« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

定山渓温泉・ぬくもりの宿 ふる川

寒い日々が続いておりますが

こんなに寒いときには温泉が一番ですね。

ボクが週末によく出掛ける温泉は

明日から30円の値上げとなるようです。

やはり、燃料価格の高騰…ということなのでしょうか。

さて、お正月に札幌帰省中のことですが

定山渓(じょうざんけい)温泉の

Dsc09332 ぬくもりの宿 ふる川

に家族で行ってきました。

入り口を入るとすぐのところには

Dsc09397 うさぎさんがいました。

2代目の「温(ぬく)ぬく」ちゃんというそうです。

館内は全体的に

Dsc09334 民芸チックな雰囲気があって

Dsc09370 相田みつをさんのギャラリーもあります。

そして、廊下には

Dsc09341 お客さんか寄せられた

絵手紙が飾ってありました。

また、ここで絵手紙作成の体験もできた…と思います。

おそらく、こちらの宿は

「癒やし」というのをコンセプトとしているのだろうなぁ~

というのは感じ取れます。

この日の夕食は、大広間を仕切った

家族5人にしてはかなり広いスペースに通されまして

しかも、正面にはステージがあったものですから

姪っ子さんは

Dsc09344 すぐさま舞台女優を演じておりました。

食事は一通りのものが出てきましたが

ボクが初めてだったのはDsc09351_2

お造りのお醤油とともについてきた

こちらの粉です。

粉醤油というものだそうで…

ヒラメをこの粉醤油でいただいてみました。

ほぉ~んと、お醤油の味がします。

面白いですね。

ただ、写真に収めるのであれば

赤身の方が色合いとしてはよかったようですね。

肝心の温泉の方は

階上に展望風呂があります。

サウナと露天風呂もあって

外の景色を眺めながら温泉が愉しめます。

そして

夜と朝とで男湯と女湯が入れ替わっていました。

浴場の造りが違うので

両方入ってみるのがいいと思います。

このほかに

Dsc09369 「ゆ瞑み」の湯というのがあります。

こちらは

Dsc09376 階段を降りて…

少々暗めの廊下を進んでいくと

突然人が現れて…ビクッとしたところで

履き物を替えます。

そして

Dsc09378 離れのこの小屋にあります。

宿の方は

「ここでゆっくり瞑想してください」

とおっしゃっておりましたが…

Dsc09383 とっても静かな空間で

なるほどぉ~、そんな雰囲気は十分です。

では、心を穏やかにして瞑想を…

やっぱりダメ…

雑念・煩悩がぐるぐるしちゃって

ボクには無理でした。

今年のお正月は少し長めの休暇でしたが

もう、そんな1月も終わりなのですね。

月日の流れは早い、早い…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬は寒いけど…ってはじまる歌

テレビが地デジに移行してから

ボクのブラウン管テレビから映像がなくなり

それでも

映画のDVDを観るときにだけ画面は機能してました。

そのDVDも、年末にプレーヤが壊れてしまい

とうとうテレビは四角い箱になりました。

テレビの番組は、サウナで観ることがありますが

ド近眼の上に強い乱視があるので…

メガネを外すと見えません。

ですから、テレビを聴いているというのが正しいところ。

そして、外国を話題にしたニュースなどで

英語・フランス語・中国語…が音として流れ

画面は「字幕」となると、もう分かりません。

映画では字幕がいいのですが

こういうときは、吹き替えにして欲しいなぁ~と

ムシのいいことを思うことがあります。

そんなこともあって

お家ではラジオを聴く時間が増えました。

青森に住んでいるのですから、地域の情報を得るには

地元の放送局を聴くべきところでしょうけれど

子どものころからの習慣で

札幌のSTVラジオを聴いています。

そして、いつのころからか

「STVラジオ今月の推薦曲」というのがあって

1月の歌を紹介するCMで…

♪冬は寒いけど

       頬をくっつけて眠ろう…♪

という歌詞の歌が流れています。

もちろん、歌はまだ続くのですが

この辺りから曲紹介のアナウンスが入ってきます。

優しい女性の声で

とっても惹かれるメロディーと歌詞です。

ですから、アナウンサーの方の声が入ってきても

知らず知らずのうちに歌の方に意識がいっちゃいます。
(そのくせ歌詞を覚えてはいないのですが…)

曲のタイトルや歌っている方を紹介しているのに…

どちらもいまだに分からないままです。

次は…って思うのですが、CMは不意に流れるので

つい歌に聴き入っちゃいます。

今日は30日…

あと何回チャンスがあるか分かりませんが

しっかりメモを取らなきゃ…

そして、この歌を1曲丸ごと聴いてみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アーケードをぶらりぶらり

