« のらうさぎ…? | トップページ | 秘湯・谷地温泉 »

菅江真澄資料センターを訪問

秋田県立博物館を訪問したのは…

男鹿(おが)で研究会があったとき以来なので、17、18年ぶりじゃないかなぁ~

その時に寄ることができなかった(もしかしたらまだなかった?)のが

Img_2菅江真澄(すがえ・ますみ)資料センターです。

3年ほど前、ここから真澄の書いたスケッチのポジフィルムを借りたことなどもあり、訪れてみたかったのです。

真澄は江戸時代後期の人で、旅行家・博物学者などといわれる人物です。

信州・東北、さらには北海道にまで渡り、各地の風俗などを記録に留めています。

とくに、そのときのスケッチが素晴らしいのです。

真澄は三河(みかわ)国の出身なのですが、秋田藩から出羽(でわ)国の地誌を作って欲しいと頼まれ、以来この地に住むことになったそうです。

Img_0001ボク自身は、津軽や北海道のことがもっと知りたかったのですが…

秋田ですものねぇ~

それでも、西津軽郡深浦(ふかうら)から真澄が知人に送ったというロシアの銀貨というのが展示されていました。

複製だったかもしれませんが、ピッカピカの銀貨で、その包紙にしっかり「陸奥(むつ)国深浦」(だったかな?)って書いてありました。

「そとがはまかぜ」だったかな(書名の記憶はあやしいなぁ~)、ちょうど青森のことが書かれた箇所が開いてありました。

真澄は青森市内も訪問していて、

たとえば、市内南部の問屋(とんや)町にあって

4 舞楽面で有名な大星(おおぼし)神社を訪れています(2010・6・11撮影)

真澄はこの神社のスケッチも残しています。

フリーライターのSさんのおはなしによれば

2 この辺りの位置(大星神社北側)からの構図で描いたものだそうです(2010・6・11撮影)

今は見えませんねcoldsweats01

そうそう、秋田県立博物館は入館が無料でした。

「無料」はちょっとビックリです。

すごいですねconfident

|

« のらうさぎ…? | トップページ | 秘湯・谷地温泉 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/49442555

この記事へのトラックバック一覧です: 菅江真澄資料センターを訪問:

« のらうさぎ…? | トップページ | 秘湯・谷地温泉 »