« 焼尻の生ラムでジンギスカン | トップページ | 大通公園のビアガーデン »

ろいず珈琲館 旧小熊邸

札幌の中心部を見下ろすことができる位置に

藻岩山(もいわやま)があります。

小学生の時に一時この付近に住んでいて

しかも

高校もこの近くにあったので

ボクにとっては懐かしい場所です。

そこに

Dsc04001 「ろいず珈琲館 旧小熊邸」というのがあります。

数年前に雑誌で記事を読んで以来

訪ねてみたいなぁ~って思っていたのです。

この建物は

北海道帝国大学の小熊悍(おぐま・まもる)博士の自宅として

昭和2年に建てられたもので

都市景観重要建築になっています。

店内は

Dsc04008 Dsc04015 こんな感じで

晴れた日にはテラスでコーヒーを愉しむことができます。

ただ、この日はあいにくの雨…

ちょうどお昼時でもあったので

Dsc04012 いい雰囲気のなかで

ハムチーズトースト一緒にコーヒーをいただきました。

お店の裏側は

Dsc04017 Dsc04019 散歩をしたり休憩できるようになっています。

そして…

「平和の塔迂回路」という看板があって

Dsc04024 このような階段がありました。

平和の塔…??

でもね

雨が降って蒸し暑いよ…

しかも、サンダルで足下が悪いよ…

それでも、「平和の塔」が気になったものだから

山道を進んでいくことになりました。

20分ほどは歩いたでしょうか

たどり着いたのは

Dsc04021 ここでした。

工事中でしたが

この塔は、ボクが子どものころに

「納骨堂」と教えられていたものでした。

ずぅ~っと納骨堂だとばかり思っていたのですが

違ったようです。

この塔は…

Dsc04022 戦争犠牲者の供養とともに平和を願って建てられたもので

しかも、インドのネルー首相からいただいた

釈迦の真身舎利像が安置されているんですね。

まったく知りませんでした。

終戦記念日を前に

導かれたのかしら…。

|

« 焼尻の生ラムでジンギスカン | トップページ | 大通公園のビアガーデン »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

「ろいず」って言えば、うちは北海道に行くと必ず「ロイズ」の生チョコをお土産に妻に要求されるんです。最近はナティーバーかな。
「ろいず」はその「ロイズ」と関係あるんですかね?

投稿: a1you(ガラス屋道場) | 2011年8月15日 (月) 12時00分

私は珈琲が大好きなので、旅行の際は
必ずと言っていいほど素敵な喫茶店を探して
入ります。

ここはとてもいい感じのshine珈琲館ですね。
お庭もかわいらしくていいですね~heart04

ここは人の多い観光スポットになってしまっているのでしょうか?もしそうでなければ秘密にしておきたい
感じですねwink


投稿: ぐみちゃん | 2011年8月15日 (月) 21時50分

@a1you
ボクも関係があるもんだと思い込んでいましたが、どうも違うようです。
「ロイズ」の生チョコは北海道土産の定番ですものね。

@ぐみちゃん
北海道では、最近旧いお家や御蔵を活用してcafeにするのが流行っている感じがします。
ボクが行った日は雨が降っていたので、お客さんはほとんどいませんでしたが、ロープウェーの駅の近くにあって、駐車場も広いので、観光客が多く訪れているのかもしれませんね。

投稿: ぴかりん | 2011年8月16日 (火) 06時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/52478873

この記事へのトラックバック一覧です: ろいず珈琲館 旧小熊邸:

« 焼尻の生ラムでジンギスカン | トップページ | 大通公園のビアガーデン »