« 不来方バウム | トップページ | 駅前じゃじゃ »

宮沢賢治記念館でつれづれ…

花巻にまで足を伸ばし

Dsc07235_050 宮沢賢治記念館を訪問しました。

記念館は高台にあって、周辺を散策するのもいいだろうなぁ~

また、「イーハトーブ館」など賢治に関連する施設もあって

お天気に恵まれれば

きっと1日過ごすことができるのだろうなぁ~

というのが第一印象ですhappy01

さて、ボクは宮沢賢治の作品をそれほど読んではいませんが…

中学の時の国語の先生が宮沢賢治の研究者で

Dsc07240_050 そう、この『よたかの星』で研究授業が行われ…

札幌市内の国語の先生が視察に来られ

一番後ろの席だったボクは

参観日とはまた違った緊張感を感じたものですbleah

記念館の中に入って

チケット売り場のすぐ後ろ…

Dsc07245_050 ここまでは写真撮影cameraOKでした。

そっかぁ~、そうだったんだぁ~

勉強になりましたよぉ~confident

法華経に傾倒していたのですね。

なんとなく、信仰に裏打ちされた精神世界のようなものがあるんじゃないかなぁ~って感じていましたが…

「雨ニモマケズ」が書かれた手帳の写真が展示されていて

最後の「サウイフモノニワタシハナリタイ」の次のページに

「南無妙法蓮華経」とか「南無釈迦牟尼仏」という文言があったのがとっても印象的でした。

そうして、ここまで来たのですから、もちろん

Dsc07249_050 「山猫軒」にも立ち寄りましたよ。

「注文の多い料理店」は…

NHK教育テレビの「おとぎの部屋」が何かで見たのが最初だったと思うなぁ~

子ども心に、物語の展開にすご~くびっくりした記憶がありますwink

Dsc07252_050_3

「山猫軒」に入るには…

う~ん、肉づきはそれなりに

若いくはないなぁ~

すいません…

かなり濃いめの味付けでお願いします。

そう、国語の授業でのエピソードをもうひとつ…

教科書に賢治の作品『オツベルと象』が載っていて

どの部分であったかはもうまったく記憶にありませんが

Dsc07254_050 授業中、先生の解釈に

それは違うと思います…

っていっちゃったんだよねぇ~coldsweats01

先生もカツン!ときて言い争いになり
(先生が賢治の研究者だってことは知らなかったんだもん…)

休み時間どころか次の授業(音楽だったかな)にも食い込んじゃって

泣き出す女の子も…

その日の授業がどうやって終息したのかは覚えていません。

なんたって30年も前のことですからねぇ~

先生、お元気かしら…

|

« 不来方バウム | トップページ | 駅前じゃじゃ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

山猫軒、私も行ってみたいな。
花巻温泉にもゆっくりつかれましたか。

投稿: Lisa | 2011年2月17日 (木) 07時52分

小さい頃、クラムボンって単語が好きで、
やまなしの本をよく読んでました。
こんな所があったんですね・・!
宮沢堅治はとても親しみがあります^^

先生の解釈にモノ申す勇気にまず拍手ですね(笑

投稿: なないろねこ | 2011年2月17日 (木) 21時20分

@Lisaさん
昼食を…と勇んでいたのですが、空腹感がなくて売店でお土産を買って終わっちゃいました。
今回は、水沢の温泉で一泊しました。
次回行くことがあれば、花巻温泉に宿泊して遠野まで足を伸ばしてみたいです。

@なないろねこさん
クラムボンの正体は何なのでしょうね?
記念館に行って、なんだか賢治の作品を読みたくなって帰ってきました。

自分が思ったことは口にしなくては気が済まない…そんな中学生だったようです。

投稿: ぴかりん | 2011年2月18日 (金) 06時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/50893804

この記事へのトラックバック一覧です: 宮沢賢治記念館でつれづれ…:

« 不来方バウム | トップページ | 駅前じゃじゃ »