« 歴史と文化のびっくり箱-岩木山神社 | トップページ | 弘前・りんご公園 »

歴史と文化のびっくり箱-高照神社

岩木山神社から山を下ること数分で

Dsc04393_050 高照(たかてる)神社に到着です。

ここは初めての訪問です。

こちらの社は

弘前藩第4代藩主信政(のぶまさ)の廟所を営んだことに始まります。

境内にある宝物殿で聞いた話では

氏子さんはここを護っていた藩士のご子孫たちで

50数軒しかいないとのことです。

一般的な神社とは

少し異なる性格をもった神社のようですね。

さて、高照神社では

重要文化財に指定されている

Dsc04396_050 拝殿が公開されました。

そして、近づいてみると

Dsc04397_050 なかには人の姿があり

奉納されている絵馬の解説をしているようです。

せっかくなのでボクも

ただ、どこから入っていいのか分からない…

脇の方からは入ることができないので

少々気が引けますが正面突破です。
(皆さんこうして入っていたようです)

絵馬は歴代藩主とその家族などが奉納したもので

解説される方は、絵馬に描かれた絵から

奉納した人物の人間性を説いていました。

また、拝殿の左側には

Dsc04404_050 朽ちかけた建物があります。

これは神饌殿(しんせんでん)といって

天の神と地の神に備える食べ物を調理する所で

弘前市の指定文化財なのだそうですが

Dsc04406_050 修復の費用がかなりかかるので

やむなく「つっかえ棒」で支えているようです。

そして

Dsc04399_050 拝殿の裏の道を進んでいくと

Dsc04403_050 第4代藩主信政の廟所に出ます。

すると、ボクの後ろからやってきた

サンダル姿のおじさんが

「特別なものを見せるって聞いたけど、ここじゃないのかい?」

向こうの拝殿のようですよ。

「なぁ~んだ、ここじゃないんだぁ~」

という言葉を残して

廟所の脇の草むらをザクッ、ザックと…

どこまで行ったのかしら。

さてと、ボクはこの後どこ行こう…

|

« 歴史と文化のびっくり箱-岩木山神社 | トップページ | 弘前・りんご公園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/52659347

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史と文化のびっくり箱-高照神社:

« 歴史と文化のびっくり箱-岩木山神社 | トップページ | 弘前・りんご公園 »