« ひとつ学びました | トップページ | ふらっと浪岡へ »

函館で見た青森県ゆかりの建物

数年前までは、仕事で毎年のように函館方面に行っていましたが、ここ数年はパッタリ…。

ただ、仕事で行くと、「ホテルhotel→仕事(図書館)book→夜の街beer→ホテルhotel」となっちゃいます。
た~くさんある観光地を歩くことはほとんどありません。

去年の秋になっちゃいますが、久しぶりに日帰りで函館で「遊んで」きましたhappy01

函館開港150周年の年だったので、どこも賑わってました。

Hakodatebugyosyo 五稜郭では、函館奉行所(庁舎)の建設工事が着々と進んでいました(写真中央)。
いよいよ今月完成の予定…だったと思います。
夏には是非行ってみたいsign01

Kofukunoishi 五稜郭から電車通りの方へ向かってぶらぶらしていると、歩道の脇に何やら奇妙な黒い物体が…

注連縄しているし…もしかしてご神体sign02

上の国(かみのくに)を流れる「天の川」の上流、山奥に眠っていた「ふしぎな石」なのだそうです。

何が「ふしぎ」なのsign02
どうしてここにあるのsign02

「手をふれて祈って下さい」とありました。

函館といえば何たって「函館山」

Hakodateyama 行ってきましたよ~しっかり函館の「昼景」をながめてきました。

左の写真の手前下方にグラウンドがありますね。

ボクにはこれが「10円ハゲ」にみえちゃいます。

やはり、この「10円ハゲ」が隠れる夜景の時に訪れるべきだった…かな。

Asari 市電の宝来町の停留場からすぐのところにある「阿さ利本店」

1階が肉屋で、2階がすき焼きの専門店。
観光ガイドブックには必ず載っている有名なお店。
建物は2009年度の「歴風文化賞」に選ばれました。

この建物は、昭和9年に店舗兼住宅として建てられたものです。
しかも、これは明治の中ころに野辺地に建てられた別荘を移築したものなのだそうです(以上、「eHAKODATE」より)。
青森県にゆかりのある建物だったのですねぇ~。

こんどはここですき焼きをいただきたいなconfident

|

« ひとつ学びました | トップページ | ふらっと浪岡へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

10円ハゲ・・・あははは!ほんとだ~。
函館って一度でいいから行ってみたいです。
野辺地から移築した建物ってのもすごいですねぇ~。
どうやって海を渡ったんでしょ?

投稿: べぃじゅ | 2010年6月 3日 (木) 08時55分

海を渡ったhouse 興味津々…
天候次第ですが 来週末 あたくしも「海」を渡る予定してますnote

「よさこい」に合わせてるんじゃないけど 北の大地を満喫sign03

すき焼きも いいかもscissors


投稿: PP | 2010年6月 3日 (木) 14時59分

べいじゅさん、函館の夜景観るなら空気が澄んだ冬がオススメだそうですよ。
一度是非sign03

PPさん、いよいよ「北」への活動が本格化してきましたね。
「よさこい」かぁ~「北の国」もいよいよ春なんですね。

投稿: ぴかりん | 2010年6月 3日 (木) 18時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/48530137

この記事へのトラックバック一覧です: 函館で見た青森県ゆかりの建物:

« ひとつ学びました | トップページ | ふらっと浪岡へ »