« ようやく十和田湖に | トップページ | 朝と夜との境目に »

詩のボクシング

この3連休はとくに何をするでもなく…

どちらかといえば、頭のなかにこびりつく

ちっちゃな垢のせいで

もやもやとイヤな気持ちに支配されていました。

そんななか、土曜日にベイエリア

Dscn1270 現在は展示施設となっている

旧青函連絡船「八甲田丸」で行われた

Dscn1225 詩のボクシング

というのを観戦しに出掛けました。

「詩」と「ボクシング」…繋がりがイメージしにくいふたつを

結んだところが面白そう。

会場は、設営となった前日の強風の影響もあって

Dscn1232 車両甲板での開催となったそうです。

後方に列車の車両がみえますが…

青函連絡船はフェリーのように、自動車は運搬しませんが

貨車航走(かしゃこうそう)というのをやっていて

列車の車輌を運搬していました。

そんなようすをここでは表現しています。

さて、ボクシングですから…

一応リングが設定され、赤コーナー、青コーナーがあります。

Dscn1231 ゴングは連絡船ということもあって

銅鑼…なかなかの演出ですね。

車輌甲板という

薄暗くってちょっとじめっとした環境は

さしずめ「ファイトクラブ」を彷彿…といったところでしょうか。

ルールは、赤コーナーと青コーナーに分かれて

3分ずつ詩を読み合って

それを審査員が判定し

Dscn1248 勝者を決めます。

そう、もちろんレフリーもいます。

参加者はたしか16人…

トーナメント戦でチャンピオンを目指します。

しかも、決勝戦は

リング上でお題が出され

3分の持ち時間のなかで即興で詩を読みます。

そんなの無理でしょう…なんて思っちゃいますが

さすがですねぇ~できちゃうんですよ。

しかもとっても素敵な詩が…

Dscn1263 そして、チャンピオンが決まりました。

おめでとうございます。

ボクは、身体がむずがゆくなるような感じがして

ちょっと苦手なところはありましたが…

チャンピオンは、1回戦、もっといえば自己紹介のときから

選ぶコトバが違ったものね。

10月(?)に全国大会があるそうで…

青森県代表として大活躍してもらいたいですね。

|

« ようやく十和田湖に | トップページ | 朝と夜との境目に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

面白いイベントがあったもんですねぇ。

投稿: べぃじゅ | 2012年7月17日 (火) 08時25分

@べいじゅさん
青森では初の開催だったようですよ。
自分が参加できるようなイベントではないですが、「観る」機会があれば、来年も「観戦」したいものです。

投稿: ぴかりん | 2012年7月17日 (火) 14時35分

こんにちは。

詩は苦手だなあ。もともとそういう才能がないみたい。

これからはポチの画面からでなく、直接ブログに入らせていただきます。毎日楽しみにしていますよ。同じ県人同士、頑張りましょう。

それから、そろそろ、青森の名所のひとつである、アイプロガーデンの取材に来てくれませんか?(笑)

お待ちしていますよ。

投稿: 月の裏側 | 2012年7月17日 (火) 20時09分

@月の裏側さん

コメントありがとうございます。

ボクも詩は苦手です。
ですから、このイベントには「参戦」はできません。
「観戦」する分にはとっても楽しかったです。
終了後、ベイサイドでの生ビールも美味しかった…。

そうでした、八甲田の名所にはまだ足を伸ばしていませんでした。
今度、うかがうことにしますね。

投稿: ぴかりん | 2012年7月18日 (水) 06時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/55213964

この記事へのトラックバック一覧です: 詩のボクシング:

« ようやく十和田湖に | トップページ | 朝と夜との境目に »