« 花より…おでん? | トップページ | 震災復興メッセージの缶バッチ »

「津軽旨米屋」ふたたび

青森と弘前(弘前公園外濠)の桜がついに開花したようです。

GWにばっちり合わせたというところでしょうか。

先週末、弘前公園をぶらっとしたあとは

徒歩で数分の「津軽ねぶた村」の敷地内にある

Dsc00576 「津軽旨米屋」さんでお昼にしました。

こちらのお店には一度行ったことがあるのですが…

外には

Dsc00575 こんな看板があって

店内にも

Dsc00577 こんなのがあるように

かまどで炊いたご飯が一番のウリのようです。

前回は「サバ味噌定食」をいただいたので

今回は「おにぎりセット」のようなものを…

と考えていたのですが

Dsc00583 「津軽そば」と「○○丼」のセットとか

「貝焼き味噌」と…

のように、「おかず」(郷土料理)のキャラが立つといいますか

「ご飯」が後ろにさがったメニューに変わっていました。

お店の方のお話では、「さくらまつり」メニューだとか…

そこで、何をいただくか迷った揚げ句

Dsc00580 「うまいやランチ」にしました。

八甲田山麓の鴨のハンバーグと

陸奥湾ホタテがついたランチで

手前の海苔の佃煮は自家製とのこと。

ご飯は、さすがかまど炊きとでもいうのでしょうか

「お焦げ」があるのが嬉しいです。
(写真ではまったく分かりませんね…)

そうして、これに加えて

Dsc00579 「清水森ナンバ一升漬」も注文。

「清水森ナンバ」は、弘前藩初代藩主の津軽為信(つがる・ためのぶ)が京都から持ち帰ったと伝えられる在来の唐辛子です。

さて、テーブルとにらめっこ…

お腹は空いているのですが、かなりのボリュームです。

海苔の佃煮と一升漬で、十分にご飯はいただけます。

ハンバーグは持ち帰りしたい気分さえしますが…

ふぅ~っ、完食できました、ごちそうさまです。
(おかげで夜はほとんど食べられず…)

最近、どうも食べ過ぎの傾向が…

気をつけなくちゃいけません。

さきほどラジオで

桜前線が津軽海峡を渡るには

このさき概ね5日ほどかかるといっていました。

GW後半に札幌へ帰るのですが…

こちらもいいタイミングかもしれませんね。

|

« 花より…おでん? | トップページ | 震災復興メッセージの缶バッチ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/51496673

この記事へのトラックバック一覧です: 「津軽旨米屋」ふたたび:

« 花より…おでん? | トップページ | 震災復興メッセージの缶バッチ »