをいただきたいなconfident

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ひとつ学びました

一昨日仕事から帰宅すると、Y旅行社からの封筒が届いてました。
来月この旅行社の日帰りバスツアーに参加する予定なので、その関係で何か送ってきたのかな…

Chirashi懸賞に当たったbell…って、いつ応募したんだけっけsign02

映画の試写会・招待券など、とくにテレビ局のHPからいろいろと応募しているのだけれど、なかなか当たりません。
当たらないものだから、「とりあえず応募しとこ」ってやっちゃうものだから、何に応募しているのかすら覚えていないのです。

岩手県立美術館の企画展「POP ART」の招待券。

岩手かぁ~14年前に1度行ったきり…
これを機会に行ってみようかしら。

Sanpiaomoteさて、先日Twitterで、市内の「勤労青少年ホーム」が生田勉さんという建築家によるものであることを知りました。

知らなかった…
ボクの会社は、「勤労青少年ホーム」のすぐそばにあります。
仕事をしている場所の左側の窓からは「サンピア」の赤い文字が見えています。

通勤でしょっちゅうこの前を通っていて、「頭でっかち の変わった建物だなぁ~」という印象はありましたが、あまり関心は持ってはいませんでした。

Sanpiaura_4 『Ahaus』という雑誌の第2号(2005年9月)の特集「青森・モダニズム残映」という特集で、生田勉さんのことが取り上げられています。

小樽出身(1912年生)で、お母さんの本籍地は蟹田町という青森県にはゆかりがある方です。そして、旧制高校教授を経て東大の教授になったそうです(『Ahaus』P.46・48)。

設計を依頼されることは極端に少なくて、むしろ優れた評論家として知られていたそうです(同上P.46)。
そうした「寡作の建築家」の作品が、青森県内には「十和田市立新渡戸記念館」とこの「勤労青少年ホーム」と2つあるそうです。

青森の人はどのくらいこういったことを知っているのかな。
中央市民センターも併せて大切に保存してもらえるといいのだけれど…。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こどまり限定「食べるラー油」

昨日は「世界禁煙デー」だったようですね。
1日40本以上吸っていたボクがタバコsmokingを「お休み」してから、1年半と2週間の時間が過ぎました。

手元にあったライターなんかは「休暇」を取ったその日に処分しましたが、灰皿とタスポはまだ処分できずにいます。
いつ「長期休暇」が明けるか分からないですからねぇ~confident

Pontomariさてさて、日曜日に行った小泊の道の駅「ポントマリ」では、食事のほかに1階の物産コーナーをぶらついてみました。

物産コーナー大好きです。

水槽ではヤリイカが泳いでいたり(きっと、これを食べたんだ…)、サザエのUFOキャッチャーなんかがあって、地域の特色が出ています。

そういえば、中里町と合併したんだものねぇ~、中里の特産物ブルーベリーの加工品なんかも並んでます。

ん…青い金魚ねぶたsign02Kingyo
ワールドカップ必勝祈願の金魚でしたか…

サッカーは、オフサイドって何sign02ってくらい分かっていないのだけれど、一応、日本代表頑張れsign01です。

間もなく始まるのかな…ワールドカップ
南アフリカでしたよね…それくらいは何とかbleah

海鮮! 浜ラー油」という文字が目に飛び込んできました。
しかも、「いま話題の食べるラー油」って…聞いたことはあるなぁ~

Rayu 「食べるラー油」って何だろうという興味と、「道の駅こどまり限定販売!」というロゴに後押しされて買っちゃいました。
1本400円ナリ。

びんのラベルに食べ方がいくつか書いてあります。
「熱々のご飯の上に具とともに直接かけて、醤油をたらして食べる」というのが最初にああります。
それでは、これを実践してみましょう。

サクサクッとした食感は、揚げたニンニクでしょうか。
歯ごたえは、カシューナッツが一番かな。
イカの香りがします…ここが小泊らしさというところでしょうか。

ラー油かけご飯は初めてでした。
胃腸のことを考えれば、一度にあまり多くは食べられないなぁ。
ラベルにはこのほかに、ラーメンに乗せて食べるともありましたGohan

冷や奴なんかにはどうだろう…
細く刻んだ油揚げをカリカリに炒めて、それにかけてみたり…
う~ん、お酒beerのおつまみみたいなものしか浮かばないcatface

インターネットで何かレシピを探してみることにしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »