« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

東岳登山に初挑戦

今週末は、昨日がお休みで今日と明日はお仕事…

さて、どのように過ごしましょう。

flair

お仕事で、市内東部旧東岳(あずだけ)村の資料を整理しているので

その地名の由来となっている(?)を登ってみることにしましょう。

散策路の入り口に向かう途中には

Dsc04981_060 市の天然記念物に指定されているイチョウの木があって…

さらにいくと

Dsc04982_060 ため池に出ます。

ここからさきは道がぐ~っと狭くなって、舗装されていない道を行くことになります。

初めてこうした道…

しかもひとりで行くということになると

少し不安になります。

しばらくすると…

車が10台ほど停めることができそうなparkingに到着します。

さぁ、散策開始です。

山頂まではおおそよ2kmです。

Dsc05057_060 あの山のてっぺんを目指すのかしら…?

Dsc04991_060 ひとりであるのに加えて

周りにほかの登山者もいないし…

足下はあまりよくないけれど

勾配もそうきつくないので

知らず知らずのうちにオーバーペースになってしまいますbearing

Dsc04998_060 周りの風景を愉しみながらゆっくり登ろう…

途中、

Dsc05001_060 こんなのやら

Dsc05015_060 こんなのに遭遇します。

何なのでしょう…

東岳にはかつて採石場があったそうなので、それに関する施設なのかしら…

このレンガ造りの建物の辺りでのこり800m

かなりテンポよく進んできたのですが…

ここからは勾配がきつくなって

ハァ~、ハァ~…

ゼェ~、ゼェ~…

ガブガブと水を飲んで…

何たって運動不足ということでは「マル特」印だもんねbleah

Dsc05020_060 こんなのを愉しむ余裕もなくなり…

だんだんと寒くもなってきたので

脱いでいたジャンバーを再び着て…

あと200m…

ようやく平坦な道となって

Dsc05028_060_2 やったぁ~やっと山頂にたどり着きましたhappy01

651mかぁ…

まぁ、ボクなりに頑張りました。

山頂からは

Dsc05029_060 青森市街

そして

Dsc05030_060 こちらは浅虫方面です。

下山しているときは、何人かの登山者とすれ違いました。

ちょうど1000m付近ですれ違ったおばさんからは

クマ大丈夫だったぁ~って

えっ、クマ

ここ…クマ出るの?

そういえば、今年は例年になくクマのはなしをテレビや新聞で見聞しますね。

冬眠前…

気をつけなくてはならなかったのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蔦野鳥の森を散策

たびたびあることですが…

時系列が乱れてしまいまして

日曜日、グダリ沼に寄り道をしたあとは

一路、蔦沼(つたぬま)のある「蔦野鳥の森(十和田市大字奥瀬字蔦)へと向かいました。

蔦温泉の後背地をぐるっと廻るように散策路があります。

ビジターセンターで散策路のパンフレットを手に入れて

さぁ、出発ですhappy01

歩き始めてすぐに

Pa247157_2 こ~んな水辺が現れました。

ボクのヘタッピな写真ではうまく伝わらないのでしょうけれど…

あぁぁ~

っていうくらいに綺麗なのですwink

ここはパンフレットには載っていないのですが、とにかくこの先への期待がどんどんとふくらんじゃいますnote

そうして、ほどなく

Pa247166_2 蔦沼へ到着です。

さすが人気スポットです。

シャッターチャンスを待つカメラマンが何人もいます。

Pa247170 ここから元きた道を引き返す人がほとんどのようですが…

ボクは時間もあるので

さらに散策路を進むことにします。

Pa247176 散策道は整備されているのですが…

石段であったり

砕いた石が敷かれていて地面がかたくって…

後半腰に少々ダーメージですcoldsweats01

運動不足なんですねぇ~

そうだ、靴…

前の日に買ったんだった。

散策するのにもいいやつを…

何で履いていないんだろう。

この日もかかとが浸みる靴での散策です。

Pa247174 白神山地を想い出すなぁ…

Pa247159 ここでも、木の幹に傷をつけて文字を刻んだ跡があちこちに…

自分の皮膚をアイスピックで傷つけると痛いように

木だってきっと痛いはず…

気持ちよく散策したいと思っているときに

こういうのを目にするのはイヤですweep

Pa247203 この水の流れを人工的に沼として引き込んだのが

Pa247198 こちらの鏡沼だそうです。

この辺りは蔦沼・鏡沼をはじめ、全部で7つの沼があって、蔦七沼と呼ばれているのだそうです。

Pa247206 こちらは、月沼です。

秋…っていう感じがでてますねbleah

Pa247220 長沼の脇には休憩所や広くひらけたところがあって

しかもお昼時にもさしかかっていて…

お弁当riceballを広げている人々がいます。

いいですねぇ~

こういうところで食べると、美味しさが何倍にもなりますねhappy01

お腹すいたなぁ~

朝も食べていないし…
(そうして、焼きカレーをいただくのでしたbleah

| | コメント (2) | トラックバック (0)

十和田・たんぼのちゃや

普段朝ごはんを食べないので…

午前中に散策をすると、もうお腹ペコペコですbleah

日曜日も…

そうですねぇ~1時間半は歩いたでしょうか。

そこで

Dsc04968 たんぼのちゃや(十和田市大字法量)でお昼を摂ることにしました。

一度訪れてみたいと思っていたのです。

Dsc04970このお店が出しているカレーラー油

これがとっても美味しくて

この日も買い求めちゃいましたhappy01

ただ、そのときいただいたラー油は今は作っていないそうで…

これからいただくのが楽しみです。

さて、お店の入り口には

Dsc04967 焼きカレー

十和田のB級グルメ「バラ焼き」

そして、焼干ラーメン…

気になるメニューがずらり並んでいます。

Dsc04966お店の中にはいると

薪ストーブがありました。

暖か~いconfident

くるっとみまわすと…

ラーメンをいただいていますねぇ~

さて、なにをいただこうかしら…

Dsc04964この空腹感は

カレーとラーメンのセットもいけるかな…
(いやいや無理だって…絶対にっ!)

