« 「ねぶた」が始まるちょっと前に… | トップページ | 夏カレー…続いてます »

王余魚沢…読めないよねぇ~

先週浪岡へ行ったさい、

王余魚沢(かれいざわ)の稲荷神社にも立ち寄りました。

Kareisawa 浪岡方面から青森空港に向かう途中、有料道路を迂回するために右折する道のところにあるお社です。

波岡(なみおか)氏の家臣軽井沢源左衛門(かるいざわ・げんざえもん)の居館だったと伝えられています。

それにしても、「王余魚沢」って読むのが難しい地名ですよねぇ~。

「王様が余した魚」なんて…諸説あるようですが

「ここで一息腹ごしらえ」を意味する「枯飯饗」(なんて読むの?)に由来するという説もあるようです。

よく北海道に難読地名が多いっていいますが、青森県も負けていないですよね。

撫牛子(ないじょうし)・小比内(さんぴない)・及位(のぞき)

さて、お社の本堂の左側に…

Ishi こ~んな岩がありました。

とりあえず、写真をパチリ。

あとで調べてみたところ

これは「阿屋須の岩(あやすのいわ)と呼ばれているみたい。

坂上田村麻呂のエミシ征伐の伝承と結びついているようです。

阿屋須は雲谷(もや)の女首領で弟の屯慶(「とんけい」とでも読むのかしら…)とともに田村麻呂に抵抗したのだそうです。

岩の穴は、討たれた阿屋須の霊を鎮めるものだとか…

田村麻呂と阿屋須の戦いは、ねぶた発祥の起源ともいわれるともありました。

ふぅ~んconfident

田村麻呂は津軽にゃ来てないよっていう人もいるのだろうけれど…

まぁ、いいじゃないですかwink

今日は絶好のねぶた日和sunに…なりそうですね。

|

« 「ねぶた」が始まるちょっと前に… | トップページ | 夏カレー…続いてます »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/49043372

この記事へのトラックバック一覧です: 王余魚沢…読めないよねぇ~:

« 「ねぶた」が始まるちょっと前に… | トップページ | 夏カレー…続いてます »