« ラッセランド | トップページ | 鬼にぼし中華 »

国際芸術センター青森の森

青森市街地から八甲田に向かって南に行くと

スキー場などがある雲谷(もや)の手前に

合子沢(ごうしざわ)という地区があって、そこに

国際芸術センター青森」という施設があります。

詳しくは知りませんが

アーチストがここに滞在して芸術活動をしているらしいです。

そして、先週末から

Dsc03308 「再考現学」という展覧会始まりました。

芸術は

ましてや、現代アートはちょっと…

と思いつつも

Dsc03312_2 まぁ、行ってみましょう。

やっぱり

?マークが群れをなして飛んでいた…という感じです。

難しいですね、現代アートって。

Dsc03315 入り口にあった傘立てに

こんな石が置かれているのさえも

アートと思えるほどに思えちゃうほどに

妙な感覚になって出てきました。

ただ…

森の中にあるこの施設は

Dsc03316 周囲の環境とマッチしているようで

なかなか素敵です。

これもアートなのかしら…

奥へ進んでいくと

Dsc03318 という看板があって

その脇には森へ通じる道があったので

侵入してみることにしました。

Dsc03321  通路の部分にも草が生え…

クモの巣に行く手をはばまれ…

しかも、ちょっとしたものかと思ったら

結構奥が深いのです。

展覧会に行くのだから

まさか森に入るとは思いもよらず…

足下はサンダルだし

虫除けスプレーもなし。

腕と足、そして頭までムシ刺されで痒いこと…

しかも時折、バタバタッって鳥が飛んだりもして

ドキッ…びっくりです。

だんだんと

「ヘンゼルとグレーテル」みたいな気分に

でも、パン持ってないし…

と、少々不安にかられていたところで

Dsc03333_2 目の前が開けて

水辺に出ることができました。

ここで、ホッ…と一安心。

気持ちにも余裕ができたのでしょうか

Dsc03330 足下の小さな花にも目がとどくようになりました。

これは何という花でしょう…

花びらが螺旋状になっています。

さらには

Dsc03331_2 全身真っ赤なトンボも姿をみせてくれました。

ひと周りしてよ~く考えてみると

自然観察をするには

いい森ではないかと思えてきました。

結局…

展覧会を観ているよりも

森の中にいる時間の方が長かったかも…

|

« ラッセランド | トップページ | 鬼にぼし中華 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ねじねじ・・の ネジバナですね^^

こういう所があったんですね、知らなかった〜。

投稿: 心葉 | 2011年7月28日 (木) 09時43分

@心葉さん
ネジバナっていうのですかぁ~。見た目そのものですね。ありがとうございます。
ここは、公立大学の隣にあるんですよ。できてもう10年くらいにはなるんじゃないかしら。
かつては青森市の施設だったのですが、今は公立大学の施設になっているようですよ。

投稿: ぴかりん | 2011年7月29日 (金) 17時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/52327469

この記事へのトラックバック一覧です: 国際芸術センター青森の森:

« ラッセランド | トップページ | 鬼にぼし中華 »