« 王余魚沢倶楽部 | トップページ | ほっとゆだ駅 »

湯田温泉峡・萬鷹旅館

先週の金曜日、花巻に訪れた際

宿は車で1時間ほどの西和賀町(にしわがまち)にある

湯田温泉海峡(湯川温泉)

Dsc03071 萬鷹旅館に取りました。

ここは3方を1000m級の奥羽山脈に囲まれていて

もう一方は、秋田県の横手盆地の方に開いています。

道中は山道でしたが、ダム湖の錦秋湖があったり…

風景はとっても美しいです。

ボクは運転をしていたので

この風景を十分に愉しめなかったのが残念です。

さて、花巻ではず~っと外を歩いていたので

もう汗でベタベタ…

一刻も早くこの汗を流したいと

予定より早く宿に向かい

Dsc03083 早速お風呂へ

4~5人も入れば一杯となる湯船ですが
(写真は夕食の後に撮ったものです)

平日なのでお客さんも少なく

ほぼ貸し切り状態でした。

そして、温泉でサッパリしたところで

Dsc03077 夕食です。

西和賀町は、山菜が名物のようで

山菜づくしのお料理でした。

山のなかの宿ですからこうでなくっちゃね。

そして、今回愉しみにしていたのが

Dsc03079 スッポンの鍋です。

うほほ…丸っとスッポンですねぇ~

このほかにスッポンのお刺身も付きました。

温泉熱を利用して養殖をしているとかで

Dsc03091 お土産屋さんでは

スープやら雑炊などが売っていました。

ドキドキしながら口にしたところ…

鶏肉といいますが、牛のテールとでもいいますか

クセもなくサッパリとした味でした。

お刺身も美味しくいただきました。

この後

ご主人が打った「お蕎麦」をツルツルといただくと

宿の方が

「お鍋は、この後雑炊となりますが…」

えっ、もうお腹一杯…

「明日の朝にしましょうか?」

そうしていだけるのなら…

ということで、翌日

Dsc03086 スッポン雑炊をいただくことに…

ひとりで食べるには量が多いかと思いつつ

まずは一口

ううう…美味いぃ~

結局ぜ~んぶ食べちゃいました。

このほかにもいろいろとおかずがあり…

朝から食べ過ぎですね。
(お昼に盛岡冷麺を考えていたんだけど…)

少し動かなくてはいけませんねぇ~

また暑くなりそうです。

元気よく出掛けることにいたしましょう。

そうだ、つぎにここを訪れることがあるとすれば

JRを利用するとか

道中の風景を愉しむ手だてを講じなきゃ。

|

« 王余魚沢倶楽部 | トップページ | ほっとゆだ駅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

温泉とすっぽんつながり強いんですよね。。
コラーゲンいっぱいおいしいですよね。。

投稿: たけぞう | 2011年7月19日 (火) 22時14分

@たけぞうさん
そうなんですかぁ~ボクは初めての経験でした。
お刺身や、甲羅の縁の方というのでしょうか、コラーゲンでプリプリっとしていましたね。
お刺身が思いのほか美味しかったです。

投稿: ぴかりん | 2011年7月20日 (水) 06時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/52248545

この記事へのトラックバック一覧です: 湯田温泉峡・萬鷹旅館:

« 王余魚沢倶楽部 | トップページ | ほっとゆだ駅 »