昨日も1日雪でした。

夕方からお仕事だったので

少し早めにお家を出て街をぶらぶら…

Dsc00058 中心市街地でも歩道と道路の間には

人の背丈ほどの雪が積まれてます。

閉所恐怖症ではありませんが

狭いところが苦手なボクにとっては…

かなりの圧迫感を感じます。

この日は

みなさん、お家の雪かきもさることながら

家族・ご近所(?)・会社の人たち総出で

屋根の雪下ろしをしている姿をあちこちでみかけました。

Dsc00053 アーケードがかかっている商店街でも

Dsc00054 アーケードの雪下ろしをしていました。

上と下とで声を掛け合いながら…

これ全部やるのであれば、1日では終わらないのでしょうね。

そして、アーケードの上を眺めながら歩いていると

Dsc00059 おやっ?

左手の梯子を使って上ることができるのは知っていましたが

上の橋のようなのは何なのでしょう…?

この橋はここだけでなくって

Dsc00060 すぐ近くでもうひとつみかけました。

橋の下にコンクリートの出っ張りがあるので

それを跨ぐための橋のようですが

あの出っ張りはなんでしょうねぇ~

アーケードの天井部分とつながっているみたいです。

まぁ、それにしても

ここもまた雪がすごいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おやつのおすそわけ

金曜日の午後はマッサージの日です。

イデデェ~っと足をバタバタさせることもありますが

約1時間、全身をほぐしてもらっています。

マッサージを受けると身体が軽くなった気がしますが…

こでが2、3日しかもたないのよねぇ~

さて、昨日はマッサージの先生から

お裾分けのおやつをいただきました。

Dsc00047 背景のピンクが毒々しいですが…

「五所川原(ごしょがわら)のパン屋さんなんだけれど

 お店の名前は…忘れちゃったぁ~」

って先生はおっしゃっていましたが

シールに書いてある「FRANDOLL」が名前なのでしょう。

なんでも、とっても人気のお店で

パンは午前中に行かないと手に入らないとか。

このお菓子もわざわざ予約をして購入したそうで

たいそう貴重なものをいただいちゃいました。

早速ビールのおつまみに…

甘いのですが、上にのってるクルミがいいですね。

北海道の士別(しべつ)市のお菓子屋さんに

もっとナッツ類がいっぱいのっかっている

似たようなのがあって

それが美味しくってすきなのですが

ふとそれを思い出すほどに美味しいです。

でも、1個しかないから大事に食べないと…

先生は

「前歯の差し歯が折れちゃいそうなくらい硬いから

 気をつけて食べないと…」

ほほぉ~「差し歯殺し」ですか。

ボクもだいぶ歯が弱ってきた感じはありますが

硬いの大好きです。

あらっ、もう食べ切っちゃったようです。

3口、4口だったでしょうか…

もう1つ、2ついただきたいところです。

そして、もうひとつ

Dsc00051 ポテトチップスもいただきました。

こちらも、只今先生お気に入りなのだそうです。

どこがいいのか力説されていましたが…

はははっ、すっかり忘れてしまいました。

まぁ、いただいてみればわかるでしょう。

今夜のビールのおともです。

愉しみぃ~

あっ、まだ夜明け前…気が早すぎですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

環境改善…なるかしら

腰にまだ不安を抱えつつも

毎朝の職場の雪片付けに復帰することにしました。

ただ、ダンプを駆使して

ガッ、ガッ~っとというまでにはいたらず

赤いスコップでササ~っとやっています。

今年は気温が低いので雪もサラサラで

スキーに行きたくなっちゃうくらいなのですが

雪片付けも腰への負担が少ないです。

しかも、おにゅうの長靴で足下も万全で

作業中、職場にいる若いお嬢さんに

「ぴかさんの長靴可愛いぃ~」

なんて2度もいわれたりたしもして…

決して履いている人が「可愛い」のではなく

あくまで長靴が「可愛い」ということなのですが

若いお嬢さんに「可愛い」などというコトバを向けられると

妙に照れてしまう「おじさん」であります。

一方、職場のなかは室内だというのに寒い、寒い…

ストーブ4台がフル可動で頑張っても

なかなか室温が上がりません。

ボクが仕事をしている部屋はせいぜい14、5℃です。

平成の御代に建てられたとはいうものの

何とまぁ熱効率の悪いことか…

そして、床が冷たいので足先が痛くなっちゃうので
(1階が無人なので2階の床が冷えちゃうのかしら…)

日に何回かは

ストーブに足をビタッとくっつけて暖めています。

この建物での冬は今季で3回目なのですが…

いよいよ今日の午後

新たなストーブ設置など環境改善を検討するべく

しかるべき部署の方が調査にきてくれることなりました。

3つある温度計は

なるべく気温の出ない場所に設置し直しましょう。

ただ、本気で寒い場所に設置しちゃうと3℃…

という具合になっちゃうので

ほどほどのところに…

そして、みんなで「とっても寒い」と訴えて

ダウンを着たまま仕事…

あっ、これは月曜日の午前は普通の光景でした。

あとは…

唇を紫色に塗ってみましょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

回転すしの作法…ってあります?

