« 十和田・NORTH VILLAGEのレストラン | トップページ | 緑がいちばん-その2・夏の奥入瀬 »

緑がいちばん-その1・蔦の森

NORTH VILLAGEに行く前に

去年の秋以来となる

Dscn1125(つた)温泉に立ち寄りました。

と、いっても温泉に入ろうというのではなくって

温泉の後ろにもこっとある

ボクの大好きな

「蔦の森」にちょっとご挨拶という算段です。

ここには年に2、3回

季節の顔をみるためにやってきているのですが

この地にゆかりの詩人で

ふるさと北海道でいえば

「層雲峡(そううんきょう)」の名付け親でもあるという

詩人・歌人大町桂月(おおまち・けいげつ)

お墓をまだおまいりしていなかったので

Dscn1126 Dscn1133 足を伸ばしてきました。

右下の句碑には

「極楽へこゆる峠のひとやすみ

 蔦のいて湯に身をはきよめて 桂月」

と刻まれていました。

なるほど…なんて、理解はしていないのですけどね。

さて、蔦の森の散策路は

Dscn1136 初夏を思わせるというのでしょうか

かなり濃くなってきたように思います。

また、名前はわかりませんが

いろいろな野鳥の声も聞こえます。

バードウォッチングも楽しいのでしょうね。

Dscn1140 う~ん、緑がいちばん!

秋には「やっぱり紅葉だねぇ~」っていうのでしょうけれど…

いつもは1時間半ほどかけて散策路を1周するのですが

今回はつぎの作戦…

お昼ごはんを食べに行くだけなのですが

そう、それがあったので

Dscn1142 Dscn1148 蔦沼までのとっても短い散策となりまいた。

ボクもやはり「花より団子」だったのか…と自嘲。

散策路の木道には

ほかに人の姿はないのですが

人の声が、しかも賑やかに…

辺りを見回してみると

ずっと奥の方に何人もの人影を発見。

木道はそっちには延びていないのですが

何だか楽しそうに歩いているんですよねぇ~

別ルートがあるのかしら…

散策路の木道は

Dscn1150 ねっ、森に優しい感じでいいでしょう。

おっ、そろそろいい時間になりました。

なんだかもったいないけれど、移動しましょう。

次は、ねぶたの時期にでも訪れてみようかしら…ね。

|

« 十和田・NORTH VILLAGEのレストラン | トップページ | 緑がいちばん-その2・夏の奥入瀬 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/55161915

この記事へのトラックバック一覧です: 緑がいちばん-その1・蔦の森:

« 十和田・NORTH VILLAGEのレストラン | トップページ | 緑がいちばん-その2・夏の奥入瀬 »