カリタコ(左下青○印)って何だろ…

結局、焼きカレーを注文です。

「秋冬限定」…これに弱いのですcoldsweats01

Dsc04965 ほほぉ~これが「焼きカレー」ですかぁ~

聞いたことはあるけれど、口にするのは初めてだもんねnote

右下はお好みでふりかけるカレーパウダー

ドサッ、ドサッ、ドサッ…

それではいいただきま~すsign01

うぅぅ…ピーマンが生だぁ~

カレーは思いのほかスパイシーで美味しいんだけれど…

スモークソセージの香りがカレーの風味と「ガップリ四つ相撲」…

それでも、まずまず美味しくて

お腹いっぱ~いですwink

歩いて、食べて…
(はは…歩いた、歩いたってどこをどう歩いたかはまだ書いていませんでしたねぇcoldsweats01

ジュリア・ロバーツのように「祈ったり、恋したり」なんてことには目もくれず…

やっぱり温泉spaでしょぉ~

さぁ、温まってこよhappy01

どこにいこっかなぁ~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ちょっと寄り道…グダリ沼

朝5時発表の天気予報では、明日は雪だるまsnowがついている…

いよいよかぁ~

札幌では初雪が観測されたって、今ラジオでいっています。

日曜日、ネットの「紅葉情報」で蔦沼(つたぬま・十和田市大字奥瀬)の紅葉mapleが見ごろとあったので、そちらへ向かうことに…

途中、田代平(たしろたい)の辺りが

Pa247124 こ~んな感じになっていたので…

亀吉を停めて少しく歩くことにしましたhappy01

チョット寄り道です。

薄曇りではありましたが、暖かいです。

Pa247128 広~く開けたところで…

車やオトーバイがブ~ンと通り過ぎていって

人はボクの後方から

何かあるのかしら…

っていうようにして、後ついてくるご夫婦がいるだけ。

へへぇ~贅沢だねぇ~bleah

そうして行き着いたのは

Pa247133 グダリ沼です。

6月にも一度来ていますが

緑あふれる時期とはまた少し違う表情です。

沼なのですが、綺麗な水が左から右に流れています。

Pa247135 ブラッド・ピットが釣りでもしてそうな雰囲気…

なんのこっちゃcoldsweats01

緑が茂っていたときには気がつきませんでしたが

沼沿いに左の方に行く小径がありました。

Pa247144 ここが沼の端っこです。

奥の方から水が注ぎ込んでいますが

所々で水が湧いているようです。

八甲田の雪どけ水なのですよねぇ~

自然の恵みです。

みんなの財産として大切にしていかなくてはいけませんね。

さて、先に向かうことにしましょう。

Pa247149 紅葉mapleのトンネルだぁ~

こんな光景がず~っと続いているのです。

道路はあまり広くないのですが…

思わず写真cameraをとっちゃいました。

車の通行にご迷惑をおかけしました。

ゴメンナサイ…coldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

八甲田ロープウェー

どうも今週はお天気がよくないdownようです。

じわじ~わっと冬へと傾いていくのかなぁ…

この週末は天気に恵まれたので

Pa237055 八甲田ロープウェーに乗ってみましたhappy01

Img先週末も八甲田に行ったというのに…

どれだけ好きなのでしょうねbleah

午前10時少し前に山麓駅に到着。

駐車場は8割方埋まっていました。

帰るころには、ロープウェ-は満員で運行、駐車場は車であふれかえっていました。

人気なんですねぇ~

さて、田茂萢岳(たもやちだけ・1324m)の山頂に着きました。

Pa237087 山頂駅の屋上(写真左上)には9月の下旬に展望デッキが新設されました。

この展望デッキのことが、地元のテレビニュースで取り上げられていたので…

それで、乗ってみたいなぁ~って思っていたのですconfident

この展望デッキは定員が20名で

Pa237046 このような風景が360°パァ~って広がります。

写真の左上から中央にかけて青森の市街地

そして右上には陸奥湾(むつわん)を望むことができます。

陸奥湾の海岸線の右側に夏泊(なつどまり)半島がくっきりと見えて…

下北半島は…う~んなんとなく。

左手奥にはぼんやりと岩木山wink

紅葉mapleは、山麓駅の方までさがってきているようです。

思ったより暖かく(7℃)てすっごく気持ちがいい~

八甲田ゴードライン」という散策路がありました。
(散策路の形がひょうたん型をしているからそう名付けられたそうです)

