« 下北・薬研の紅葉 | トップページ | 大間・超マグロまつり »

活イカ…どうやって食べるの?

薬研で紅葉を愉しんだ後は

大間の「超マグロまつり」の会場へ

と…その前に

そろそろお腹もすいてくる時間でもあったので

風間浦(かざまうら)村にある下風呂(しもふろ)温泉の

Pa222164_045 「あさの」食堂でお昼となりました。

風間浦といえば「烏賊様(イカサマ)レース」があるように

イカが有名なので

いちもにもなく「活イカ定食」(\1500)を注文。

Pa222168_045 すると…

お店の人が青いバケツを持って外に出て行きます。

しばらくすると戻って来くるのですが

どうやらこの中にイカがいるようです。

お母さんがトントントンと手際よく捌いてくれて

Pa222169_045 「活イカ定食」のできあがりです。

透き通った身の右には「ゴロ」も添えられ

まだ動くゲソが「活イカ」を表現しています。

人間って残酷…

なんて思う間もなく「いただきまぁ~す!」

Pa222170_045 ところで

これってどうやって食べるのでしょう…

とりあえず、1本かぶりついてみました。

ガブリ…やっぱり食べにくいね

お店のご主人に訊ねたところ

「ゆでる」かゲソを切り分けて「お刺身」でいただくか

どちらかを選択するのだそうです。

ボクは

Pa222171_045 お刺身を選択しました。

ボクはイカといえば

ゲソと三角の耳が大好きで…

それだけあれば十分なくらいです。

「ごはん」をおかわりする元気はありませんでしたが

しっかり、美味しくいただきました。

腹つぇ~
(津軽弁の用法間違ってないかしら…)

ごちそうさまでしたぁ~。

さぁ、お次は「大間のマグロ」だぁ~!

|

« 下北・薬研の紅葉 | トップページ | 大間・超マグロまつり »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

究極の鮮度ですね〜!
いかの新鮮なのって本当においしいですね。
薬研温泉に入っていかのお刺身なんて、贅沢ぅぅ
次は大間のまぐろですか!
楽しみです。

投稿: ぽて | 2011年10月27日 (木) 08時38分

@ぽてさん
そうですねぇ~、身がきゅっと締まっていて何ともいえないですよね。
この後は、大間のマグロと県産ホタテ…青森の海の幸、さらには地酒で満喫してきました。

投稿: ぴかりん | 2011年10月28日 (金) 06時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/53093495

この記事へのトラックバック一覧です: 活イカ…どうやって食べるの?:

« 下北・薬研の紅葉 | トップページ | 大間・超マグロまつり »