« ミサワの昭和展 | トップページ | 春のにおい »

森のなかの茶房

みちのく有料道路をずぅ~っと行って

3kmほどの長いトンネルを抜け

しばらく行くと周りの雪で目立たないのだけれど

手書きの看板があって

そこを右にグイッと曲がって坂道を下ると

隠れ家的(?)にあるのが

Dsc01504_048 Dsc01505_048 「茶房 ひまわり」(七戸町志茂川原93-7)です。

和服姿の素敵な女性が営んでいるお店です。

Dsc01508_048 店内は小さなカウンターとテーブル席が2つほど

そして、カウンターの奥には

「こたつ」が据えられています。

この「こたつ」がとてもいい感じです。

右手の窓からは車の走る姿を目にするものの

雪が解ければ、森の緑に囲まれるのでしょう。

この日はまだ

Dsc01515_048 こんなに雪が積もっていましたが

一方では、春の足音とでもいいましょうか

Dsc01511_048 あらっ…写真では分かりませんが

手前の雪が解けている部分には

緑がまぶしいミズバショウが確認できるのですよ。

こちらのお店には、お腹ペコペコでやってきたものですから

何をいただきましょう…

Dsc01512_048 やっぱり大好きな「カレー」メニューを選んじゃいます。

お店にいるとき

ボクのほかには3人のお客さんの姿がありました。

みなさん常連のお客さんのようです。

しかも、コトバが…

津軽でもなく南部でもないんですよね。

どちらからいらしたのでしょう。

ちょっと不思議な空間でもあります。

しばらく待ったところで

Dsc01513_048 「カレーソース」が出てきました。

ふふふ…タバスコで少し辛みを足しながら

美味しくいただきました!

ごちそうさまでした。

次に訪れるときは

森の緑が溢れる季節に

文庫本片手にコーヒーをいただく…なんてどうかしら。

さて、お腹を満たしたところで

デザートをいただきに移動しよっ。

|

« ミサワの昭和展 | トップページ | 春のにおい »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは(^_^)/ 二年前の5月に友人のブログに載ってたので1日10食限定日替わりの「ひまわり弁当」を狙って寄ってみました、その後この弁当はメニューから消えたようですがおかずもバラエティにとんでいてコーヒー付きで900円、美味しかったですよ。

投稿: あとむ改 | 2012年4月20日 (金) 11時16分

@あとむ改さん
お久しぶりです。
そうですかぁ、それは残念だなぁ…
復活しないかしら。
緑が濃くなったらもう一度足を運んでみようと思っているのですよ。

投稿: ぴかりん | 2012年4月20日 (金) 12時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/54491278

この記事へのトラックバック一覧です: 森のなかの茶房:

« ミサワの昭和展 | トップページ | 春のにおい »