30分コースと60分コースとがあり…

もちろん60分コースを歩きますよ~

靴はかかとに穴があいているけれど…coldsweats01

長靴を借りた方がいいかな…

まぁ、行ってみることにしましょう。

Pa237074 両側には青森トドマツ(?)林が広がって…

遠くに見える山々は、左から赤倉岳(あかくらだけ・1548m)、井戸岳(いどだけ・1550m)、そして山麓に酸ヶ湯がある大岳(おおだけ・1585m)です。

歩いていると、これらの山々がぐんぐんと近づいてきます。

Pa237065 田茂萢で一休みです。

お日様が水面に当たってキラキラと光って…

首から肩に当たるゆる~いお日様が気持ちいい~happy01

お腹がすいていたということもあるけれど…

ここでriceballを食べたくなりました。

散策路をぐる~って廻って反対側は

Pa237081 こうなっています。

萢はひとつだけではないのですね。

1時間15分くらいかけて歩きましたが…

気持ちよくて、愉しかったからなのでしょうねbleah

あっという間の一回りでした。

高山植物が花開く春に訪れるのもいいのでしょうね。

またひとつ…

見つけちゃいました。

ときどきジワ~っとかかとに浸みてきて…

靴買ってこよ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋の八甲田⑤-後藤伍長像

酸ヶ湯でお昼をいただいたころから雲行きが怪しくなってきました。

いよいよ天気予報通りになりそうな気配…

下山…の方向なのだけれど、もう1か所だけ

Dsc04882_2 後藤伍長(ごとうごちょう)の銅像までやってきました。

雲が多くなり、暗~くなってきているのが伝わるといいのだけれど…

午後1時ころだったと思います。

後藤伍長は、映画「八甲田山」でも知られる

明治35年(1902)に起きた八甲田山雪中行軍遭難事件での生存者の一人です。
(陸軍第8師団歩兵第5連隊が訓練中に遭難、210名中199名が死亡したそうです)

この映画のせいでしょうか…

青森にやってきて実際に八甲田を訪れるまでは

八甲田山=雪中行軍

で、どちらかといえば暗いイメージを持っていましたbearing

Dsc04883 自然の豊かさと、その裏腹の厳しさ…

そんなことを教えられます。

ここの駐車場も車でぎっしりで…

駐車場から銅像までの道のりは

Dsc04875 こ~んな感じです。

Dsc04879城ヶ倉大橋や地獄沼とは少し違う感じがしませんか?

空が曇っているのも相俟って

ヨーロッパの森…って感じ

はしません…ね。

べ~っとり津軽…やっぱりねbleah

そして

とうとう雨rainが降り出してしまいました。

この日の八甲田黄葉mapleツアーはこれで終了です。

出発してから約5時間…

楽しく過ごすことができました。

snowに埋もれるちょっと前…

あとどれくらい歩くことができるのかな

あと1か所、2か所紅葉を愉しむことができたらいいなぁ~happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の八甲田④-酸ヶ湯でお昼ごはん

朝晩がめっきり寒くなってきましたねぇ~

ついに昨晩、ストーブのスイッチに手を伸ばしてしまいましたcoldsweats01

さて、東北大の植物園を後にして

酸ヶ湯(すかゆ)温泉の方へと向かいました。

Dsc04860_070 酸ヶ湯温泉は写真の右下の方にあるのですが…

中央上○印とその周辺の白っぽい部分ごご覧ください。
(○印はあまり意味がないみたい…)

このころ、風が下から上に向かって吹いていて

白いのは葉っぱがめくれあがって裏側が見えているのです。

生きているみたいに白い部分が上下するので、見ていて面白かったですよbleah

Dsc04863_070この道(右下看板脇)をず~っと進んでいくと…

きれいな紅葉mapleを拝むことができるスポットがあった…はず

行くかどうか迷ったのですが

今回は行かずに正解だったかも…
(何事も自分に都合よく考えるのですhappy01

温泉の方へ行ってみると…

Dsc04862 「千人風呂」で有名な酸ヶ湯温泉を愉しむ人

大岳登山をする人(近くに登山口があります)

紅葉を求めてやってきた人…

人も車もぎっしりです。

そこでまず目に止まったのが

Dsc04870 でったらおでんって…?

Dsc04869こんにゃくの田楽でした。

ひと口ガブリ…

あぢ、あぢぃ~

甘めのお味噌だったと思うのですが…

それよりも何よりも熱くって

下顎の歯の下の皮がむけちゃいましたconfident

…で、「でったら」ってどんな意味だっけ

「でっかい」?…違ったかしらcoldsweats01

Dsc04871おでんだけでは足りないので、右の方にある食堂に入りました。

酸ヶ湯そばかぁ~

ほほぉ~楽しみですねhappy01

満席で少し待ちましたが、回転が早いようです。

ボクがいただいたのは

Dsc04874 冷やしとろろそば(¥900)です。

とろろは金木(かなぎ)産だそうです。

ねばりが強かったです。

何だか少し肌寒くなってきました。

温かいおそばにすればよかったかな…

外に目をやると、風が強くなってきたようで

しかも、曇ってきたようです。

いよいよ…rainかしらcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋の八甲田③-東北大学附属植物園

東北大学の植物園は、夏以来3回目の訪問となります。

Dsc04835 ここもやはり黄色く色づいていました。

どうも、この日のコウヨウmapleは「紅葉」と書くより

黄葉

のようですねbleah

そうそう、ここの植物園で観賞できる植物は

『新青森市史』別編4自然(P.204-210)に詳しく出ていました。

A4版のデッカイ図鑑みたいな本なので、持ち歩くのは厄介ですが

カラーコピーを取って持ち歩くと便利かも…

それはともかく

Dsc04840 どうですか、この雰囲気…

白の混ざり具合がよくありませんかぁ~happy01

Dsc04841_2しかも、こ~んな感じで上も下も

黄金色…

大金持ちになった気分です。

そっかぁ~

タヌキに化かされるってこういうことをいうのかしら…

しかも

こ~んないいところなのに人とほとんど出会わないのです。

もしかして…

隠れスポット?

