« 朝イチで奥入瀬渓流に | トップページ | シーズン最後の暗門の滝 »

津軽十景第1位…の辺りで

西目屋(にしめや)村をブ~ンと走っていたところ

岩木川に架かる目屋橋の右脇に

~通り過ぎちゃった…

それから約3時間…戻ってきました。

ボクの気になるモノは

Dsc05501_060 この「津軽十景」の碑ですhappy01

9月に金木(かなぎ)の芦野(あしの)公園に行ったとき

にこれと似た碑を見かけていたのです

この碑は芦野公園のものとおなじく弘前新聞社で建てたのですが…

建碑の年代が昭和9年と芦野公園のものより4年遅い

「芦野公園」のような場所・名称が刻まれていない

といった違いがあります。

それはともかくとして、さて、どこの景色なんだろ…

そういえば、津軽十景を調べたときに西目屋もあったような…

しかも上位にbleah

たしかに、目屋橋の周りの風景は

Dsc05504_060 岩木川沿いにこういう風景が広がっていて

Dsc05505_060 なかなか美しいのです

こうした風景は川沿いに

Dsc05499_060 ず~っと続いています。

とくに、もう少し山側(白神ラインから岩木川沿い外れた道沿い)の景色は

うわ~って声が出ちゃうほどですlovely

お家に帰って調べてみたら、「瑪耶(めや)渓」と呼ばれる場所で…

しかも第1位でしたぁ~

この辺りのどこかにあるのでしょうね。

どこなんだろ…

Dsc05484_060また、近くにはこのような鳥居がありました。

何だろうと思い立ち寄ってみたところ

ガマ石・乳穂ヶ滝(におがたき)と書いた説明板がありました。

ふむふむ…なるほど。

それでは、まずはガマ石の方へ…

向かい側の岩木川沿いに

Dsc05495_060 いました、いましたbleah

階段があるので近づくことができるかと思ったのですが…

鍵が掛けられていました。

別名ビッキ石ともいうそうです。

さて、乳穂の滝を目指してさっきの鳥居をくぐっていくことにしましょう。

Dsc05491_060 ほほぉ~これですかぁ~

解説板によりますと…

津軽では、この滝が古来から作物の豊凶を占う手がかりとなっていたそうです。

どのようにして占うのでしょうねぇconfident

そして、厳冬期、この滝(落差33m)は氷るのだそうです。

ちょっとした寄り道?でしたが…

愉しかったですよ。

もうじき午後2時かぁ…

遅めのお昼ごはんになっちゃうなぁ~bleah

|

« 朝イチで奥入瀬渓流に | トップページ | シーズン最後の暗門の滝 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

偶然にも今日はワタシも瑪耶渓ネタです。(笑)
乳穂ヶ滝には立ち寄ったことがなかったですけど
道路沿いのところですよね?
でも向かいにこんなカエルさんが居るとは思いませんでした~!

投稿: べぃじゅ | 2010年11月 9日 (火) 08時41分

@べいじゅさん
あらら、そうでしたかぁ~
そうそう、道路沿いに赤い鳥居が目立っています。
あの辺りの風景ってきれいですねぇ~

投稿: ぴかりん | 2010年11月10日 (水) 07時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/49977686

この記事へのトラックバック一覧です: 津軽十景第1位…の辺りで:

« 朝イチで奥入瀬渓流に | トップページ | シーズン最後の暗門の滝 »