先週末、映画を観るために

コロナワールドへ行ったところ

ポイントカードが変更になるということで

その手続をすることになりました。

5作品観る分たまっていた映画のポイントは

そのままで新しいカードに更新できたのですが

施設全体のポイントについては

かつてはここに温泉施設があったので

少したまるとそこで使っていたのですが

温泉が営業をやめてからは

ただ、使うアテもなくたまっていくだけとなりました。

2000ポイントで映画が1本観られるそうなので

それを目指して1920ポイントまで到達したのに…

ポイントそのものが廃止となるそうなので

何かと引き換えなくてはならなくなりました。

映画以外に引き換えたい商品もないので…

施設内の「回転すし」の食券と交換しました。Dsc00031

4500円分あって3か月有効です。

はぁ、回転すしかぁ~

ひとりでは入りにくいんですけど…

何たって、子どものころを除くと

ほとんど行ったことがないのです。

いつだっかたか、「かっぱ寿司」に連れて行かれた程度…

勝手がよく分からないのです。

今ドキの回転すしって

お寿司ばかりでなくいろんなのが回っているのですよね。

しかも、1車線(?)じゃなくって

何車線にもなってお寿司が回ってるとか…

ヘンに周りを気にする性格なので

「作法」の分からない所は

かなりのプレッシャーになります。

でも、せっかくの食券を流してしまうのももったいないので…

「作法」をお勉強して

思い切ってどぉ~んといってみましょうか。

誰か巻き込んじゃおうかしら…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

おにゅうの長靴デビュー

今朝は久しぶりの雪の朝となりました。

ここのところの好天でぐんぐんと雪も解けて

今朝の新聞によれば、青森市の昨日の積雪は95㎝で

16日に129㎝あったので、34㎝も減っていたそうです。

たしかに、道路にはアスファルトがのぞいてましたからね。

さて、ボクはこれまで冬用の靴を持っていないので

年末から今シーズンは1足買おうかしら…

なんて思ってはいたのですが

ぐずぐずとしているうちに時間だけが経っちゃいました。

そして、今年になってから雪はとっても多いし

道路はつるつる滑るし

靴底が薄いせいか足先がとっても冷たくて

いよいよ心を決めて買いました、冬用の靴。

底が厚くって

裏にはイボイボがいっぱいあって滑らないぞって感じで

靴のなかはもこもこしていて暖かそうなの…

お店のPOPには「ブーツ」って書いてあったけれど

要は小洒落たゴム長…

津軽のコトバでは「長ケリ」というのかな?