いやいや、たまたまだったのでしょうね。

お昼ご飯riceball時でもあったし…

そうして、湿原の方に行ってみると…

Dsc04847 ほぉぉ~

Dsc04210ここも黄色いんですねぇ~。

約3週間前はまだ青々していていました。

色づいた感じがよ~くわかると思います。

ここまで黄色いと…

さすがに赤い色も欲しくなっちゃたりしてbleah

Dsc04848_2 京都に真っ~赤な紅葉mapleで有名なお寺(?)がありましたよね。

一度行ったはずなんだけれど…

どこだったかなぁ~

こちらは黄色で売り出してみてはどうかしらconfident

車の音も聞こえず、静かでとってもいいですねぇ~

さて、お腹もすいてきたことだし

お昼ごはんを食べに行こ~っとhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋の八甲田②-地獄沼周辺

城ヶ倉大橋のつぎはどこへ向かおうか…

山から里におりちゃいまして

Dsc04793_060_2着いたのは黒石の「中野もみじ山」です。

いゃ~これはちょっと早すぎましたcoldsweats01

中野神社の参道にはすでに屋台なんかも出ていたり、駐車場では誘導員の方が何人もいたのですが…

来月また訪れることにしましょう。

「お楽しみ」をひとつキープしたと思えばいいでしょうbleah

そんなことで、再び八甲田へ引き返し

城ヶ倉よりも高所にある酸ヶ湯(すかゆ)方面を目指しました。

11時ころの到着だったと思いますが、今回はしっかり駐車場に亀吉を停めることもでき

地獄沼の方へと向かいました。

Dsc04804 おぉ~やっぱり集まっていますねぇ~

お天気sunの方もぐんぐんとよくなっていくようで

上着を着ていると汗ばむくらいです。

天気予報は外れたねぇ~…ってここまではhappy01

Dsc04818 人々がいるところから離れ

ぐいっと左側に回り込んでみました。

Dsc04812_2 肉眼でみると、水面に湯気が立ちこめていて

地獄っぽいのがよく分かるのですが…

Dsc04806 ここも黄色が目立ちます。

空が青いので、一色増えた感じです。

地獄を一巡り(?)したあとは、道路を挟んで反対側の方に歩いていきました。

Dsc04822_055_2すると、右手にこんな看板ありました。

現在立ち入りが禁止されています。

今年6月、この周辺で火山性ガスが発生して…

山菜採りに来ていた中学生が中毒死するという痛ましい事故があったのです。

Dsc00032

その1か月ほど前の5月15日にこの区域内を撮影した写真がありました。

辺りは硫黄の匂いが漂っていました。

当時はまだ地獄沼には残雪があって

今年の夏は冷夏になる…

なんてことがいわれていいましたねぇ~

さらに進んでいくと

Dsc04824_060_2 犬小屋みたいのがあって

ぷわ~っと蒸気が立ち上がっています。

そして

Dsc04833_060 まんじゅうふかしで一休みです。

腰掛けるところがあって

そこに熱(蒸気)が当たって、その名の通りお尻が温まるのです。

ボクは上半身が凝っていたので…

寝っ転がって全身を温めたい気分でしたconfident

さて、つぎはどこへ…

そうだflair

この道は東北大学の植物園に通じていたんだ…

では、そっちに行ってみることにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の八甲田①-城ヶ倉大橋

昨日は久しぶりのお休みhappy01

ただ、降水確率が高くお天気の方は少し心配。

さて、どのようにして過ごしましょう…

やはりmapleの季節ですものねぇ~

sprinkleを持って、いざ八甲田sign01

Dsc04755_060 最初に訪れたのは城ヶ倉大橋です。

Dsc04779_060いや~皆さん来ていますね~

駐車スペースから車がはみ出しちゃっています。

いけないことだとは分かっていますが…

亀吉もこの車列のなかに停めちゃいましたcoldsweats01

ここに来る途中、青森市街地方面に向かう車線では、警察による検問をやっていました。

何があったんだろ…

今朝の新聞によれば、タクシー強盗があって、その容疑者が逃走中だったようです。

それはともかくとして…

Dsc04762_060 色づいていますねぇ~wink

黄色が目立っているようです。

う~ん、肉眼で観た感じと少し色合いが違うかも…

Dsc04765_060橋の真下をのぞいてみると

こ~んな感じです。

下には遊歩道があります。

いつのころからは分かりませんが、現在は通行禁止となっています。

いつか再開してもらえるといいんだけれどなぁ~

Dsc04766_060そして、この写真を撮った位置の欄干には

「青森県警・立入禁止」がヒラヒラと…

何で…?

下までずいぶんと高さのある橋ですからねぇ~

いらなく考えてしまいますconfident

Dsc04768_060 風が吹くとちょっと寒いけれど…

空気が澄んでいてとっても心地いいですhappy01

青空も顔をのぞかしてくれています。

天気がいつまでもつかという不安を抱えながらも…

さぁ、次へ行ってみましょうsign01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エクスベンダブルズを観てきました

昨日は午前中が空いていたので

またまた映画館movieへ。

Img_045_090_085ここには温泉spaなどが併設されていて、温泉に入ってから映画ということもしばしばです。

さて、映画館の方にはこんなチラシが置いてありました。

そうですかぁ~

「時代劇」ではなくて「サムライシネマ」…

上手いこと考えましたねbleah

このキャンペーンには「大奥」は入っていないのですね。

こちらはキャンペーンなしでもお客さんが入るということなのかしら…

Dsc04752昨日ボクが観た作品は

エクスペンダブルズ
(消耗品の意味だとか…)

