« サッポロビール園 | トップページ | 野内・貴船神社と浄瑠璃姫伝承 »

善知鳥トンネル付近にて

先週、温泉街で有名な浅虫(あさむし)方面を歩きました。

天気には恵まれすぎなくらいで…

Enkei きれいな風景ですよねhappy01

ただ、ここまで石段をのぼってきているので、汗だくsweat01

しかも、ここに来る前に山に登って一汗かいてsweat02

おまけに腕や頭をムシに刺されてましたbearing

さて、青森市街地から浅虫方面に向かう途中

Utoumae 善知鳥(うとう)トンネルを通ります。

ここを通り抜けると、浅虫地区です。

この辺りは大変嶮岨な道で、かつては山側や海側を通ったそうです。

このトンネル付近は善知鳥前(うとうまえ)と呼ばれ、上の写真の左側(海側の先端部分)を善知鳥崎といいます。

さらに、この辺りは「古戦場」としても知られています。

820年ほど前、奥州(おうしゅう)藤原氏、藤原泰衡(ふじわらのやすひら)の郎従大河兼任(おおかわかねとう)が、鎌倉政権に反逆を企て、この地もで戦ったといわれています。

…で、善知崎の方にいくと

Kakehasi 手前と奥に2つの岩があります。

ライターのSさんのお話では、これが鎌倉時代から知られる「有多宇末井之梯(うとうまいのかけはし)」とのこと。

2つの岩の間に板を架けて渡ったのだそうです。

奥の岩には、板と岩とを留めるための穴があいているとか…

満潮時にここを渡ったということなのでしょうけれど…think

本当だとすれば、この辺りはよほど険しい場所だったのでしょうね。

往時の人々はたくましいなぁ~wink

|

« サッポロビール園 | トップページ | 野内・貴船神社と浄瑠璃姫伝承 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

きれいな風景ですねshine岩の表情は、険しいですねcoldsweats02歴史をきき納得です。

投稿: ひかる | 2010年8月25日 (水) 14時00分

@ひかるさん

そうなの、風景はきれいだと思います。
ただ、ず~っと外にいるのでもう汗臭くって…
この後、温泉宿を2か所訪問したのですが、どれだけお湯に入りたかったことか…

投稿: ぴかりん | 2010年8月25日 (水) 16時11分

歴史がわかってると 単なる岩がw( ̄△ ̄;)wおおっ!って気持ちになりますね^^
でも ぼーっとしてたい感じの景色ですね 今は^^

昔は険しく怖い感じだったのかな~

投稿: まみ | 2010年8月25日 (水) 23時29分

@まみさん

実は、ここはかつて明治天皇が青森を訪問した際に休憩した場所でもあるのですよ。
後方に、それを記念した石碑も建っています。

ただ、石碑の前にはゴミが投棄されていて、使用済みの紙オムツなんかも捨てられていました。
マナーの悪さ…どうにかならないものかな。

投稿: ぴかりん | 2010年8月26日 (木) 07時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/49244678

この記事へのトラックバック一覧です: 善知鳥トンネル付近にて:

« サッポロビール園 | トップページ | 野内・貴船神社と浄瑠璃姫伝承 »