ところが

これを買った翌日から雪がやんじゃったのよねぇ~

おにゅうの靴の活躍のチャンスがない…

10日ほどがすぎ、ようやく昨日の朝からちらちらと雪。

うれしいねぇ~うんと降れぇ~

なんて職場でいっていると

「ぴかさんは

 家の雪かきがないからそんなこといえるのよねぇ~」

たしかにそうなんだけれど…

せっかくの長靴を履いて外を歩きたいものね。

「雪がなくたって履けるじゃない」

そうかもしれないけれど…

白く積もった雪の上を

颯爽と(?)闊歩したいわけですよ、ねぇ。

今朝、ゴミを投げに外にでてみると

うん、うん、いい感じの積雪です。

ふふ…いよいよデビューです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

週末は映画館で

今週末は映画館に行こう!って決めていたので

お家に持ち込んだお仕事は

少しだけ睡眠時間を削って仕上げることにして…

「ロボジー」

「Always 三丁目の夕日'64 (2D)」

「サンザシの樹の下で」

「エンディングノート」

の4作品を観てきました。

邦画を2作品…というのは珍しいかな。

「Always」は初日ということもあって8割方埋まっていました。

このシリーズは人気ありますものねぇ~

ただ、普段あまり劇場に足を運ばない人が多いのでしょう

マナーが悪いというのか…

お家でテレビを観ている感覚なんだろうなぁ~

で、さすが人気シリーズ…

観客の心を揺さぶるツボを心得ているのでしょうね。

ただ、前2作にあった、「えっ!」と思わせる

そんなアイディアはなかったような気がしました。

その意味では、「ロボジー」は上手くやったかなぁ~

「サンザシの樹の下で」は

文化大革命期の中国を舞台にした悲恋物語。

監督のチャン・イーモウは

最近お金のかかった大作が多かったけれど

「初恋のきた道」を思い起こさせる作品でした。

時間があったらもう1回観たいです。

「初恋のきた道」のときもそうでしたが

2回目の方が泣けるように思うのです。

そして、もっとも感じるところが多かったのが

「エンディングノート」でした。Dsc00030

ガンを告知された監督のお父さんの

最期の数か月を綴ったドキュメント作品。

お父さんの生来の個性もあるのでしょうか…

真っ暗ではなく、どこか軽妙なタッチで描かれています。

家族とはいえここまで撮ってもいいのかなぁ…

という部分もありましたが

家族のこと、自分のこと…

とにかく色んなことを考えさせられました。

珍しくも

ちょっと結婚もしてみたくなったり…

そして、最期を迎えるその瞬(とき)

ボクの父親は20数年前に亡くなったのですが

ボク自身はその瞬に居合わすことができませんでした。

そんなこともあってか

スクリーンに描かれているものと

自分の頭にあった想いとがぐにゃぐにゃになって

ボロボロのズルズルに。

周りも似たような状況だったので

遠慮なく…

ボクが観た回は、5、6人ほどの観客で

しかも年齢層は高かったのですが

若い人にも是非観ていただきたい作品です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まぐろ丼の店「どん」のランチ

昨日は関東方面でも雪が降ったそうですね。

青森はここ数日はポカポカ陽気(言い過ぎかしら…)

皆さんお家の周りの行片付けから開放のようです。

とはいえ、雪片付け疲れの身体を癒す…

とはいかず

この時とばかりに今度は屋根の雪下ろしです。

あと2か月…雪まみれの生活は続きます。

さて、年明け早々にぎっくり腰をやっちゃったり

週末にもなんだかんだとお仕事が入るものですから

なかなか冬遊びができずにいます。

昨日はちょうどお昼時に所用で青森駅周辺にいたので

久~しぶりに

Dsc00024 まぐろ丼の店「どん」でランチです。
(安方1丁目11-1)

ここは冷凍ではなく生まぐろにこだわったお店で

しかも、ランチメニューは

Dsc00025 とってもお手頃価格なのです。

値段だけでいえば

そう、2倍以上しても不思議ではないですよね。

お店は、テーブル席が2つとカウンターが6席で

こぢんまちとしています。

何をいただこうかしら…

まぐろ丼にしようかと思いつつも

ころころ丼って何ですか?

「刻んだキュウリなんかが入って

 『ちらし』のような丼で、美味しいですよぉ~」

ふぅ~ん…

「イクラ好きの方にはお奨めです」

イクラからぁ~でも、まぐろだよなぁ~ここでは。

でも、訊いちゃったのでここは

ころころ丼くださぁ~い。

この後、お店の方とおしゃべりをしながら待つことに…

やっぱり話題は雪と雪片付けです。

そして、こちらが

Dsc00026 ころころ丼です。

それでは、いただきまぁ~す!

「お客さん、前にも来ました?」

えっ、ええ、昼に1回と夜にも1回…

「そうでしょぉ~思い出しましたよ」

という具合になり…

TVの取材があったとかという話になりまして

ころころ丼になかなか口をつけられない…

しばらくして

後ろのテーブル席のお客さんが帰ることになり

ようやく話の切れ目ができたところで

今だっ!

Dsc00028 ガツガツと頬ばります。

ごはんにゴマがかかっていて

その上にキュウリ、トビッコ、イクラ、そして主人公のまぐろが…

おやっ、ご飯がちょっとぉ…どうしたのでしょう。

この日は炊飯器の調子が悪かったのかしら。

それでもあっという間に完食、ふぅ~っ。

小鉢の煮物も美味しかったです。

まぐろをガツンといただくのであれば

やっぱり切り身が大きい

まぐろ丼の方が「食べた」感がありますね。

つぎは、まぐろ丼にしようかな。

ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シネマ名言集

昨日の通勤途中で立ち寄ったファミリーマートで

『TSUTAYA  365 シネマ名言集』

というのをいただきました。

最初は、『ショーシャンクの空に』から

「希望は良いものだよ。多分最高のものだ。

良いものは決して滅びない」

という言葉が選ばれています。

この作品いいよねぇ~

出所したモーガン・フリーマンが社会に適応できなくて

自殺を試みるものの…

「俺は生きる」って

人生の選択をするシーンが好きです。

また、韓国の映画『ラブストーリー』からは

「君を好きになること以外、僕には取り柄がないんだ」

という言葉…

いやぁ~ボクは背筋がざわぁ~っとなります。

こういうのは苦手だなぁ~

そして、黒澤明監督の『生きる』からは

「いや、わしは人を憎んでなんかいられない

わしには、そんな暇はない」

という言葉が選ばれています。

週末にこの作品を観てみよう…

そんな気持ちにさせる言葉だと思います。

ジャック・ブラックの『スクール・オブ・ロック』からは

「俺が消えてもロックしろ」だって。

この作品は劇場でも観たし、DVDでも観ました。

この言葉の記憶はありませんが

うん、うん、言っていそう…
(いやいや、そう言っているんですけどね)