う~ん、タイトルが覚えにくい…

スタローンが監督ということもあるのかしら

武装して、仲間が増えた「ランボー」

そんな感じがしたなぁ~

シュワちゃんは公務があるだろうから1シーンだけというのは予想通りでしたが

ブルース・ウィリスもそうだったとは…

こちらは残念です。

しかも、別撮では?…違うかなぁ~

でも、スタローンとの3人揃いぶみのシーンが一番面白かったかもしれないなぁ~

Dsc04751ボクは、ずらりと並ぶみ~んなが「エクスペンダブルズ」だと思いこんでいたのですが…

5、6人だけだったのですねcoldsweats01

ジェイソン・ステイサムがいい役どころ

ジェット・リーが…

ファンとしてはもっと強くあって欲しかったなぁ~

マッチョなおじさんたちのド派手で重量級のアクション映画でした。

ボクは…おなじおじさんアクション映画であれば

「特攻野郎Aチーム」の方がスカッとして好きかなwink

帰りがけ、spaで会うおじいちゃんに

「今日は湯っこ入らないのかい?」

って声をかけられました。

「夕方に来ようと思っています。」

この日の午後のお仕事が終わると、そこから日曜日一杯丸っとお休みです。

3週間振りのお休み…

まずはspaから始めるんだぁ~happy01

| | コメント (1) | トラックバック (0)

夜と昼じゃないのね…ナイト&デイ

Dsc04748キャメロン・ディアズがあまり好きではないのですが

予告編に惹かれて…

「ナイト&デイ」movieを観てきました。

この状況でどうしてこんなに衣装をとっかえひっかえできるんだろう…

などと考えちゃうとキリがないほど

ツッコミどころ満載です。

でも…

テンポもよく、心地よく観ることができましたhappy01

Dsc04747トム・クルーズが強すぎで…

キャメロン・ディアズが眠らされて…

強引にストーリーが展開しちゃいます。

学生時代に深夜に観ていたテレビ番組

笑福亭鶴瓶と上岡龍太郎の「パペポTV」の編集を想い出しちゃったりして…bleah

そうそう、「ナイト&デイ」って「夜(Night)&昼(Day)」じゃないんだぁ~

「Knight」と「K」が入っていたのね…

ということは、キャメロン・ディアズが演じた女性がDay…エッ?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

昭和30年の味・小鳩ラーメン

札幌に帰ると、やはりnoodleが食べたくなり…

いやいや、青森でもしょっちゅう食べているので、単にnoodle好き…

なのかもしれませんbleah

8日の帰札では、最寄り駅ではなくJR「新さっぽろ」駅で降車

荷物を引きづりながらも、周辺をウロウロしnoodle店を物色

駅のすぐ前にあったお店にも惹かれたのですが

Dsc04409 「醤油屋本店」というお店に入ることにしました。

JR新さっぽろ駅周辺は、20年前であればスイスイと歩くことができたのですが

とくに地下街は迷路をさまようといった感じです。

ですから、ここにもどうやって辿り着いたのか…

店内は最近はやりの「昭和レトロ」と「小学校」とを組み合わせた雰囲気で

ボクの頭上には「2年1組」(1年2組だっかかも…)の看板がぶら下がっていました。

Dsc04407 栗沢(くりさわ)にあった萬字炭坑で昭和30年代に開業したようです。

そういえば、ボクのすぐ脇にあったオルガンは、もと萬字小学校にあったものだとか…

年金受給日には「無料券」がもらえるのですねぇ~

さて、メニューは

Dsc04406 こんな感じで掲示されています。

ラーメンが¥577と、端数があります。

1日10食限定の「給食献立」というのが気になるところですが

この日は珍しく朝食(駅弁ですが)を摂っているので無理…

そこで、創業当時からの味

Dsc04408 小鳩ラーメン(¥577)をいただくことにしました。

ホウレンソウや麩なんかが、古(いにしえ)の雰囲気を醸し出しているような…

表面にはあぶらで光っていて…

青森で食べているあっさりとしたnoodleとは違いますねぇ~。

おなか一杯ですhappy01

さて、お家へ向かいたいのですが

この迷路をどうやっていくと帰り道になるんだろ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久々に「むつわん」で…

Dsc04697_2昨夜は久しぶりに

大野にある「海食亭むつわん」行きました。

1年3か月ぶりくらいかしら…

そもそも、市内でbeerこと自体めっきり減ってしまったなぁ~

さて、「むつわん」ですが…

Dsc04699相変わらずの大盛況で

予約を取るのも難しく…

この日もフリーで入ってくるお客さんは、予約のお客さんが来る前までの時間限定であったり…

お断りする場面もありました。

この日いただいたのは

Dsc04700料理\2000のコース+2時間の飲み放題\1500です。

ボクはここのお鍋のだし汁が大好きで

昨日も汁だけを小皿にとって、ちびりちびり…

ちょっとしょっぱかったけれど

これが美味しいんだなぁ~happy01

Dsc04702お料理はさらに「天ぷら」がついて

最後に写真にある「きんきんのカマ」が出ました。

もうお腹がパンパンです。

お酒の方も進んじゃいまして…

北海道基準でいう小beerを6杯ほどに

焼酎の水割りを2杯いただきました。

北海道に帰っている間もずいぶん食べたので

腹部のお肉がぷっくりと…

今日からダイエットに励まなきゃ…wink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもはいつも元気満点?

