« 角館の武家屋敷 | トップページ | 嶽そば…ふたたび »

象潟・蚶満寺…遺された景観

ようやくお天気sunに恵まれました。

Dsc05630_060 かつて松尾芭蕉が訪れて

「象潟(きさかた)や雨に西施(せいし・中国古代4大美女の1人)がねぶ(ネムの木)の花」と詠み

九十九島・八十八潟の風景が「東の松島、西の象潟」といわれた

Dsc05623_060 象潟(秋田県にかほ市)を訪問しました。

写真は、道の駅の展望所から撮ったものです。

窓ごしになったので、少しぼんやりと…

ぽこっぽこっとあって、松の木が生えている丘のようなところがかつての島の部分で、その周りには浅い海がありました。

この写真の反対側は海になっていています。

そうして、写真の右方に

Dsc05591_060 蚶満寺(かんまんじ)というお寺があります。

このお寺のことを知ってかれこれ15年くらいになります。

やっと訪れることができましたhappy01

ここからみる「島」は

Dsc05589_060 このような感じです。

お寺の方のお話では、春の景色がとってもいいそうです。

島の周りに黄色い花が咲いて…

そのようなことをおっしゃっていたような気がします。

Dsc05590_060 ただ、この象潟の景観は何事もなく今に遺されたものではないのです。

大地震による景観の崩壊と…

この地の領主本荘(ほんじょう)藩による新田開発(しんでんかいはつ)の強行…

その結果わずかに残された景観を守るために

蚶満寺の僧覚林(かくりん)という人物が

たった1人で領主へ戦いを挑んだことで遺されたのです。
(長谷川成一『失われた景観-名所が語る江戸時代-』)

しみじみ…

こんなエピソードがあるものですから、訪ねてみたかったのです。

Dsc05586_060 さて、象潟といえば

「岩ガキ」ですねlovely

ボクはカキが大好きで…

つぎに訪れるのは春もいいのでしょうけれど

やっぱり岩ガキを目指して夏かなぁ~

う~ん、結局「花よりだんご」かぁ…

|

« 角館の武家屋敷 | トップページ | 嶽そば…ふたたび »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おはようでーす♡
ぴかりんさんのブログは、いつも旅行気分に浸れて素敵ですよねー♪
武家屋敷付近の紅葉も奇麗ですし、私は秋田県はまだ行った事がないので、目新しい場所ばかりです。
こちらより、だいぶ寒いのでしょうね。
今日は東京は最高15度と言っていますが、今の所すごく寒いわけではありません。
お風邪、引きませんように気をつけて下さいね(*^_^*)

投稿: あーちゃん | 2010年11月15日 (月) 06時59分

@あーちゃんさん
コメントありがとうございます!
今回秋田で訪ねた2か所は、かねてから訪問したかった所なので、ボク自身とても愉しかったです。
お天気は1勝1敗でしたけど…
お米が美味しかったですよぉ~

今朝、通勤途中にある温度計に目をやると4℃でした。
寒いです。
窓の外に目をやると、細かく白いものが降っています。
きっと雪でしょう…

冬近し…です。

投稿: ぴかりん | 2010年11月15日 (月) 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/50034514

この記事へのトラックバック一覧です: 象潟・蚶満寺…遺された景観:

« 角館の武家屋敷 | トップページ | 嶽そば…ふたたび »