« 海岸の漂着物 | トップページ | 大間のアレ »

尻屋にて-灯台と寒立馬

下北半島、本州最北端の大間(おおま)崎の海岸をず~っと東に進み

Dsc04143 こうしたゲートのあるところに行き着きました。

このゲートを越えていくと
(近づくとゲートは自動的に開きます)

Dsc04186 海に出ます。
(すいません、ルート順ではありません。ここは灯台の先の地点です)

海に入っている人々は、どうやらコンブ漁をしている漁師さんのようです。

そして、海岸線をず~っといくと

Dsc04151 尻屋(しりや)の灯台に到着です。

この灯台は1876年(明治9)に建てられたもので、東北で最も古い洋式灯台のひとつだそうです。

経済産業省の「近代化産業遺産」にも指定されています。

付近には

Dsc04149 こ~んな花が咲いていました。

そして、尻屋といえばなんといっても

Dsc04178 寒立馬(かんだちめ)でしょうか。

人慣れしているのようで…

近づいてもお馬さんは動じません。

もちろん、調子に乗ってはいけないのでしょうけれど。

Dsc04174 このお馬さんは、馬体がほかよりひと回り小さいので、子馬かしら。

Dsc04184 後方の軽トラックはコンブ漁をしている方のものです。

興味本位丸出しで訪れちゃったけれど…

日常の営みをしている方々に迷惑をかけない程度にしなくちゃいけませんね。

それは、お馬さんたちに対してもおなじです。

さて、ボクの長期休暇も今日を入れてあと2日となりました。

休暇が終わるととつぎのお休みは…10月17日weep

3週間も先なんだぁ~

残り2日は大切にすごさなきゃ…

|

« 海岸の漂着物 | トップページ | 大間のアレ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/49545131

この記事へのトラックバック一覧です: 尻屋にて-灯台と寒立馬:

« 海岸の漂着物 | トップページ | 大間のアレ »