« 卯歳の一代様「最勝院」へ | トップページ | 太宰治まなびの家 »

世界で一番小さいリンゴの博物館

お昼をいただいたレストランとおなじ百石町にある

お菓子屋さんの「笹の舎」(百石町6-1)のなかに

Dsc06931 世界で一番小さいリンゴの博物館というのがありました。

扉のノブもりんごappleなのですよ。

なかは…名前よろしく

Dsc06923 こぢんまり…

人がやっとすれ違えるくらいです。

閉所恐怖症ではないのですが…

こういう空間はほ~んの少し苦手なので

どうしても、「狭い」という表現になっちゃいますcoldsweats01

もちろん、「小さい」というのは空間の意味ではないのでしょうけれど…

ここに展示されているものは

Dsc06924 手にしてみたいなぁ~

とか

こんなの欲しいなぁ~

なんて気持ちをくすぐるものが数多くありました。

Dsc06926 このりんごのパズルは難しそう…

Dsc06927 りんごが少しづつかじられて

最後はタネだけに…

面白いですねhappy01

Dsc06928_2 この映画は青森でロケーションをしたのでしょうか…

白川由美さんとか藤木悠さんなどの名前が並んでいます。

ここに展示されている物は

基本的には外国製のものが多いようです。

Dsc06930 入るときはお店にお客さんがいたので

すぅ~っと入っていけたのですが…

今はと~っても静かです。

Dsc06929 さて…

ボクはまったくお菓子のことは詳しくありませんが

入ってすぐのところに並んでいたお菓子は

ボクもお土産屋さんで目にしたことあるし…

きっと「笹の舎」さんはメジャーなお菓子屋さんなのですよねwink

視線は足下に…

お店の方にはなるべく肩から後ろを見せるようしにて…

そそくさと出てきてしまいた。

いいのですよ…ね。

スーパーなどで試食しちゃったら
(「させられた」の方が感覚的には正しいかな)

何か買わなきゃっていけないのかな…

ってプレッシャーに襲われちゃう方なので

ちょっとだけ後ろめたいものが残っちゃった…coldsweats01

|

« 卯歳の一代様「最勝院」へ | トップページ | 太宰治まなびの家 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

展示品、かわいいですねぇ~。
ワタシも週末 百石町に行くので
ここにも行けたらいいな~と思ってました。
「笹の舎」さんのアップルパイは
アップルパイガイドマップにも載ってるので
一度食べてみたいです。

投稿: べぃじゅ | 2011年2月 3日 (木) 08時23分

こういう細かくて小さいものって、女性の方が好むかも、なんて考えて拝見しました^^

リンゴのパズル、面白そうです。チャレンジしてみたいなぁ

プレッシャーに弱いって(笑)

そういう場合の魔法の言葉は、「お気持ちだけ頂戴しました♪ごちそうま〜〜〜」で大丈夫ですよ♪試食させる方は、そんなに考えてませんよ。試食自体を断られるほうが悲しいしsmile

投稿: 心葉 | 2011年2月 3日 (木) 09時21分

はじめまして、こんにちは。
りんごの写真につられてやってきました。
わたしはりんごってほとんど食べないんですが、モチーフとしてはすごく引きつけられるので(写真もよく撮ります)、チャンスがあったらぜひこの博物館に行ってみたいです!
ステキな情報ありがとうございました。

投稿: ヒカリ | 2011年2月 3日 (木) 13時08分

こんにちはhappy01
かわいいお店ですねappleリンゴ好きなのでとても惹かれますlovely

投稿: マーサ | 2011年2月 3日 (木) 13時32分

@べいじゅさん
「笹の舎」さんはやはり有名なお店なのですね。
真っ赤でつやつやのりんごばかりでなく、ジャガイモみたいなりんごの絵もあって…
面白かったですよ。

@心葉さん
たしかに女性が好みそうな小物が並んでいましたね。

そっかぁ~しつこく勧める試食のおばちゃんの勢いに負けて…
これからは強くいきます。

@ヒカリさん
コメントありがとうございます。
機会がありましたら、是非訪れてみてください。

@マーサさん
端から端まで5、6歩かしら。
そこに所せましとりんごグッズが並んでいます。
いろんなものがあって面白かったですよ。


投稿: ぴかりん | 2011年2月 4日 (金) 07時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/50757778

この記事へのトラックバック一覧です: 世界で一番小さいリンゴの博物館:

« 卯歳の一代様「最勝院」へ | トップページ | 太宰治まなびの家 »