« 「エアベンダー」より「アバター」が… | トップページ | 日帰りで秋田へ »

私キレイ?…浪岡・美人川伝説

もう30年以上も前のことですが、「口裂け女」というのが巷の話題をさらっていました。

ボクは当時札幌の郊外に住む小学校5年生で、教室では「口裂け女」が日々の話題に。

ワタシき~れ~い~…

放課後、外で遊ぶ子どもも少なくなっていたんじゃなかったなぁ~。

…で、昨日は悪天候ではありましたが

浪岡の美人川公園(びじんがわこうえん)

ここには、なんとsign02…「美人川伝説」というのがあります。

どんな伝説かといいますと…

Kaisetuban というものです。

平安時代の公卿、近衞関白の娘福姫がここの川で顔を洗ったところ、大変美しい娘に変わりました。

そして、そのときにお歯黒をつけた「楊枝の葉」も大きく成長し、「楊枝杉」と呼ばれるようになったそうな…

かなりはしょっちゃいましたが、概ねこんなところです。

その美人川というのは…

Bijingawa じゃ~んsign01

右側には、美人川の水のお風呂が…そんな訳ないよねbleah

水はとてもキレイでしたよ。

せっかくなので、顔を洗ってみましたが…

rainがずいぶん降ったから…薄まったんだよね。

そうだよね、きっとweep

Sugi一方、楊枝杉の方は…

橋を渡って少し登ったところにあって、

雨に濡れて黒光りしているのが、なんとも神々しく…

写真では分かりにくいですけれど、

こんな太っとい杉は見たことないっsign01

っていうほどに立派な杉でした。

樹齢…何百年という古木なのでしょう。

Ramenこの日のお昼は「サンライズ食堂」

「ラーメン風味うどん」というメニューにも心惹かれましたが…

最近自家製麺にしたということなので、

ここはやっぱりラーメンnoodleで…

浪岡は自家製麺のお店が多いとのこと。

津軽のラーメンのスープって、少し甘めと、醤油味が刺さってくるようにしょっぱいのと、2種類あるように思います。

こちらは少し甘めの方…

優しい感じのスープだったので、全部飲み干しました。

そのせいなのでしょうか、あとで少し喉が渇いちゃったbleah

|

« 「エアベンダー」より「アバター」が… | トップページ | 日帰りで秋田へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/49016439

この記事へのトラックバック一覧です: 私キレイ?…浪岡・美人川伝説:

« 「エアベンダー」より「アバター」が… | トップページ | 日帰りで秋田へ »