« 太宰治疎開の家「新座敷」 | トップページ | ゆっくりするって… »

津軽鉄道の車内で

「津島家新座敷」をあとにしてから…

「津軽三味線会館」でタイミングよく三味線の演奏を聴くことができました。

Dsc06864 う~ん、津軽よされ節はロックだねぇ~wink

そうこうしているうちに時間が過ぎて

五所川原に戻る時間になりました。

Dsc06869 雪が結構強く降っています。

列車の方も少し遅れているようで

Dsc06868 ホームにある待合室で待つことに

真~っ白で、ホームと線路との区別がつかないですねぇ~

ようやくやってきた列車trainに乗車。

Dsc06874 ひとつ隣の嘉瀬(かせ)の駅舎です。

埋もれてる…

駅舎ごと「かまくらに」なる日も近そう…

戻りの列車はストーブ列車ではなくて

ですから、乗客は観光客ばかりではありません。

Dsc06873 生活路線でもアテンダントの方が乗車していました。

Img_025_2そして、「おトクな情報」として

五所川原駅隣になるカフェ「でる・そ~れ」にて

漬物バイキングフェア開催中で

10種類以上の漬物があって

しかもこのチラシ持参の方はごはんが半額の50円!

そんな車内放送とともにこのチラシが配られました。

お昼は、津軽金山焼きに行って

Dsc06883 こんなのを食べようかと思っていたので…

でも、こういう手作りのおもてなしっていいですよね。

さて、チラシにもあるように

TBSの安住アナウンサーも取材に来ていて

その番組を観ていたのですが…

出てたっけ…とポロリ

すかざす、アテンダントの方から

「出てましたよぉ~、津鉄はイメージビデオでしたけど」

っていわれちゃいましたhappy01

そうして、アテンダントの方とちょっとおしゃべり

「津軽弁、行くときの列車で教えてもらったんでしょぉ~」

いえいえ、青森に住んでいるんです…

「ええっ…」

そっかぁ~きっとボクの話コトバは

習いたてのような拙い津軽弁的なものが混じった

珍妙な「共通語」なんだ…coldsweats01

もちろん、本人自覚なしです。

ストーブ列車での残った固くなったスルメをかじりながら…

五所川原に到着です。

Dsc06875 うっ、立侫武多の頭が…
(こっちは津鉄ではなくJR側なのかな?)

やはりおっきいですね。

Dsc06877 短い時間ではありましたが

楽しい出会いもあり…

また津軽鉄道に乗って、津軽を歩いてみたくなりました。

今度は…桜の時期に芦野公園かしらhappy01

|

« 太宰治疎開の家「新座敷」 | トップページ | ゆっくりするって… »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント


津軽ストーブ列車の旅。

自分も同行しているようで楽しかったです。

投稿: 善良なる | 2011年1月29日 (土) 08時56分

@善良なるさん
コメントありがとうございます。
そのようにいっていただくと嬉しいです。
4時間程度の「小さな旅」だったのですが、とても楽しいものでした。

投稿: ぴかりん | 2011年1月30日 (日) 06時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/50706776

この記事へのトラックバック一覧です: 津軽鉄道の車内で:

« 太宰治疎開の家「新座敷」 | トップページ | ゆっくりするって… »