名寄滞在も3日目となる11日

Dsc04585_050 お天気にも恵まれ、ちょっと歩くと汗ばんでくるほどの陽気でした。

Dsc04575_050この日は姪っ子の七五三のお参りにくっついて名寄神社へ…

神事は午前11時からですが

主役はなかなか神社に姿を見せず…

髪を結ったり、着物を着付けたりするのに時間がかかったようです。

それでも、なんとか神事が始まる前に到着

滑り込みセーフwink

神事が終わり、本殿の前で記念撮影を済ませたあとは

Dsc04584_050 どんぐり拾いです。

履いていた草履が足に合わなかったようで…

早く脱ぐことができるといいのだけれど

神社のあとは写真館での記念撮影…もう少しの辛抱です。

さて、七五三の行事が終わり、午後は車で

Dsc04595 サンピラー公園へ

写真の右側の白いのは「ふわふわ」なんとかという遊具で、上に乗っかってぴょんぴょん跳ねて遊びます。

ボクもやってみましたが、割と固いのでふくらはぎに負荷がかかり…

翌日には筋肉痛ですcoldsweats01

Dsc04626ものすごく大きな公園で、しかも屋内でも遊べる施設もあります(写真は公園パンフレットより)

この遊具は大人にはかなりキツイ…

はじめのうちは姪っ子と2人で遊んでいたのですが、そのうち見知らぬ子どもも加わってきて

左から姪っ子のボクを呼ぶ声が聞こえ、右からは手招きをしてボクを呼ぶ子どもがいて

しかも、足にもひとりしがみついていたりして…

「人気者だね」って、姪っ子

そ、そだね…confident

Dsc04602_050公園のず~っと奥には天文台があります。

最後に寄ってみました。

名寄は空気が澄んでいるから、星の観察にはいいのでしょう。

それにしても、子どもは元気だねぇ~。

姪っ子は前日には「ピアノの発表会」もあって…

大人だったら、ぐだぁ~ってしたくなるところなんだろうけれど。

この日もエンジン全開sign01

あとどのくらい叔父さんと遊んでくれるのでしょうね…

さぁ、札幌へ帰ろうか…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

名寄めし

名寄2日目です。

この日は天気予報ではrainでしたが、午前中はなんとかもってくれました。

さて、この日のお昼は

Dsc04539_050 「一善や」というラーメン屋さんに行きました。

このお店は、9月21日に「伊東四朗の!すし!丼!ラーメン!」というテレビ番組で全国に紹介されたそうです。

そう聞くと行かずにはいられません。

ボクがいただいたのは

Dsc04541_050 焦がしとんしお(¥750)noodle

青森では、魚介系のラーメンを食べることが多いので

久しぶりのこってり系…

さらに、母が注文した「じいちゃんみそ」も食べてみました。

あらら…後味のいいお味です。

Dsc04569_050_2そして、夕食はお腹にラーメンがまだ残っている感じを残しつつ…

「冬音(とうね)」というお店に行きました。

名寄の南方、和寒(わっさむ)町に本店がありまして…

その和寒の「越冬キャベツ」を使ったお料理がウリのひとつのようです。

「越冬キャベツ」は甘みがギュッと詰まっているとか…

Dsc04566_050 早速ロールキャベツをいただきました。

ほんとだ…

柔らかくて、甘くて美味しい~

実は、ボクはロールキャベツはあまり好きではないのですが

3個はいただきましたhappy01

それと、トマトベースのスープもまた美味しくて、これだけをスプーンですくいズズーとすすちゃったりして。

そして、お次は

Dsc04567_050 カボチャのコロッケです。

一口サイズの小さなコロッケです。

サクッ、ふわっとして…

しかもカボチャが口の中で溶けちゃう感じです。

いやぁ~野菜がこんなにおいしいとは。

ビールbeerが、お酒bottleが…

クイグイと進んじゃいます。

Dsc04568_050そして、シメには

黒米うどん

をちょっぴりつまみんでみました。

見た目は日本そばのようですが…

しっかりうどんです。

いやぁ~この日は食べ過ぎでした…coldsweats01

でも…

旅先でのおいしい食事restaurant

たまりませんねぇ~bleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名寄より

札幌から汽車に乗り

Dsc04435_065 今日から高架化された新しい駅が開業することになる

Dsc04441_065旭川駅を過ぎて

さらに1時間ほど北上します。

そうすると…

♪もぉ~どおっておいでよぉ~ こ~のまぁ~ちにぃ~

とぉ~かいのくらぁ~しに つぅ~かれぇたら~♪

Dsc04444_065 足寄(あしょろ)

じゃなくて名寄(なよろ)に到着です。

ですから…

千春もムネオもいないけど

元大関名寄岩と女優さんの松下由樹さん(Wikipedia)などの有名人がこの街から輩出されています。

Dsc04454_065食事まで少し時間があったの街をブラブラしてみると

駅前通りはかなり淋しいです。

どこでもそうなのでしょうけれど、地方はやはり苦しんでいますね。

きれいなレンガ造りの建物がありました。

Dsc04460_065 これは、昭和10年代(昭和58年改装)に建てられた「名取酒造」の精米所だった建物です。

名取酒造は明治36年創業で、名寄で最初の酒造場だそうです。

ふむふむ…

Dsc04450_065 これは映画館「第一電気館」

つい最近稚内(わっかない)に映画館ができたそうですが

それまでは日本最北の映画館だった…とか。

Dsc04464_065 そして、これがボウリング場「朝日ボウル」

昭和レトロといいますか、この風情、たたずまいはいいですねぇ~

永く遺してもらいたいななぁ~

さて、ボクが名寄を訪れるのは5年振りで…

この街には弟家族が住んでいます。

そして、今回の名寄行の大きな目的は

Dsc04523 母のお誕生会です。

おめでとうございます。

へ~ぇ、こういうロウソクもあるんですねぇ

ケーキにのっかているチョコレートの部分は

あっという間に姪っ子の餌食に…bleah

| | コメント (4) | トラックバック (0)

