« 青荷温泉の湯めぐり | トップページ | 映っちゃっただけです »

Arts Towada(野外芸術文化ゾーン)

青荷温泉を後にして

八甲田を越えて十和田に向かうことにしました。

お天気がよければ

奥入瀬・十和田湖…ということになりますが

いつ雨が降ってもおかしくないような

空模様だったので

Dsc04682 十和田市現代美術館を訪ねました。

ちょうど、「つみきのいえ」で

アカデミー短編アニメーション賞を獲得した

加藤久仁生(かとう・くにお)の企画展をやっていました。

さて、入館する前に…雨が心配なので

外の展示(Arts Towada)からみることにしましょう。

Dsc04681 左側のお家は…

いつみてもマシュマロマンを思い出しちゃいます。

道路を渡ると

Dsc04684 ちっちゃい子どもには

大人気のようです。

犬の上にまたがって、お母さんが写真を撮って…

そして、子どもの時にテレビで観た

Dsc04686 ムーミンにこんなのいたような気がするなぁ~

何といったかは覚えていませんが

ゆらゆら~っとしていたような…

前の晩に美味しいお酒を飲み過ぎたのか

朝早くから湯巡りをしたのがいけなかったのか

どうにも身体の調子が悪くって

ムンムンとする蒸し暑さが堪えます。

Dsc04688 これはちょっと気持ちが悪いかな…

美術館の周辺は市役所をはじめとする官庁街で

国の省庁再編のあおりを受けて

出先機関の移転などでこの辺りに

空き地が増えたのだそうです。

そこで、新しいまちづくり一環として

こうした「野外芸術文化ゾーン」を作ったのだそうです。

そうそう、通りの街路樹はに桜が植えられ

春の桜もとっても素敵なのですよ。

Dsc04691 ボクの住むまちでは

およそ考えが及ばない発想だと思います。

事業所誘致や産直市の開催だとか…

そんなところでしょうか。

人々の心や感性をみがくものへの投資って

まったく関心がないものなぁ~

Dsc04696 このお馬さんは

美術館、さらには馬のまち十和田市

のシンボル的な存在ですよね。

まだ雨は大丈夫…

さて、中を見学してこよぉ~っと。

それにしても、具合悪っ…

|

« 青荷温泉の湯めぐり | トップページ | 映っちゃっただけです »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こちらでいうところの湯あたりっていうやつですね。spa 一日中入ってると 吐き気がしちゃって
二日酔いみたいに 鈍痛があたまにあったり??

どうかな。なおりそう?お大事にしてくださいね。

しかし どれもすごいね。
にょろにょろみたいなのが ムーミンからきたみたいねぇ。ぷぷ。 心と感性 今一番だいじかも。

あれてるよ・・ そういう所 政府は気がつかん。

学校も会社も。。日常どおりのようで そうぢゃないのにね・・・いっぱい影響でてる。

いいものみせてもらって
心の栄養 キャッチしました。
ありがとう!

投稿: くるっくるぅ | 2011年9月21日 (水) 07時38分

私も草間弥生さんの作品を観に行きたいと思っています。

投稿: Lisa | 2011年9月21日 (水) 08時02分

@くるっくるぅさん
具合悪かったのは、それから2時間ほどで解消できました。湯あたりだったのでしょうね。
十和田方面は雪が少ないのでこうしたことができるのかもしれませんが、「日常」のなかにこういうのがあるのっていいことだと思います。
色合いも華やかで、ボクは好きです。

@Lisaさん
「草間弥生 十和田でうたう」を去年観ました。
美術館ばかりでなく、町なかにも展示があって、確か洋服屋さんの2階で、若き日の草間さんが映っている「ショートムービー」のような作品を観ました。


投稿: ぴかりん | 2011年9月22日 (木) 07時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/52788625

この記事へのトラックバック一覧です: Arts Towada(野外芸術文化ゾーン):

« 青荷温泉の湯めぐり | トップページ | 映っちゃっただけです »