« 菅江真澄資料センターを訪問 | トップページ | 金木・芦野公園 »

秘湯・谷地温泉

夏の疲れを癒そう…happy01

理由なんてどうにでもなるんだけど…

ともかく「ゆっくり・のんびり過ごす」といった建前でもって、八甲田(はっこうだ)

Dsc03810 谷地(やち)温泉spaへ行きました(日帰り入浴\500)

去年の6月に1泊しているので、2度目の訪問です。

ここも弘前城とおなじく「開湯400年」なのだそうです。

しかも、北海道のニセコ薬師温泉、徳島県の祖谷温泉とともに日本三大秘湯の1つに数えられているのです(Wikipedia)

秘湯って…どういうのをいうのでしょうねぇconfident

最近では、作家の瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)さんがここで『源氏物語』を書き上げています。

寂聴さんが滞在していたお部屋は「源氏の間」というそうですよ。

また、写真の建物のすぐ右側に標高1552mの高田大岳(たかだおおだけ)への登山口があるようで、登山のお客さんも多いようです。

で…この日の八甲田は雨rainに加えて霧も出ていました。

そうなると、さすがに登山のお客さんも登るのをあきらめて…

することといえば、spabottleくらいなものですよね。

Dsc03808 ここの奥に浴場があります。

乳白色のお湯の温泉で、浴槽は2つあります。

1つはぬるくて、もう1つが熱いお湯です。

Dsc03807 ぬるい方から入るのが正しい入り方のようですhappy01

Dsc03803 いざ、入湯spa

熱い方のお湯の方は人で一杯…bleah

登山できなかった残念な思いをにじませながらも、賑やかにおじさんたちが語らっていました。

しかも11時半ころなので…

お昼ご飯riceball前のひとっ風呂タイムだったのでしょうね。

「あずましく」とはいかなったけれども、1時間弱ぬくだまってきましたよ。

この日は夜遅くまで「温泉たまご」の匂いが全身を…

つぎは…よく晴れた登山日和にときに行くことにしましょうhappy01

|

« 菅江真澄資料センターを訪問 | トップページ | 金木・芦野公園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

わたしも谷地温泉は好きで、ときどき行きます。

ぬるいほうの『霊泉』がお気に入りです。

投稿: カズン | 2010年9月16日 (木) 17時30分

@カズンさん

ボクもぬるい方に入っている時間が長かったです。
前回行ったとき、目の前におばあちゃんが…ビックリでした。

投稿: ぴかりん | 2010年9月17日 (金) 05時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/49444690

この記事へのトラックバック一覧です: 秘湯・谷地温泉:

« 菅江真澄資料センターを訪問 | トップページ | 金木・芦野公園 »