« 北海道大学「植物園」 | トップページ | 津軽のてっぺんはまだ遠く… »

北海道 新・ご当地グルメ応援弁当

青森-札幌間の汽車の中での楽しみのひとつに

座席の前ポケットにある「THE JR Hokkaido」

という車内誌があります。

札幌でヒグマの目撃情報が話題となっていますが

10月号の特集は「ヒグマ、驚異の隣人」で

なかなか参考になります。

Img_0001_040_2そして、「駅弁紀行」では札幌駅の

北海道 新ご当地グルメ応援弁当 2011

というのが紹介されていました。

これは、今年7月から販売されているようで

道内の20か所以上ある「新・ご当地」グルメ

から4種類を詰めたお弁当です。

しかも、販売期間が今月一杯ということで…

これは購買意欲がそそられます。

そこで、札幌から青森へ戻るときに

Dsc05179_050 駅構内でひとつ購入しました。

ただ、この日は朝ご飯をいただいているので

お昼は空腹感がなく

お家で、夕食としていただくことになりました。

パッケージの写真が「新・ご当地グルメ」ですね。

それらのうち、今回は

Dsc05180_050 オホーツク北見塩やきそば

羽幌(はぼろ)えびタコ焼き餃子

十勝芽室(めむろ)コーン炒飯

南富良野エゾカツカレー

の4種類の詰め合わせです。

そして、「こう食べる!」という注意書きがあって

塩やきそばを手始めに時計回りで

最後にエゾカツカレーをいただくのがお奨めだとか。

それでは、注意書きにしたがっていただきましょう。

Dsc05181_050 ひとつひとつは少量ですが

ぜ~んぶいただくとおなか一杯になります。

ボクは…

餃子と炒飯がお気に入りです。

エゾカツカレーのカツはエゾシカのお肉で

ちょっと楽しみでしたが

お肉が衣よりも薄くって

あまりお肉の食味を感じませんでした。

それにしても、こういったお弁当をきっかけに

つぎは現地でいただこう!

という気持ちになりますね。

新・ご当地グルメにはこのほかにも

豊富(とよとみ)ホッキチャウダー

初山別(しょさんべつ)天然真ふぐ照り焼き丼

十勝清水牛玉ステーキ丼

などなど…

どれも魅力一杯です。

また、いつかお弁当で食べられるかしら。

|

« 北海道大学「植物園」 | トップページ | 津軽のてっぺんはまだ遠く… »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

お・・美味しそう。
お腹すいてきましたわ。
まだ
10時25分なのに。ぷぷ。

列車の旅に行きたいなぁ・・・

投稿: るぅ | 2011年10月17日 (月) 10時24分

@るぅさん
B級グルメの流行もあってでしょうか、各地の「ご当地グルメ」が注目されているようですね。
この時期、駅弁を頬ばりながらの「列車の旅」もいいですね。

投稿: ぴかりん | 2011年10月18日 (火) 06時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/53011315

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道 新・ご当地グルメ応援弁当:

« 北海道大学「植物園」 | トップページ | 津軽のてっぺんはまだ遠く… »