青春の1ページ北大・クラーク会館

JR札幌駅に到着です。

Dsc04412 ただ、あまり時間もないので…

駅からほど近い北海道大学に行ってみました。

Dsc04419 一昨日、昨日とテレビにずいぶんと写っていましたねぇ~。

北大のキャンパスには

Dsc04429 緑も多く…

学びの杜って感じです。

Dsc04420 な~んだか勉強したくなってきました…
(口にするのは自由ですよねhappy01

Dsc04421 クラーク博士にもご挨拶をして…

四半世紀ぶりに

Dsc04422 クラーク会館を訪れてみましたwink

ボクは北大OBではないのですが…

Dsc04423このクラーク食堂にはずいぶんとお世話になったものです。

野球のグローブくらの大きさの

骨付きキチンカツ

にかぶりついていました。

ボクの青春の味の1つといっていいかなぁ~

また、階下の喫茶店にも入り浸り…

お店にあった本宮ひろ志さんの「男一匹ガキ大将」を読みふけっていたものですbleah

さてさて、今のクラーク食堂は…

Dsc04427 ずいぶんときれいな食堂になっていました。

ボクが通っていたころは、もっと薄暗かったような気がします。

Dsc04426やはり…

あやかっていましたねぇ~happy01

美味しそうですが、お昼ごはんを済ませちゃったので、断念しました。

このほか、「みちのくフェア」のようなものをやっていて…

秋田県の「神代あいがけカレー」なんかもありましたよ。

青森県のメニューは…

はは…みてくるの忘れちゃいましたcoldsweats01

ノーベル賞

ひとつことをひたむきに取り組んでこられたからなのでしょうけれど…

すごいなぁ~のケタが違うように思います。

それで…

Dsc04433 記念に理学部のストラップを購入しました。

あやかりたい、あやかりたい…bleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただいま北上中です

今日はこれから

Dsc04397 JRに揺られて札幌へ向かいます。

すぐお隣の島なのですが、5時間半かかります。

さて、かつて青森には「3大ホーム」と呼ばれるものがありました。

トラホーム(目の病気)

マイホーム

そして、青森駅の世界一長いプラットホームです。

Dsc04400 端っこから写真を撮ってみましたが…

どうでしょう、長さが伝わるでしょうかcoldsweats01

Dsc04401ここから青函連絡船の桟橋へと向かう階段と通路がかつてはありました。

今もわずかながらにその痕跡が残っていました。

この辺りは「喫煙所」からもだいぶ離れているので、気がつく人はもうそういないんじゃないかしら…

ボクが乗った汽車は朝一番の函館行きで、しかも平日ということもあってガラガラです。

Dsc04402朝ご飯は、毎度の「大人の休日弁当」です。

違うお弁当にしようかとお思ったのですが、やはりこれに手が出てしまいます。

お弁当でお腹が一杯になったところで少しお休みsleepy

青函トンネルが好きでないの…

有り体にいうと

怖いから「眠って」いる間に通り過ぎてしまいたいっsign01

という作戦なのですbleah

Dsc04403今回もサッとトンネルを通り過ぎてもらい…

知内(しりうち)に到着です。

ここは北島三郎さんの出身地です。

ここからは陸上をまっしぐらです。

函館で汽車を乗り換え

さきほど大沼公園を過ぎました。

札幌には13時に到着happy01

今回札幌は今日1日だけで、明日は名寄(なよろ)に向かいます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

鰐come もやし…残念

復活した写真のファイルをみていたら

Dsc03995_2ワニさんが出てきました。

そういえば行きました、行きました。

大鰐(おおわに)温泉spa

大鰐といえば、最近では町長選挙で候補者の得票数が同数で、「くじ」で決着をつけたということで全国紙にも載っていました。

温泉地にきたので、まずは温泉spaへ…

Dsc03992 駅前にある鰐comeを訪れました。

と~っても綺麗な施設です。

Dsc03994_2大鰐町は、県内でもトップクラスで財政的に厳しい自治体と聞き及んでいるので…

人ごとながら「大丈夫かしら…」って思っちゃいます。

このワニさんは何かを暗示しているのかな…

などと勘ぐっちゃったりもしてcoldsweats01

外来者なので、入湯料¥500を払って温泉へ…

サウナは狭いですが、温泉は広々としています。

お風呂はぬるいお湯と熱いお湯との2つがあって…

熱い方は少々熱すぎるのか、誰も入っていませんでした。

露天風呂に入るため外にでると

たま~に、弘南(こうなん)鉄道が走る音が聞こえてきて、これもなかなかいいものです。

あと、大鰐といえば大鰐温泉もやしが有名です。

Dsc03993 これは、鰐comeに展示されていた模型です。

なんでも、温泉熱を利用して栽培していて、種は門外不出のものらしいです。

流通量も多くないようです。

そうだった…

大鰐を訪れたのは、温泉もそうなのですが、この「もやし」を食べることが目的だったのです。

それで、温泉のあとに駅近くの食堂に行ったのですが…

すでにその日の分は出てしまっていましたweep

温泉でのんびりしちゃったのが敗因です。

先に食堂行って、その後に温泉にすべきでした。

そっか~

残念な思いをしたので、この写真のことを忘れていたのかも…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「十三人の刺客」を観てきました

