« 週末の新青森駅 | トップページ | ラーメン屋さんの「ゼットン」 »

雪がちらつく三内丸山遺跡へ…

新青森駅からほど近くに

大評判の「スタジオジブリ・レイアウト展」を開催している県立美術館があります。

この日も駐車場には車がぎっしり…

そうして、少し行ったところに

Dsc06070 三内丸山遺跡があります。

いやぁ~何年ぶりでしょう…6、7年振りかしら。

Dsc06069_2北東北3県と北海道では

三内丸山遺跡を含む縄文時代の遺跡群で

「世界遺産登録」を目指しています。

→は、青森の縄文PRキャラクターの「Jタロー」です。
(アスパムの2階にいました)

土偶の顔もモチーフに

白神山地の木々に宿る精霊を表現したのだそうです。

展示室には

Dsc06094 三丸のシンボル的存在の板状土偶や

Dsc06096 ヒスイ製の大珠

がうやうやしく展示されている一方で…
(展示室は写真撮影可です)

Dsc06100 模型なんかを使いながら

親しみやすい展示構成になっています。

Dsc06101ぶらぶらしていると解説員の方がやってきて

怪しまれちゃったのでしょうか…

少しだけですが、展示解説をしてくれました。

←は、廃棄された失敗作の土器

…っておっしゃていました。

さて、建物から外に出ると…

Dsc06086 六本柱がど~んとそびえる遺跡が出現します。

この日はときどき風と雪が強くなるようなお天気でしたが…

ボクのような物好き以外にも足を運んでいる方々がいました。

Dsc06078 風雪が強くなってきました。

ちょっとだけ竪穴住居に避難です。

意外にも暖かい…

Dsc06087 背景に鉄塔や煙突といった現代の風景が入ると

今でも人が生活してる…って思えてきたりもして。

それにしても、う~っ、寒い、寒い…室内に戻ろ。

|

« 週末の新青森駅 | トップページ | ラーメン屋さんの「ゼットン」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

「三内丸山遺跡」とは・・・
歴史の授業で「登呂遺跡」や「吉野ヶ里遺跡」などと一緒に、時代や特徴を覚えた、あの「三内丸山遺跡」ですよね!!

教科書の中から歴史が飛び出してきて、なんと身近に
感じられることでしょうhappy02

投稿: こびとさん | 2010年12月15日 (水) 08時03分

そちらではもう雪が降っているんですね^^
昔、縄文時代の料理を作った事を思い出しました。
縄文時代の人も土器作りで失敗する事があるんですね。
7枚目の写真は掘立柱建物ですかね?
竪穴住居が意外にも暖かいといのは驚きです。

投稿: なないろねこ | 2010年12月15日 (水) 14時03分

@こびとさんさん
三内丸山遺跡が全国的に知られるようになって15年…もう少しになるでしょうか。
ブームは去ってしまったかもしれませんが、新幹線の駅からも近いので、多くの方に足を運んでもらいたい歴史遺産です。

@なないろねこさん
今日は寒い上に雪がず~っと降っています。
縄文時代の料理って、トチモチあたりでしょうか。
そうです、大型掘立柱建物です。地元では「六本柱」と呼んで、遺跡のシンボルとなっています。
ここからは、クリの木の柱が見つかったとか…

投稿: ぴかりん | 2010年12月15日 (水) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/50305535

この記事へのトラックバック一覧です: 雪がちらつく三内丸山遺跡へ…:

« 週末の新青森駅 | トップページ | ラーメン屋さんの「ゼットン」 »