ジャック・ブラックは好きな俳優さんです

『愛しのローズマリー』や『僕らのミライへ逆回転』…

そして『ホリディ』なんかもいいなぁ~

この冊子は

タダでもらっちゃっていいのかしら…

というほどに、ボクにとってはとても楽しいです。

また、この冊子には載っていませんでしたが

『インファナル・アフェア 終極無限』で

「運命は人を変えられるが、人は運命を変えられない」

というような台詞があったように記憶しています。
(『HERO』で始皇帝を演じていた俳優さんの台詞だったかと…)

『インファナル・アフェア』シリーズは、とっても好きな作品で

「あいにく、俺は警察だ」の台詞とともに

作品のテーマをぎゅっと凝縮したこの台詞は印象的です。

そして、ボク自身の毎日を顧みたときに

なるほど…そう思わされる言葉です。

それにしても…

この冊子に載っている作品はかなり観ているのだけれど

せっかくの名言を記憶していないものです。

もったいないことですね。

そして、映画には素敵な言葉が溢れていることを

改めて実感しています。

よしっ、週末は映画館に行こう…

| | コメント (5) | トラックバック (0)

北海道みやげ

1年に何度か青森と札幌とを往復するので

そのたびに何かお土産を買い求めます。

青森から札幌の家族へのお土産を探すときは

家族の嗜好というのもあって…

いつも苦労します。

年末の帰省のときのお土産では

「あおもり北彩館 アスパム店」で買い求めた

長谷川自然牧場の豚ロースの味噌漬け

がウケていました。

ここのところパッしなかったので嬉しいです。

一方、札幌でお土産をさがすとなると

あれもこれもと…

必要以上に買い求めたくなっちゃいます。

たとえば、白い恋人パークに行ったときも

白い恋人の缶とクッキーのストラップがあって

あら、お土産に面白いなぁ~なんて心揺さぶられましたが

そうはいっても、ボク自身が欲しいという訳でもないし

これをプレゼントする「誰」かが思い浮かぶこともなく…

さて、今回は帰りの荷物を少なくしたかったので

買い求めたのは

札幌タイムズスクエア~のCMで知られている

菓々舎の

Dsc09522 Dsc09994 「チーズクッキー 北海道100」と

「札幌タイムズスクエア チーズ」です。

こうしてみると…

贈る相手のことは考えず

ボクがチーズが好きだということで

衝動的に手にてしまった感は否めないところです。

クッキーは職場のお土産にしたので

ボクもご相伴できました。

しっかりチーズの風味があって美味しかったです。

つぎは…

Dsc09995 「Kita・ラスク」です。

ラスクが好きなもので…少し前から気になっていました。

やはり、贈る相手のことを考えていませんね。

このラスクはボクも食べたかったのでもう1箱買い

札幌の家族とともにいただきました。

1袋2枚入りで、朝食や昼食にはちょうどいいくらいです。

正直なところ…

お土産にしないで

もう1箱手を出したいくらいでした。

つぎはいつ北海道に…

ふふふ、来月ニセコでのスキーがありました。

ぎっくり腰大丈夫かな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つけそば なりや

去年の6月から夏にかけてハマっていた

Dsc00011 つけそば なりや緑3丁目8-7でお昼にしました。

この周辺には何軒ものラーメン屋があるので

ある意味では激戦地といえるでしょう。

ボクはここを含めて3か所お気に入りがあります。

さて、いつもはメニューに目をくれず

「ミックス」を注文していたのですが

今回は久しぶりなのでメニューを見てみると…

Dsc00012_2 ミックスの隣に新メニュー

バラチャーシューなんてのがありました。

新しモノが好きなものですから

迷わずこちらの新メニューを注文です。

久しぶりなので店内をキョロキョロ見回すと

Dsc00013 あらっ、こんなのもありましたか。

こちらも美味しそうですね。

次回は…と思いますが

やはり、つけそばを注文しちゃうかしら。

そうこうしているうちに

Dsc00014 バラチャーシューが登場です。

うわっ、チャーシューが1、2…6枚ものっています。

ボリュームありそう…

Dsc00015 スープがしみこんだ

ネギやチャーシューといった具をレンゲですくい

白いご飯にかけたらどんなに美味しいか…

つい想像しちゃうのですが

230gの並盛の麺でもあましそうになるので

半ライスを注文することはとてもできません。

でもいつかやってみたいんだよなぁ~

ボクはこれに一味と少し酢を加えて

いただきまぁ~す!