公開初日の9月25日、「十三人の刺客」slateを観てきました。

リメイク版だそうで…

13往時を偲ばせるようなカットもありました(単に思いこみかも…)

13人の刺客のうち、半分くらいがこの暗殺に加わる背景描写がなかったのが残念です。

「山の民」を演じている役者さんの「歯が白い」のが妙に印象的…

やはり、「芸能人は歯が命」(古っ…)なのでしょかうかcoldsweats01

最後のチャンバラ…殺陣のシーンが長すぎて少々飽きちゃった。

いったい何人斬らなきゃならないのって感じです。

一村を買い取って暗殺の舞台としたのだから、もっと派手な仕掛けがあってもよかったのではないかしら。

その方が飽きがこないんじゃないかぁ~

物語はとってもよかったと思います。

たとえ理不尽な暴君であっても、組織の人間である以上主君を命がけで守る家臣…

公儀の名において「使い捨てにされる命」に覚悟を決めた男たち…

ボク自身が「組織」にとりあえずは身を置いているからでしょうか

考えさせられるところはありました。

ただ、帰属意識がとっても希薄なので…bleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八甲田丸カレー

青函連絡船といえば

Dsc03870_055 やはり「津軽海峡・冬景色」(当初は「・」が入っていたとか…)を思い浮かべますよね。

青函連絡船「八甲田丸」の前にもこうして歌碑があって、大音響で曲が流れています。

歌碑はもう1か所、竜飛の方にもあります。

それで、八甲田丸の方では曲の1番の歌詞が流れ、竜飛の方では2番が流れる…

そんな話を聞いたことがあります。

2番の歌詞は「ごらんあれが竜飛岬北の外れ…」って始まるし…

説得力がある説明ですよね。
1番の歌詞で出てくる「北へ向かう人」は「北の外れ」のさらに先へ行こうとして…結局どこへいくのでしょうか。

そこで、八甲田丸で聴いてみると…

石川さゆりさん…フルコーラス熱唱、完璧に歌いきってましたhappy01

あと、八甲田丸のお尻の方にある

Dsc03880_060_2 この施設は何でしょう…

これは大正14年(1925)から始めた「貨車航走」を行うための施設です。

青函連絡線は、荷物を「貨車ごと」積んで航行していました。

写真の施設は、昭和27年(1952)に作られたもののようです。

青函連絡船が廃止になって、20年以上も経ちました。

もう、これが何だったか分からない人たちも多いことでしょう…

せめて、解説板くらいは設置してもらいたいものですね。

さて、八甲田丸のレストランには

Dsc04287 八甲田丸カレーというメニューがあります。

土日両日ともこのカレーだったので、唯一のメニューじゃないかしら。

横浜海軍カレーのように、連絡船にちなんだいわれは…

ないようですが、「姫ホタテ」を使っているというのがウリの1つのようです。

ボクは姫ホタテって分からないのですが、きっといいホタテなのでしょうね。

なんでも、平内(ひらない)まで出向いて買い付けているそうです。

舌触りもなめらかで、丁寧に作ったって感じがでています。

ただ、ボクにはちょっとしょっぱかったなぁ~

飲み物には、「葉取らずリンゴapple」のジュースがありました。

甘くて美味しかったですよhappy01

そういえば、八甲田丸に2日間も通ったのに、船内をゆっくり見学するのを忘れちゃいました…coldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

週末の正しくない過ごし方

週末、土日は

Dsc03871_060 かつての青函連絡船「八甲田丸」(2010・09・17撮影)で開催されている

「青森港の船・いまむかし」

という企画展の関連事業で行われた講座に出ていました。

まず、青森港(湊)に関する講演があって、そのあとはテーマに沿って街を散策します。

とくに土曜日は江戸時代の「青森町」を歩くという…

多分、これまでやったことはなかったであろう新企画もあり…

ボク自身は「しゃべって、歩いて」だったので少々疲れましたconfident

「聴く」方も結構しんどいかもしませんが…

Dsc03874_060_2さて、ちょうどおなじ日には

八甲田丸のすぐ東側にあるアスパム(写真右側の三角の建物 2010・09・17撮影)

東津軽郡と下北半島の物産展をやっていたので、講座が終わってからチョットこちらにも足をのばしてみました。

会場は家族連れなどで賑わっていて

Dsc04289 青森の観光キャラクターのハネトンがお出迎えですhappy01

こんにちわ~

その声は…

ネブタンの骨格といいますか、内臓は知っている…でした。

この骨格さん

なかなか頑張っておりまして、どうやら

Dsc04293 ネブタンのあとには、大湊の海軍コロッケのキャラクター(名前なんだっけ…)の骨格にもなっていたようです。

○○くん、ごくろうさまですbleah

Dsc04291ボクは、一仕事終えたということで

三厩(みんまや)と大間のまぐろをいただいてきましたlovely

午後、しかもお昼時をとうに過ぎていたにもかかわらず…

まぐろにありつけるとは、思いもかけず…です。

時計を見てみると、日没までにはまだ少し時間がありそうなので

Dsc04294 思い切って、城ヶ倉(じょうがくら)大橋まで亀吉を走らせました。

少~し色づいてきていますね。

あと半月もすれば綺麗になるのかな…。

それにしても…

体を休めようとしないから

だる~い週明けを迎えちゃうのですよね。

分かってはいるんだけれど…think

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »