« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

舞台挨拶があったのね

昨日の地元新聞の社会面に

映画「はやぶさ 遙かなる帰還」の

舞台挨拶が弘前であって

主演の渡辺謙さんや

「はやぶさ」でプロジェクトマネージャーを務めていた

川口淳一郎博士の写真が載っていました。

川口博士は弘前出身なのですよね。

自分が誰かに演じられるってどんな気持ちなのでしょう。

しかも…

「はやぶさ」の映画は3本もあるもんだから

3人の俳優さんが演じているわけでしょぉ~

お気に入り…なんてのもあるのかしら。

そして、その前日には

Dsc00404 青森でも舞台挨拶がありました。

この劇場にはしょっちゅう行っているのに…

あらぁ~知りませんでした。

ナマ渡辺謙を見てみたかったなぁ~

ハリウッドスターが青森に来ちゃったのですもの。

とっても残念…

舞台挨拶があったころ

ボクは「ドラゴンタトゥーの女」を観ていました。

きっと劇場はいつになく賑わっていたのでしょうね。

Dsc00402 翌日、「はやぶさ 遙かなる帰還」を観ましたが

はやぶさが帰還したのは

あらぁ~っ、ボクの誕生日でした!

自分の誕生日にあったできごとなのだから

覚えていてもよさそうなものですよね。

ただ、2010年のこの頃に青森で「はやぶさ」といえば

新幹線の新型車両「はやぶさ」の方かと…

ボクは鉄道ファンではありませんが、そんな気がします。

名前が発表されたのがちょうどこの頃ではなかったかしら。

それにしても

帰還してから2年で3本も映画が作られるとは…

素材や時機というところでは分からないではないけれど

もう少し物語を熟成させてから

映画化してもよかったんじゃないかしら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

渋滞の理由は?

昨日の午後

弘前方面から青森市内中心部へ向かって

国道7号をすぅ~っと車を走らせていたところ

古川(ふるかわ)の跨線橋のずいぶんと手前で

おっとっと…!

急に前方が詰まってしまいました。

平日の通勤時間帯に混むのは分かりますが

日曜日の昼間に…どうしちゃったのでしょう。

ラジオをつけてみたのですが

ボクが聴いた時間帯では情報はなし。

Dsc00411 方向転換してこの渋滞を回避する車もありますが…

急いではいないのでしばし渋滞にハマっていましょう。

車内に流れるラジオの番組も面白いしですし。

3車線あるうち

左の車線がスイスイ流れているので

きっと、右側の車線の車線減少で詰まっているのでしょう。

かれこれ30分ほど経ったでしょうか…

ようやくこの渋滞の先頭近くまでやってくると

Dsc00414 消防車の姿が目に入り

消防士の方々や付近を歩く人々は

右手の建物の方をみています。

そして

Dsc00417 警察も出ていまして

何だろう…事件? 事故?

渋滞の理由はやはり車線規制のようです。

対向車線の歩道側の車線を規制して

ボクがいる側の右側車線を1車線減らしてました。

さて、この渋滞の理由ですが…

今朝の新聞によりますと
(といっても、全国紙の地方版の記事ですが)

現在は空き店舗になっている建物の屋根の一部が

積もった雪の重みで陥落したそうです。

それで、倒壊の危険があったので

店舗前の道路が通行禁止になったのだとか。

あらっ、どの建物だったのでしょう。

そういえば…

夕張の美術館が雪の重みで倒壊したって

つい最近報じられたばかりですね。

今年の豪雪を象徴しているようです。

また、実際に

小屋などの倒壊の話はよく耳に目にする

そんな冬です。

そして、厚くつもった屋根の雪が

いまにも落ちそうになっているのを

あちらこちらで目にします。

ちょんとつっつくと…ドドド~ってなりそうです。

今週はいよいよ3月を迎えます。

少しづつでも寒さがゆるんでくると

より一層「屋根雪」雪崩の心配がありますね。

十分に気をつけなくてはいけません。

【追記①】

いやぁ~地元新聞の記事をみてビックリです。

大っきく1面トップで出てました。

Dsc00414_2 屋根の一部が陥没したのは○印の建物で

その後、倒壊の危険があるということで解体したそうです。

空いたままの建物は

雪下ろしなどなかなかしないですものね。

また、今朝聞いたところでは

あるスーパーの倉庫も雪の重さで屋根が陥没したとか…

青森は今もぐんぐんと雪が降っています。

【追記②】(3月4日)

たまたま通りかかったのでパチリとしました。

Dsc00465 全体を囲ってあるので

歩行者などへの支障はないようです。

ただ、これから先どうなるのでしょうね。

春になったら更地になるのでしょうか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昆布館でおみやげ探し

長万部から函館のフェリーターミナルへ向かう途中

七飯(ななえ)町にある

Dsc00340 Dsc00341 北海道昆布館(亀田郡七飯町字峠下32‐1)に立ち寄りました。

ここにはコンブミュージアムなどもあり

コンブに関するお勉強もできる施設ではありますが

関心は…

Dsc00348 こちらのマーケットゾーンでの

ショッピングに向けられます。

さまざまなコンブ製品がずらり…

Dsc00344 これは、昆布館のキャラクターでしょうか…

なんだかちょっと物憂げといいますか

寂しそうな表情ですね。

「いいの、ひとりにして…」なんて言いそうな…

そして、まず目をひいたのは

Dsc00346 昆布ソフトです。

なんでもソフトクリームになるものなんですねぇ~

早速ひとつ購入して

Dsc00350 とろろコンブやおぼろコンブの製造ラインを見物しながら

Dsc00347 ひと休みです。

うわぁ~しっかりコンブ味。

これはなかなか美味しいソフトクリームですよ。

さて、青森へ何かおみやげを…と

ぐるぐると歩いて買い求めたものは

Dsc00381 昆布館オリジナル

昆布de塩チョコレート

こちらは職場に持っていったので

Dsc00393 ボクにも振る舞われました。

コンブの風味はあまり感じられませんでしたが

塩の粒があってそこを噛むと

しょっぱぁ~、なるほど塩チョコです。

そして、お世話になっているマッサージの先生へは

パッケージが目にとまったこちらを選びました。

Dsc00375_2 Dsc00378 チーズオムレットなどで知られる

スナッフルスの

ラング・ド・シィー(がこめ昆布クッキー)

しかも、「函館限定商品」というのに

購買意欲をそそられちゃいました。

どんなクッキーなのでしょうねぇ~

気になるところではありますが

1枚おねだりする訳にもいかないのですよね…

そして、昆布館を出ようとしたときに

Dsc00351 これが目に飛び込んできたものですから

Dsc00396 がごめ男爵

最後に1個買ってみました。

「男爵」はもちろん「男爵いも」のことで

たしか、こちら道南(北海道南部)が発祥なんですよね。

これは…

ボクのビールのおつまみにしましょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

長万部はやっぱり「かにめし」

長万部といえば「かなやのかにめし」が有名で

ボクは札幌-函館間の列車

特急北斗で1年に1回ほどいただいています。

このときはスキー仲間のひとりが

おみやげに購入したいということで

Dsc00300 JR長万部駅へ…

駅舎に入りすぐ左手にキオスクがあって

なるほどぉ~

Dsc00301 「かにめし」は電話注文のようです。

ですから、できたてのホカホカがいただけるようです。

ボクの仲間は

翌日の朝に取りにくるということで1個予約をしてました。

そしてボク自身は

札幌に帰省の折にいただくこともできるし…

結果としてこの日の夕食でもいただいたので…

それほど「かにめし」に思いはありませんでした。

さて、いよいよ函館からフェリーで青森へ向かいます。

Dsc00361 かなり大っきな船で…

きっと、函館-青森間よりも

長距離をかつては航行していたのでしょうね。

船内には、現在はシャワーのみですが浴場もあり

さらには、広いレストランもあったようです。

レストランは現在

Dsc00367 「オートレストラン」となっていて

カップ麺の自販機や

レンジでチンする冷凍食品の自販機が並んでいます。

そして、そのなかに

Dsc00370 「かなやのかにめし」(\800)がいました!

あれれ、びっくりです。

ですから

Dsc00372 おみやげに買っちゃいました。

はは、「思いがない」なんてウソです…。

いつもいただく駅弁よりは2回りほど小さめです。

そして、箱のなかには

Dsc00389 こういう状態の「かにめし」がいました。

しかも、駅弁についている海苔の佃煮などはありません。

これをレンジで3分チンすると…

Dsc00392 ほかほかの「かにめし」のできあがりぃ~

長万部名物「かなやのかにめし」は

陸路でも海路でもいただけるのですね。

ごちそうさまでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

長万部温泉-その② 温泉と食事

おしゃまんべ温泉ホテルには

浴場が2つありまして

ひとつは2階の客室に並んでいて

Dsc00306 宿泊客専用の浴場でしょうか。

入り口は男女で分かれていますが

何というのでしょう…扉が別というだけで

そこから先はつながっています。

Dsc00327 混浴といいますか、家族風呂なんですね。

そして、もうひとつが1階にある大浴場です。

Dsc00331 Dsc00328 日帰り入浴もできるので

地元の方もここで温泉を愉しんでいます。

地元のテレビ局が作るドキュメント番組にでも

取り上げられそうな

レトロな雰囲気がなかなかいいです。

上の写真で丸く囲んだ部分は

Dsc00335 Dsc00329 今も現役の番台でした。

ですから、宿の大浴場というよりも

そもそもが銭湯で

そこに宿泊施設がくっついた…そんな感じです。

浴室をのぞいてみると

Dsc00333 ひょうたん型の浴槽があります。

写真はまだ入浴客がいない早朝に撮ったのですが

前日の夕方には多くのお客さんで賑わっていました。

お湯は、仕切られた浴槽の手前の小さい方が熱くって

奥の方がぬるめです。

お客さんのほとんどは

ぬるい方のお湯につかってます。

ボクが熱い方のお湯につかっていると

ぬるい方にいた常連の(?)おじさんが

「昔はどっちも熱かったんだけどなぁ~

 ここは熱いお湯がウリでそれを愉しみに来たもんだ」

っておっしゃっていました。

熱いといっても…

アチチィ~!って足先をつけることもできない

というのではなく

熱いお湯を得手としないボクでもくつろげましたよ。

さて、温泉で温まったあとは、お食事です。

食事は別室に用意されて

「準備ができましたよ~」といわれ行ってみると…

Dsc00317 おおおぉ~っ!

この品数は…ずいぶん多いですね。

ちょっと分かりにくいので

ひとり分はといいますと…

Dsc00316 こうなりまして

長万部の海の幸満載です。

そして、手前の空いたスペースには

Dsc00319 かに飯と天ぷらがやってきて

しかも、かに飯に加えて

Dsc00326 お櫃に「銀シャリ」もご用意されています。

はぁ~っ、すごいボリュームですよね。

なかでもメインとなるのは

Dsc00318 ひとり1パイの毛ガニでしょう。

ここを奨めてくれた方によりますと

かつてはこのサイズの毛がにが2ハイついたそうです。

奥で、シャケとエビがX印を作っているなんて…

なかなかお目にかかれない光景です。

これを平らげるのはなかなか…

そう、長万部のスーパーで

Dsc00325 サッポロビールの「冬物語」を発見!

ここ数年青森ではお目にかかることができなくって…

いやぁ~これもまた嬉しいものです。

美味しい食事とお酒でこの日も暮れていきました。

ウィンタースポーツを愉しむべく

北海道まで行ったのですが…

結局、太って帰ってくることになっちゃいました。

「スポーツ」だったのにいいんだろうか…

さてと、ダイエットに励むとしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

長万部温泉-その① まんべくん

ニセコで2日半のスキーを愉しんだ後は

函館方面に車で移動すること約2時間

長万部(おしゃまんべ)温泉郷にやってきました。

何軒もの温泉宿があるなか

投宿したのは

Dsc00303 おやまんべ温泉ホテル(長万部町温泉町402番地)です。

仲間のひとりが何度かここに宿泊したことがある

お奨めのお宿です。

「お奨め」の理由は、まぁ、それは後ほどということで…

玄関では

Dsc00338 おっきな犬がデンと…

これは帰るときのシーンでしたが

ボクはお犬様がかなり苦手でありまして…

「ウチの犬は絶対に吠えないから大丈夫よぉ~」

っていわれたお犬様に何度吠えられたことでしょう。

お犬様がカサッって動くのに

ドッキッ!としながら靴を履いて

恐るおそるお犬様に近づいて1枚パチリ…ふぅぅ~

ボクたちは2階のお部屋に通されました。

Dsc00305 お部屋もそうですが

全体的な雰囲気は…

そうですね、「寅さん」が泊まっていそうな感じです。

ここまででは「お奨め」ってなんでしょう…

そんな疑問がわいてきますねぇ~

さて、宿をうろうろしていると…

Dsc00304 まんべくん…?

長万部町の「ゆるキャラ」と書いてありますが

ちょっと不気味なポスター…

長万部といえば

駅弁の「かにめし」と

由利徹さんのギャク「おしゃ、まんべ…」
(文字に起こすと味気なくって、面白さが伝わらないね…)

くらいしかイメージできなかったのですが

新キャラ登場ですね。

手はカニで、耳はきっとホタテでしょう。

で、頭の部分はヒトデ…ってことはないですよね。

何でしょうね。

そして、もちろん

Dsc00337 キャラクターグッズも売っています。

ポスターに描かれている

背景や子どもたちの泣き出しそうな表情がなければ

それなりに可愛い…ですよね。

さて、温泉にやってきたのですから

温泉につかり、そしてお食事…

「お奨め」の謎を解く鍵はこの辺りにありそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

1年ぶりのニセコです

木曜日の晩に青森を発ち

Dsc00255 Dsc00257 毎年恒例となっている

北海道のニセコにスキーにきています。

ボクは去年は「ごんじゅ肩」で不参加だったので

1年振りのニセコとなります。

今日で2日目になりますが

初日は風雪がすごかったのもそうですが

毎年のこととはいえ

夜中の移動でしたからねぇ~

早めの切り上げで…

あとは温泉と宴会…ということになりました。

ボクは気にはしていたものの

やはり腰が痛くなり

湿布を貼って寝たのですが

腰が痛くって寝返りができないほどです。

はは…

さて、今日は

Dsc00270 期待のもてる朝を迎えましたが

朝食のときに宿の方から

「今日は大雪ですよ」

そ、そうなの…

まぁ、お天気ばかりはどうになりませんからね。

ところが、実際のお天気はといえば

Dsc00285 昨日はまぁ~ったく見えなかった

北海道の名峰羊蹄山(ようていざん)

まずまず笑顔で顔を出してくれました。

もちろん、山のお天気ですから

強い風が吹くようなこともありましたが

Dsc00291 Dsc00288 コンディションはまずまずです。

ですから…

パウダースノーを巻き上げて…

というほど恰好はよくないかもしれませんが

朝一番から気も~ちよくスキーを愉しめました。

ほぉ~んと、頑張っちゃいました。

ただ、普段運動不足なのは折り紙つきでありまして

太ももの筋肉がぷるぷると…

そんなことで、午後はもうボロボロです。

もう、アンヨの抑えがまったくきかなくなりました。

なんとも情けないものです。

明日も半日スキーです。

たぶん今シーズン最後となるのでしょうから

目一杯愉しまなきゃ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪バテ…なるほどぉ~

昨日の朝のラジオ番組で「夏バテ」ならぬ

雪バテ

ひょっとしたら「冬バテ」だったかもしれませんが
(朝はバタバタとしながら聴いているもので…)

そのような表現がありました。

いやいや、本当に今年の雪国の冬は

みなさん「雪バテ」だったことでしょう。

言い得て妙の表現ですね。

雪かきで大変…

歩くのも車の運転するのも大変…

心身ともにバテバテですものねぇ。

そして、最近はインフルエンザが流行しているようで

これまた大変…

もちろん、夏の暑いのも大変ですが

こちらの夏は「暑い、暑い…」っていって

大変な日も続きますが数週間…

何とかかんとかやり過ごしてます。

冬は3か月は続いちゃうし

しかも、今年のようにこう雪が多いと

ある面では「闘い」でもあるのかしら。

また、夏は食欲がなくなったり

頭がいつも以上にぼぉ~っとして…

ボクのなばあい眠れなくなるのが何より辛いです。

一方の「雪バテ」のばあいは

身体が疲れちゃっているのでよく眠れます。

しかも、この時期は食べるものが美味しくって

ややもすると太っちゃいます。

それでも身体はクタクタでバテバテ…

ゆ~っくり温泉に入って

できればマッサージで全身をほぐしてもらって…

のんびりしたいところですよね。

先週もそうでしたが

今週も週の初めは暖かく穏やかでしたが

今日はまた雪がのっつのっつと…

それでも、先月の雪とは少し違って「内地の雪」かな。

もう少し、もう少しで「雪バテ」からも開放されますよね。

きっと…

さて、ボクは今夜北海道へ向かいます。

こちらは「親雪」とでもいうべきでしょうか

毎年恒例の親しい仲間とのスキーです。

昨年は「ごんじゅ肩」で参加できなかったので

今年は思いっきり愉しむぞ!って思いつつも…

年の初めのギックリ腰が少し心配でもあります。

ただ、4月からのあれやこれやも今日ほぼケリがついたので

心は晴れ晴れです。

「雪バテ」だってなんのその…です。

ただ、今朝のラジオの星占いで

「ふたご座さんは ギックリ腰に注意」

とあったので、行動は慎重にしなきゃいけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「もしイタ」を観たっ!

このあいだの日曜日には

Dsc00130_070 中央市民センターでイベントがあり

午後からは

Dsc00144_070 青森中央高校演劇部による

もしイタ」の上演がありました。

この日は休日出勤で

市民センターのすぐ近くにいたものですから

一応、上司にかけあってみたころ

「私は前に観ているので…

 みなさん、是非観に行ってくださ~い。

 でも、終わったらすぐに戻ってきてください。」

まぁ…なんて寛大だこと。

とはいえ、午前中はバタバタと忙しく

お昼ごはんのカレーもガッガッとかきこんで…

会場に飛び込んだのは開演10分前でした。

ほぼ満席…

それでも、端っこに空いていた席があったので

そこに座ることができました。

予想通りの大盛況です。

Img_040 Img_0001_040高校生の演劇、いや、「演劇を観る」ということ自体が

ほとんどなかったのでワクワクです。

上演が始まると

笑って、泣いて…

あっという間の1時間です。

照明も小道具などはまったくなく

すべてを舞台にいる高校生たちがやっています。

そして、所狭しと駆け回る若い人たちの姿を目にして

おじさんは、ビシビシビシと「青春ビーム」を頂戴しましたよ。

震災で家族やお友達を失い

青森に転校してきた少年が主人公で…

とても重たいテーマだと思うのですが

それが、「イタコ」が登場しちゃって

ある意味で現実的なものから離れちゃうからでしょうか…

逆に正面から向き合えるのかなぁって思いました。

最後に言っていましたが

オリジナルのメンバーでの公演はこの日が最後とか。

そして

来月には山口県でも上演をするそうです。

「もしイタ」は多くの人に観てもらいたいです。

震災からもうすぐ1年…

とってもいい演劇を観ることができました。

ありがとうございます。

また、機会があったら

新しいメンバーによる「もしイタ」も観てみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪雪の影響で-弘前城雪燈籠まつり・その2

今朝の新聞地方欄に目をやると

弘前城雪灯籠まつりの記事が載っていて

その見出しに「雪見るのも嫌?」とありました。

おまつりの人出が昨年比33%減ったそうで

その理由として、今年の豪雪で「雪を見るのも嫌だ」

という人が増えた影響というもあるのでは?とありました。

このほかには

弘前方面に向かう列車が運休になりやすいので

往復の足が心配で…ということもあるのではないかしら。

さて、真相はいかに…?

おまつりの会場では

Dsc00224_045 雪が舞うなかステージイベントがあり

ボクが着いたときはちょうど抽選会をやってました。

露店も出ていまして

Dsc00235_045 おでんと熱燗で一杯…そんな気分です。

今年の大雪像は

Dsc00228_045 旧弘前図書館です。

たまたま昨日仕事で読んだものに書いてありましたが

この図書館は…

日露戦争で利益を得た、堀江佐吉などの篤志家によって建設され
(堀江佐吉は弘前出身の建築家で、洋風建築を多く手がけました)

弘前市に寄附をしたのだとか。

写真では分かりませんが

窓枠が内側に曲がっている部分がありました。

そういうデザインだったんだぁ~

なんて、とっても単純に理解してました。

どうやら違ったようです。

聞いた話ですが、やんちゃした人がいたそうで

逮捕された?…のかしら。

帰りのルートには

Dsc00236_045 津軽錦絵大回廊

というのがありました。

Dsc00240_040 Dsc00239_045 これは「弘前ねぷた」の絵ですね。

「たか丸くん」もいるということは…

去年の夏のものなのでしょうか。

そして、ふと目にとまったのが

Dsc00198_045 こちらのシダレザクラです。

新聞で報道されていた

雪の重みで倒れたというものではないかしら

この冬の豪雪の影響がここにもありました。

再生するのかしら…

ちょうど去年の春に撮影した写真がありました(多分…)

Dsc00856_045 見事ですねぇ~

すぐにとはいかないのでしょうけれど

またいつの日にかピンクの花をつけて欲しいですね。

頑張れぇ~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

弘前城雪燈籠まつり

昨日は今年初めて弘前へ出向き…

道中、時折地吹雪に襲われる場面もありましたが

安全運転で弘前に到着。

Dsc00178_045_3 Dsc00179_045_2 弘前城雪燈籠まつりにやってきました。

雪灯籠というくらいですから

夜がよりいいのでしょうけれど

Dsc00183_045 昼間でも結構の人出でしたよ。

ただ、この日は寒くって…

あったか長靴に手袋はいて

しっかり「まかなった」積もりではありましたが

帽子…これを忘れていました。

頭がスースー、ピューピューです。

弘前公園周辺に足を運ぶときは

いつもは市役所の駐車場に車を停めるのですが

混んでいるだろうとの「ヨミ」で

少し離れたところに車を停めてぶらぶらと

あっちこっちにひっかかりながら歩いてきました。

そこで感じたのですが…

街行く人々に、もちろん観光の方もいたでしょうけれど

「長靴」を履いている人の姿が非常に少ないのです。

おなじ津軽でも青森とは違いますねぇ~

やっぱり降る雪の量の違いによるのでしょうか。

ともかく、「長靴度」は青森の方が高いようです。

「長靴の似合うまち・青森」

なんていうのはいかがでしょう…

さて、おまつりの会場には

Dsc00187_045 その名の通りの灯籠ばかりでなく

Dsc00193_045 ちょっと眠たいガチャピン(?)

Dsc00201_045 可哀想なくらいに寒そうなキューピーちゃんもいて

Dsc00195_045 さらには弘前名物「いがめんち」の雪像もありました。
(食べたことありませんが…)

弘前公園のシンボル天守も

Dsc00204_045 Dsc00242_045 すっかり雪に覆われています。

春の桜とのコンビもいいですが

雪景色の天守もなかなかだと思います。

ここから本丸の方へと進んでいき…

お天気がよければ

Dsc00212_045 ここから岩木山が望むことができるのですが…

木々の下の方にぽこっぽこっとしたのがありますが

夕方になるとこれに灯が灯るのだそうです。

また、こちらの

Dsc00215_045 北の郭(?)も灯りが灯されると

Dsc00214_045 こんな風になるようです。

このほかにもそこここに灯りが灯り、夜になると

幻想的な雰囲気に包まれた公園になるのでしょうね。

これは…

是非とも夜に訪れてみたいところです。

だんだんと寒さが身体に浸みてきましたが

せっかくなので

大雪像のある方へ向かうことにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「もしイタ」が観たいっ!

職場のすぐそばに

Dsc00129 中央市民センターがあります。

この辺りはプールや小中高等学校があり

さらには世界的板画家棟方志功の記念館もあります。

まぁ、ちょっとした文教地区といえるでしょうか。

中央市民センターでは

さまさまな教室が催されるほか

昭和20年7月の青森空襲の資料室

さらには目玉であるプラネタリウムを備えた施設で…

建てられてから、40年以上経っているのではないでしょうか。

そんなこともあってか…

4月から半年間耐震補強工事のため休館になります

そんな中央市民センターで、この週末イベントがあります。

Dsc00073_3

「体験講座」で定員がある催しは

広報の2月1日の広報に募集の案内がでていました。

クイズラリーがあったりして

全体的に子ども向けの催しが多い感じでもありますが

ちらりと耳にしたところでは「うたごえ喫茶」が人気とか…

こちらは年齢層が想像できますね。

国際芸術センターもイベントをするようですし

国際交流広場ではカレーを振る舞う(?)のかしら。

どんなカレーなのでしょうねぇ~

国際交流ということだから…ちょっと気になるところです。

さて、これらのなかでボクがいちばん興味があるのは

青森中央高等学校演劇部の

「もしイタ~もし高校野球の女子マネージャーが

                 青森の『イタコ』を呼んだら」

です。

このお芝居は、東日本大震災による

被災地の方々の応援のために作られたもので

これまで気仙沼市など被災地で公演があったそうです。

青森市内でも何度か公演がありましたが

なかなか時間がなくって観るチャンスがありませんでした。

これはとってもいい機会です。

しかも、11日は偶然にも…朝から職場にいるのです。

上演はちょうど空いている時間帯になりそうですし
(うまくすればボクのお昼休みをここにあてることも…)

市民センターは歩いて2、3分のところなので

「もしイタ」の時間だけ職場を抜け出して…

観に行ってしまいましょうか。

よしっ、上司に交渉してみよ…ダメかなぁ~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

新鰺ヶ沢名物・ヒラメのヅケ丼

今回の鰺ヶ沢行の目的は

Dsc00092 ここ、グランメール山海荘に併設された

お食事処 鰊番屋で

Dsc00106 ヒラメのヅケ丼をいただくことでした。

JAFの機関誌『JAF Mate』についていた

青森支部のチラシでヅケ丼のことを知りまして

そこのクーポン券を握りしめてやってきたのです。

ヅケ丼は、この幟のあるお店が目印で

チラシには9店舗のクーポンがついていました。

ボクがここを選んだのは…とくに理由はありません。

Dsc00095 ここは、かつての鰊番屋を再現したそうで

3年ほど前に訪れたときは

テーブル席はなくて、すべてがお座敷になっていました。

お店の人の話では最近テーブルにしたそうで

とくに年配の方は「お座り」よりも椅子席の方が

「あずまし」くお食事を愉しめるのかもしれませんね。

そして、もちろん

Dsc00099 ここでも「わさおグッツ」が販売されています。

さて、お昼のメニューは

Dsc00097_2 6種類ありまして

鰊番屋よろしく「鰊定食」もありますが

ここは迷わず「平目漬けダブル丼」を注文して

車の中でチョキチョキした

コーヒーが付くというクーポン券を「はいっ!」

それにしても…

ヒラメって淡泊な味でしょぉ~

これをヅケにするとどうなるのでしょうねぇ~と

考えながらしばらく待っておりますと

Dsc00102 出てきましたよぉ~

ヅケ丼がふたつあるのは

ひとつを土瓶の「めかぶ茶」でお茶漬けでもどうぞ

ということでした。

ではまず

Dsc00103 そのままいただきましょう。

大きくひと口パクリ…あれっ、大葉の味。

ふた口目は大葉をよけていただくと

ほのかぁ~に、ヒラメの甘みが伝わってきます。

そしておつぎは

Dsc00105 お茶漬けをいただきましょう。

ふふ…これれは美味しいですねぇ~

めかぶ茶のお出汁がとっても合います。

土瓶のお出汁をお猪口で飲んでみたところ

さすがに「飲む」にはしょっぱいですが

おかわりしたいくらいのいい味のお出汁です。

お茶碗2つに、お蕎麦までついて…

もうお腹一杯、満腹です。

このときは、後で

チキンボーを食べることなどまぁ~ったく考えてません。

このヒラメのヅケ丼は

お店ごとに特色があるようなので

まぁ、年に1、2回しか鰺ヶ沢を訪れることはありませんが

幟を目印に、食べ歩いてみたいものです。

ごちそうさまでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

赤い靴の女の子

鰺ヶ沢にやってきたので

「海の駅わんど」にも寄ってみることにしました。

入り口を入ったところでは

Dsc00116 あじっぴー…?がお出迎えです。

鰺ヶ沢にもご当地キャラがいたのですね。

これって、白神山地のクマゲラがモチーフなのかしら。

そして、あじっぴーとならんで

もしかしたらこっちの方が有名(?)なのは

あじっぴーの後ろにポスターがはってある

Dsc00114 わさおでしょう。

今や、鰺ヶ沢といえば…という存在ですものね。

いろんな関連グッズもあるし

なんたって

薬師丸ひろ子さんと共演のムービースターなんだもの。

薬師丸さんと共演といえば…

高倉健さん(「野生の証明」)に、松田優作さん(「探偵物語」)

今公開の「ALWAYS」では堤真一さんでしょぉ~

わさおは、そうそうたる役者さんと肩を並べているのですね。

Dsc00115 で…これは「ハコワサ」といいまして

映画の撮影のときに、スターわさおになり代わり

カメラアングルの確認などに使われたのだそうです。

そして、外にも

Dsc00112 ライオン丸っぽいけれども

これもきっと、さわおなのでしょう。

さらには、記念写真撮影スポットもご用意されていまして

Dsc00109 わさおがお母さんと出会った場所とか。

で…ここのすぐ隣に

Dsc00110 赤い靴を履いた女の子と

その両親の像がありました。

赤い帽子を被っていたので、遠くから目に入ったときは

お地蔵さま…?って勘違いです。

台座には

♪赤い靴~ はいてたぁ~ 女の子ぉ~♪

と童謡「赤い靴」の歌詞が刻まれていました。

えっ…何で?

クエスチョンマークが頭のなかをぐ~るぐるです。

もしや、この女の子は鰺ヶ沢の子?

だったら、津軽弁しゃべってた…

などといらないことを考えたりもしてました。

翌日、職場の人に訊いてみても誰も知らないし…

こういうときに、ネットというのは便利なもので

「鰺ヶ沢 赤い靴」で検索してみると

ふぅ~ん、この女の子はきみちゃんっていうんだ…

そして、歌詞のように外国にいっちゃのではなくて

両親と離ればなれのまま
(両親は晩年北海道の小樽で過ごしたとか…)

東京の孤児院で9歳で亡くなったそうです。

童謡の歌詞もなんだか寂しい感じはありますが…

実話の部分も悲しいものだったのですね。

きみちゃんの像はゆかりの地7か所にあって

鰺ヶ沢は、義父の鈴木志郎さんの出身地なのだそうです。

像のある「道の駅わんど」の駐車場は

志郎さんの生家のすぐそばに位置しているとか。

なるほど

こんな物語があったんだ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鰺ヶ沢のソウルフード・チキンボー

お正月休みで札幌から戻ってきて以来

お天気もさることながら

お仕事がずぅ~っと忙しくなっちゃいまして

青森市外に出ることなく

カゴのなかのサルとして過ごしています。

昨日も3時に起きて

お家に持ち込んだお仕事をしてましたが…

もうガマンができないっ!

ということで、西遊記ではありませんが

西へ西へと車を走らせること2時間…

津軽のウエストコースト

日本海沿の町鰺ヶ沢(あじがさわ)までやってきました。

海は少し波立っていましたが

降雪もなく、まずまずのお天気です。

そして、ぐるぅ~っと辺りを見まわすと

「パル」って書いた大きな看板が目に入ったので

これをめがけて車を進ませることにすると…

JR鰺ヶ沢駅の方にでまして

「パル」(ショッピングセンターでした)の隣に

Dsc00122 でかでかと「舞の海」応援の看板があって

そして、うんっ?…チキンボー?

どこかで聞いたことがあるような、ないような…

するすると近づいてみると

Dsc00124 鰺ヶ沢のソウルフードだってぇ~

そして、こちらは

Dsc00120 「たこやき西海」というお店でした。

駅前にあるということは

学校帰りの学生さんたちが寄るようなお店なのでしょうね。

鰺ヶ沢の「青春の味」ってところでしょうか。

お昼をいただいたばかりでお腹一杯なのですが

中にいたおかあさんに

1本くださぁ~い!って言っちゃった…

オーダーメイドで、少々時間がかかりそうだったので

周りをキョキョロとしてみると

Dsc00123 あちらこちらに写真が貼ってありまして

あぁ~テレビの取材が来ていたのですね。

それで、ボクもなぁ~んとなく聞き覚えがあったのかな。

そして、5、6分でできあがりです。

マヨネーズもぬってもらい

Dsc00125 はいっ、これがチキンボーです。

20cm以上はあるかしら…結構大っきいですよ。

うすくのばした鶏肉に下味をつけて

鉛筆のように先を削った割り箸をさして

油で揚げたものでした。

はふはふしながらひと口ガブリッ!

昼食後のお腹には重たいですが

これは、おじさんのビールのお伴にはバッチリです。

居酒屋メニューにぜひ欲しいところです。

ごちそうさまでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

くるくる体験

ひとりは行きにくかった「回転すし」に

ようやく相棒をみつけたので

Dsc00064 行ってきましたよぉ~

お店の方が仕組みを教えてくださったので

何とかなるでしょう。

しららすきょろきょろ周りを見まわしていると

みなさん、回っているのは食べないのね。

なんだかもったいない気がします。

とはいえ、回っているのはずいぶん回っているのでしょう

ネタがすっかり乾いちゃってます。

しかも、シャリにネタをひょいとのせただけなので

回っているうちに

ネタが落ちちゃったりもしています。

これだと、なかなか手は出ません。

見本…という意味合いもあるのかしら。
(ロウで作ったサンプルではダメかしら…)

で、注文はインターホンで…

最初はちょっと気恥ずかしいところはありましたが

注文しなくちゃ食べられないものね。

しばらくまっていると

Dsc00082 賑々しく流れてきました。

なんだか楽しくなるといいますか…

食べ過ぎの原因になりそうです。

そして、このお店は

Dsc00084 お寿司はみんな「さび抜き」でした。

ターゲットはやはりチビッコ層ということなのかな。

「回転すし」といえば

珍しいネタが回っているのではないかと…

Dsc00086 Dsc00088 シュークリームと海老フライ…

もっとキワモノ的なのはないのかしら…

ボク自身はいただこうとは思わないでしょうけれど

そういうのを期待ところはありました。

Dsc00087 ウィンナー…

これは少しビックリです。

一般的に、このサイズのウィンナーをいただくのに

ご飯の量は少なくないかしら。

ボクはビールを飲みながら

雰囲気を愉しんでいただけのつもりでしたが

Dsc00089 結構いただいたようです。

かなり食べ過ぎたと実感しています。

相棒は「やりいか」が気に入ったようで

4皿ほどいただいてました。

さて、お会計です。

500円の食券を9枚持っているのでこれで支払いを…

すると、レジの方が

「1回の会計で使えるのは1枚だけです」

えっ…あらまぁ~

ホント、ちっちゃく書いてありました。

ですから1枚使って、この日の分のスタンプをもらうと

結局、食券は9枚のままということになりました。

3か月以内にあと9回も…

ちょっときびしいなぁ~

でも、もったいないので

ここの2階の映画館を訪れたときには

「回転すし」をセットにすることにしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水道管の凍結復旧大作戦

今朝、ラジオをつけたら

根室方面の吹雪の情報の後に

「青森ではまだ車の立ち往生が続いています。」

というニュースにビックリです。

慌てて地元新聞社のWeb版をみてみたら

あらまぁ…

高速道路の通行止のほかに

「県内大荒れ 車100台立ち往生も 

「自衛隊に災害派遣要請 

といった見出しのニュースがでていました。

昨夕からの雪はとんでもない降り方だったのですね。

ちょっと外にでてみらたら…

屋根が掛かっていて普段は雪が積もらないところにまで

今朝は雪が吹き込んでいました。

さて、ボクの職場は休み明けとなる

月曜日の朝はとぉ~っても寒く、氷点下になることも。

今週は1℃だったのですが…

ついに、やってしまいました。

水道管の凍結です。

これって、業者に頼むと結構お金かかるのですよね。

ボクたちは間借り人なので

建物を管理している方に対応はお任せで…

どうしたかといいますと

Dsc00066まずは、ストーブをもちこんで

ガンガンと暖める…

というやんちゃな方法。

ここは、トイレの手前の手洗い場で

狭い空間がとても暑くなって、しかも

なんなんでしょう…このガスっぽいニオイ。

トイレの方にまでこのニオイが入ってくるので

「なるだけガスを吸わないよう

 息を止めながら用をたして…」

なんていう話をみんなでしていました。

ただ、「ストーブガンガン作戦」は功を奏せず

プランBは、必殺技(?)Dsc00070_2 

「24時間投光器作戦」

となりました。

素人目には、これで温まるのだろうか…

というところなのですが、実績のある作戦だとか。

月曜日の午後から2日半を経過した昨日まで

いまだ開通せず…

そういえば、北海道では

寒さが厳しくなることが予想される晩には

「水道管の凍結にご注意」

のテロップがTVで流れたように記憶しています。

今もあるかしら…

青森ではこういうのないですよね…たぶん。

やっぱり、寒さが違うのでしょうねぇ~

なんたって、北海道では内陸部で

朝の気温に-20℃、-30℃…がありますものね。

明日は節分…

この寒さはいつまで続くのでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »