« ランプの宿 | トップページ | Arts Towada(野外芸術文化ゾーン) »

青荷温泉の湯めぐり

青荷温泉には4つのお風呂があって

本館から

Dsc04561 この吊り橋を渡った

「はなれ」の方には2つあり

まずは

Dsc04640 「滝見の湯」です。

Dsc04631 Dsc04630 露天風呂の奥に滝があります。

写真は朝早くに撮ったのですが

前の日に一緒になったおじさんが

「いいねぇ~、素敵だねぇ~」

っていたく感激していました。

ボクはメガネを外しているのでぼぉ~んやり…

宿泊していた「はなれ」の方からも

Dsc04646 滝を眺めることができます。

秋の紅葉の時期には

とってもいい景色になるんだろうなぁ~

その時期にまた…

いつかは訪れてみたいものです。

さて、もうひとつは

Dsc04567 混浴の露天風呂です。

ちょっと抵抗はあったのですが…

女性専用の時間帯があったので

きっとその時間帯に女性は入るのだろうと思い

夜の時間外に一度入って

翌朝も再び…

Dsc04633 葦簀(よしず)の向こうには

ちらちらと人影がみえます。

女性はちょっと不安になるかも…

後ろ側にも小さな露天風呂があって

Dsc04636 川の流れを眺めるながら

お湯につかることができます。

さらに

Dsc04635 「子宝の湯」があって

朝、ボクがやってきたときに

丸っこいちょうどいい体型のおじさんが

気持ちよさそうに入っていて

何だかちょっと可笑しくもあり…

つぎに、本館を通り過ごしたところに

Dsc04548 「健六の湯」というのがあります。

足湯「湯足ど」が左側にあって

これはきっと「ゆっだと」と読んで

「ゆっくり(ゆったり)と」という意味でしょうか。

中はヒバ造りとなっていて

Dsc04621 大っきな窓が

ぶわぁ~っと開放されていて気持ちがいいです。

ただ…女湯はどうか分かりませんが

男湯は外から中がみえました。

ここのお湯は無色透明で無味無臭。

しかも、あまり熱くないので

熱いのが苦手なボクでも

ゆ~っくりお湯に入っていることができます。

そして、最後に本館の内湯です。

Dsc04580 2、3人も入れば一杯です。

この雰囲気が、4つのなかで一番のお気に入りです。

イメージ通りといったところでしょうか。

1泊2日でお風呂を2巡りしました。

Dsc04566 ほぉ~んと

「サッパとじた!じゃ」です。

いやいや、少し湯疲れしかもしれないなぁ~

出発前には

Dsc04678 澄んだ水で作った(?)

コーヒーをいただきながら

今日はどこに行こうかな。

向こうにいたご家族は

「青森のB-1グランプリに行きます!」

ふぅ~ん…

ボクは山の向こうにでも行こうかしら。

|

« ランプの宿 | トップページ | Arts Towada(野外芸術文化ゾーン) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

なんとなんと すごい!
これまた
すてきな 温泉ですね。。

山のむこう?

はて なにがあるのでしょ。ふふ。

いいですねえ。

おじゃまするたび 感動しちゃいます。

投稿: るぅ | 2011年9月20日 (火) 07時15分

@るぅさん
湯巡りにはりきりすぎちゃって、すこし具合が悪くなっちゃいました。
天気がよければ「山の向こう」ではなく、「山」で楽しめたのですが、今回は久しぶりに山の向こうまで足を伸ばしてみました。

投稿: ぴかりん | 2011年9月21日 (水) 07時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/52779091

この記事へのトラックバック一覧です: 青荷温泉の湯めぐり:

« ランプの宿 | トップページ | Arts Towada(野外芸術文化ゾーン) »