« 三陸鉄道-その2 | トップページ | 女心と冬の風 »

木造・平滝沼公園

1か月ほど前だったでしょうか

新聞にATVのアナウンサーが記事を書いていて

つがる市木造(きづくり)にある「平滝沼公園」を紹介していました。

へぇ~そういう公園もあるんだぁ~

記事をちゃんととっておいた積もりでいたのですが

はは…どこかに取り紛れてしまいました。

ということで、連休の最終日

今にも泣き出しそうなお天気でしたが

その平滝沼公園を目指しました。

駐車場に車を停めて

公園へ向かって歩いていたところ

Dsc01830 こんな看板が目に留まりました。

「さっすがぁ~馬産地」といったところです。

そして廻れ右をすると

Dsc01832 あの勾配…

きっと、馬力大会でもするのでしょう。

この頃はまだ奥の方に岩木山がはっきり見えていたんだけど…

写真ではまったくわかりませんね。

さて、平滝沼公園では

Dsc01834 ちょうど「さくらまつり」が開かれていました。

天気はよくなかったけれど、駐車場に車が多かったのは

おまつりをやっていたからなのかしら。

会場には

Dsc01836 出店もあって

そこでは

Dsc01837 「いびりまんじゅう」なんてのもありました。

説明書きによれば、「いびりまんじゅう」は

5個で1パックになっていて

そのうち1個はあんこが少ないのだそうです。

一方、「辛いびりまんじゅう」は

1個に唐辛子を練り込んだあんが混ざっているようです。

なんだか罰ゲームみたいですね。

そして定番の

Dsc01839 お化け屋敷もありました。

さらにこちらも定番の

Dsc01844 地元の歌手の方による歌謡ショーもありますよ。

肝心の桜の方ですが…

広~い敷地にたくさんの桜が植えられていて

満開になると「お見事っ!」となるのでしょうけれど

Dsc01856 Dsc01843 桜の花びらの絨毯になっていました。

やっぱり雨の影響なのでしょうね。

しかも、とうとう雨が降ってきました。

それでも、せっかくなので「平滝沼」を見ないことには…

傘をさして沼の方へと歩いていくと

まぁ、なんて大っきい沼なんでしょう。

そこでは

Dsc01860 これ何ていうの…?

ぶわぁん、ぶわぁんと水しぶきを上げてます。

夏は賑わうのでしょうね。

駐車場に戻る途中

ずどんと目に留まったのが

Dsc01863 この大きな松の木です。

何やら説明書きがありますね。

Dsc01864 ふむふむ…

ここには18世紀の初め頃まで集落があって

この大きな松の木は

集落があった頃の「庭木」だったといわれているそうです。

なるほどね。

ボクはこの後青森に戻り

県立美術館の企画展を観に行ってきました。

美術館のある三内(さんない)周辺では桜が満開でした。

青森はまだ桜いけるのかな…

そういえば、昨日職場での回覧で

合浦(がっぽ)公園の桜まつりは延長して

今日8日までって書いてあるのを見たような…

|

« 三陸鉄道-その2 | トップページ | 女心と冬の風 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

平滝沼はどこなのかしらと、地図を見てみたら、ベンセ湿原の近くだったのですね。
十三湖へ行くときはスーっと素通りしていた場所でした。

桜まつりと 言えば弘前公園しか思い浮かびませんでしたが、小規模ながら結構あちこちにで開催されているのかもしれませんね。

そうそう。
姪っ子ちゃん、かわいいですね。オトコゴコロをくすぐるすべを身に備えていらっしゃる!?
ワタシに伝授してもらなわなければダワ(笑)

ぴかりんさんのお出かけスタイルと姪っ子ちゃんの時計がカラフルで、妙に合っているなぁ…と、微笑ましく読ませていただきました。

こちらにコメントするのもどうかと思いましたが、いつも長くなってしまうついでに失礼いたしました。

投稿: ぽんつこ | 2012年5月10日 (木) 11時00分

@ぽんつこさん
そうそう、ボクもこれまでは素通りしていた公園でした。
地元の人がお花見を愉しむ公園なのでしょうね。
昨日の新聞に、大畑町の桜並木が見頃って出ていました。

姪っ子は、きっとお友達感覚でボクと接しているのでしょうね。いつまでこうして遊んでくれるのでしょうね。
いづれ、シッ!…ってされるのかしら。

投稿: ぴかりん | 2012年5月11日 (金) 07時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/54660559

この記事へのトラックバック一覧です: 木造・平滝沼公園:

« 三陸鉄道-その2 | トップページ | 女心と冬の風 »