ここの麺はモチッとしていて

また麺とスープ・具との絡まり方もちょうどよく

とっても美味しくいただけます。

最後に、シメの「スープ割」をいただいて

ごちそうさまでした。

いやぁ~お腹一杯です。

腹ごなしの運動をしなきゃ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと入店できたのに…-海坊厨

今日ものっつのっつと雪が降っています。

いつまで続くのでしょうねぇ~

近所のおうちの氷柱が…

Dsc00008 1階の窓近くまで伸びています。

これが落ちてきた危ないですね。

さて、もうかれこれ1年ほど前になるでしょうか。

マッサージの先生から

「美味しいよぉ~」って教えてもらっていた

Dsc09996 海坊厨(うみぼうず 青森県青森市古川1丁目19−14)に行きました。

これまでの何度か足を運んでいたのですが

お休みの日であったり…

開店時間を間違えたり…

なかなかお店に入るまでには至りませんでした。

この日はランチをいただきに

11時半過ぎにうかがい

Dsc00007 Dsc00001 念願の入店に成功しました!

しかも一番乗りでした。

Dsc09998 ですからこのときはほかのお客さんはいませんが…

12時を過ぎたらあっという間に満席でした。

すごい人気店なのですね。

マッサージの先生から

「オムライスが人気だけれど海坊厨丼がお奨めよ」

っていわれていたので

外のメニューでみた「骨付きマグロの中落丼」に

心を揺さぶられながらも「海坊厨丼」を注文です。

「お魚は生と炙りどちらにしますか?」

そりゃぁ~もちろん「生」でお願いします。

で、しばらくして出てきたのが

Dsc00005 こちらです。

これって…炙ってる?

思わず口をついたところ

ウェイトレスさんが振り返り、テーブルの伝標を確認…

「申し訳ございませぇ~ん」

作ちゃったし、ボクもつぎの予定もあったので

まぁ、いいですよ。

という訳で、生ではなく炙りをいただきました。

う~ん、やっとお店に入ったのに…

やはり相性が悪いのかしら。

そして、帰りにレジでの支払いに行ったとき

「お味の方はいかがだったでしょうか?」

お味…?

それ以前に注文したものが出なかったのだから

こんな質問をする前にいうべきコトバがあるのでは?

と思いながらも

とっても美味しかったですよ。

まぁ、美味しかったのは間違いないので…

機会があればまた行ってみたいと思っています。

今回は…

そのための「理由づけ」だと考えることにしましょう。

ごちそうさまでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

毎日雪ですねぇ~

部屋の窓から外をのぞいてみると…

Dsc09991 すでに3分の1ほど雪で埋もれています。

さすが青森!…雪が多いですねぇ~

地元の新聞も連日大雪関係の記事を載せています。

道路も国道はしっかり除雪されているのでしょうけれど

ボクが通勤で使っているような道は

Dsc09524 Dsc09990 車が譲り合って…

しかも歩道の除雪が十分ではないので

歩行者も道路を歩くことになります。

さらに

歩道と道路との間に高~く雪が積もっているので

歩道は死角になるといいますか

道路側からみえないので

いろんな意味で危険だと思います。

そろそろ子どもたちの冬休みも終わるのかしら…

せめて通学路の除排雪だけは

しっかりやって欲しいものですね。
(あっ、センター試験もそろそろかな…?)

そして、今年は寒いようにも感じます。

今朝の新聞によれば…

「青森で氷点下10,1度 各地で今季の最低気温」

だそうで

青森が-10℃を下回ったのは11年振りだとか。

ただ、寒いおかげで

降る雪の雪質はいつになくいい感じなので

ウィンタースポーツを愉しむにはいいでしょうね。

Dsc09526ボクの職場もすっかり冷え込んで

毎朝室温が低くって

この日も4℃…

ストーブ3台をガンガン焚いても

せいぜい17、8℃止まりです。

夏はなぁ~んにもしなくたって34℃になるのに

冬は一生懸命努力してもこんな程度です。

ボクは3日前に「ぎっくり腰」やっちゃったものだから

朝の雪片付けを免除してもらっています。

これは何とも心苦しいところです。

来週からはボチボチと…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「白い恋人」工場見学

白い恋人パークでは

「白い恋人」の製造ラインが公開されていました。

それでは

Dsc09444 入館パスポートを片手に行ってみましょう。

工場見学なんて久しぶりです。

見学できる部分は

クッキーとチョコをサンドするゾーン

できたものを冷やすゾーン、そして包装室の3つで

Dsc09418 壁の装飾は見学者を意識したもなのでしょう。

最初は、サンドのゾーンです。

Dsc09414 Dsc09413 白い服を着た人が

ラインにホワイトチョコレートを送り込むと

自動的にクッキーの上にのっかて

その上にまたクッキーがのせられます。

ここで、形としては白い恋人ができます。

さらに、つぎのラインでは…

Dsc09417 約10分かけて6℃まで冷やされます。

写真は、右から左に

冷やされた「白い恋人」が出てきたところです。

そうして

Dsc09420 包装のラインに行って

いよいよ

Dsc09427 「白い恋人」の完成です。

ここで知ったことなのですが

パッケージにある山なんですけどね

ヨーロッパの…

アルプスの山じゃないかと思い込んでいたのですが

違ったんですねぇ~

あの山は「利尻富士」として知られる利尻山なのだそうです。

さすがは北海道銘菓!

パッケージもしっかり北海道だったのですね。

ボクがこうして工場見学をしている間

姪っ子さんは

Dsc09439 体験工房でお菓子づくりに励んでおりまして…

どうやらまだしばらくかかりそうなので

向かいのラウンジでひと休み…

ガツンと甘いところで

Dsc09446 白い恋人パフェをいただきました。

中央の「厚揚げ」みたいのはバームクーヘンで

しかも

白い恋人が2枚も突き刺さっているパフェなんて…

ここでしかいただけないですよね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

白い恋人パーク

少し長めの冬休みも終わり

青森へ戻ってきました。

頭のなかも切り替えて、日々の生活に戻ろうと…

早速、昨日の朝に「ぎっくり腰」をやっちゃいました。

しばらくは、おとなしくしてなきゃなりません。

さて、札幌滞在の最終日には

Dsc09403 Dsc09480_045 Dsc09433 石屋製菓「白い恋人パーク」に行きました。

とぉ~っても広い敷地にあって

すぐ向かい側にはスポンサーになっている

コンサドーレ札幌の練習グラウンドがあります。

つくづくと…

白い恋人って大ヒット商品なんだなぁ~って

実感します。

Dsc09404 館内の見学コースには

石屋製菓の歴史をつづったコーナーがあったり
(不祥事も隠さず記録しているのは、エライ、エライ…)

チョコレートに関するコレクションが展示されています。

Dsc09429 Dsc09431 とくに、こちらの陶板画

Dsc09436 「チョコレートを運ぶ娘」は

現存しているものが非常に少なくて

とても貴重な作品なのだそうです。

また、からくり時計塔では

Dsc09401 正時ごとに

チョコレートカーニバルというのがありまして

Dsc09455 ボクたちは2回見ることになりまして

姪っ子さんは

Dsc09470_045 シャボン玉には喜んでいたようですが

カーニバル自体にはほどんど関心を示しませんでした。

見学コースには工場見学もありまして

「白い恋人」の製造工程を見ることができます。

これは面白そう…

では、次はそちらに向かいましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

夕張・メロンくま

札幌駅から大通公園の方向へ向かう

地下歩行空間をぶらぶらと歩いていると

男性の元気な声が聞こえてきたので

ふらぁ~っと近づいてみると…

Dsc09305 ジャ~ン…

夕張からやってきたメロンくまが札幌に登場!

そういえば去年の秋には

札幌でヒグマがずいぶんと目撃されましたね。

きっと今は冬眠中なのでしょうが…

今度はメロンくまが出没です。

この時は午前10時過ぎだったのですが

午後に再びここを通ってみた時には

Dsc09307 Dsc09308 仲間がひとり増えてました。

しかも、取り巻くギャラリーもかなり多くなっています。

そして、記念撮影をパチリ、パチリ…

メロンぐまグッズも販売されておりまして

姪っ子に何かお土産でもないかしら…

Dsc09309 Dsc09310 お絵描き用に「じゆうちょう」を買いました。

怖がっちゃうかしら…

さぁ、存分にお絵描きどうぞぉ~!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

箱根駅伝

「箱根駅伝」は新年の風物詩というところでしょうけれど

高校生のころまではまったく関心がなく

入学した大学が出場しているからという理由で

TV観戦するようになり…

かれこれ20年以上になります。

この間、母校は1度総合優勝したかしら。

ただ、ここ数年は2日に札幌から青森に移動して

3日は青森で初詣に行くことが多くなり

ゆっくりTV観戦したのは久しぶりです。

とはいえ、TVの前に「でん」と構えて観ることはできず

往路は5区の山登りを

お風呂に行ってそこのサウナで観るべく出掛けました。

はは、残念ながら

お風呂では別の番組が流れていたために
(前日はニューイヤーズ駅伝を中継してたのに…)

観ることができず…

母校がアレッ?という結果であったのを知ったのは

夕方のことでした。

復路もやはり落ち着いて観ることができず

途中で屋根の雪下ろしをしてました。

復路はとくに「繰り上げ」があるでしょ…

今回も、「繰り上げ」が迫る中継地の直前で

選手が転倒するシーンがありましたね。

ルールとはいえ

ああいうシーンを目にすると胸が詰まります。

いつも思うことですが…

襷をつなぐ10人全員が

100%の力を出し切ることって難しいんだなぁ~って。

それをうまく補えあったチームが

2日間の過酷な競走で上位成績を収めるのですね。

ボクの母校は何とかシード権を確保できました。

よかった、よかった…

いつか、現地で小旗を振って応援したいものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

おせちもいいけど…

じぃ~っとお家にいるのは退屈…

お家に居ることができないのは元日でもおなじで

かといってどこに行くというアテもないので

歩いて20分ほどの温泉で

Dsc09253 新年初お風呂です。

1年前がガラガラだったのですが

今年はお友達どうしでやってきた若い人や

おじいちゃんとお孫さんなど…

結構な賑わいをみせていました。

お風呂はいいもんねぇ~

じんわりと1時間半ほど湯浴みした後は

「湯冷め」しちゃうことを顧みず

初詣に向かうことにしました。

ただ、この辺りは土地勘がありません。

だいたいこっちだろうってところで歩いてみます。

雪に埋もれて真っ白な風景しかありませんが

まぁ、それなりに楽しいものです。

そして、そこで見つけたのが

Dsc09254 このお寿司屋さんの店前にあった看板です。

「天下の心をにぎる!」ってどんなのでしょう…

それでも、何だか気合いが入る感じはしますね。

いつか訪れてみたいお店です。

そう、小腹もすいてきました。

お昼をどこかでいただくことにしようかしら。

という思いでぶらぶらしていると

あらっ、お懐かしい…

Dsc09255 ぎょうざの「みよしの」ではありませんか。

よしっ、ここでお昼をいただくことにしましょう。

Dsc09256 Dsc09257_2 メニューはぎょうざとカレーが基本です。

高校生の頃は

部活動の後の帰り途で、ここのぎょうざカレーを食べて

お家に帰ってからも

夕ご飯をしっかり食べることができました。

今ではとても考えられないことですが…

かつてTVのCMで

「おせちもいいけどカレーもね」

なんていうのがありましたが…

お店はかなり混んでいて

カウンターは少し空いていますが

ボックス席に座るには待たなくてはなりません。

ちょっとびっくりです。

さて、ボクは定番メニューのひとつ

Dsc09258 ぎょうざ定食(\430)をいただきました。

Dsc09259 ぎょうざは6個です。

おっ、胡椒の味がずいぶんと強いなぁ~

青春の味もこんなだったのかしら…

隣のお兄さんは

ごはん大盛りでぎょうざ18個のジャンボ定食を

モリモリ食べています。

すご…

その一方で、とっても羨ましいです。

さぁ、腹拵えもすんだので

ここから歩いて1、2分の

小野幌神社で初詣です。

Dsc09262 ボクのばあい

どんなにささやかなことであっても

想いは叶わない…

という妙な確信があるものですから

頭のなかをからにしてパンパン…

今年は静かなお正月です。

あっ、今日から箱根駅伝ですね。

TVにかじりつきそう…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大晦日の過ごし方

明けましておめでとうざいます。

札幌はまずまず穏やかなお天気の元日です。

さて、昨日は大晦日。

子どものころは家族で

「男はつらいよ」を観てからお蕎麦を食べて…

これが大晦日の定番でした。

時間が経つにつれ…

もちろん、寅さんもボクの父も旅立っちゃったので

その「定番」もずぅ~っと過去のもの。

Dsc09238 それでも大晦日は

ひとりで映画を観に出掛け…

今年は「ニューイヤーズイブ」が見納めとなり

もう半月前から食べたかった

Dsc09246 Dsc09247 味噌ラーメンをようやく口にすることができました。

このお店、「よし乃」の味噌ラーメンは…

きっと一昨年の大晦日もいただいたはずです。

美味しいんですよぉ~ふふふ。

子どものころの「定番」ではないものの

まぁ似たようなことをやって過ごしています。

そして…1年最後の温泉は

Dsc09249 初めて訪れた

JR苗穂駅の目の前にある「蔵ノ湯」で2時間…

しっかりと茹でられてきました。

年越しは、久しぶりとなる

Dsc09250 音威子府の黒いおそばをいただいて

ボクの2011年の大晦日はゆる~い感じで過ぎてゆきました。

元日の朝は

いつもより少し遅めに目覚め

朝ご飯を食べ、コーヒー片手に新聞読んで

静かに動き出しました。

さて、そろそろ…

ご近所をパトロールしてこようかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »