« 涼を求めて暗門の滝へ | トップページ | これはなんでしょう… »

津軽のてっぺん

ちょうど1年ほど前に

念願の岩木山登山に挑戦したのですが

途中で断念してちょっと悔しい思いで下山しました。

さて、お天気にも恵まれた土曜日

再び意を決して

Dscn2689 再挑戦!

出発は前回とおなじく、嶽(だけ)温泉にある登山道です。

弘前市役所のHPによれば、

「一般登山者向き。初心者でも登れます。

 このコースは、学校の登山でも使われます。」

という山頂まで4時間のコースです。

午前8時40分スタートです。

はじめのうちは

Dscn2751 こんな素敵なブナ林を愉しみながら

するすると登っていきました。

ただ、先に進むにつれ急坂となって…

今年は春からジョギングをしているので

体力的にもちょっとは自信もあったのですが

きっと使う筋肉がちがうのでしょうね

膝から上がだんだんと張ってきます。

もう少し、もう少し…

きっともう少しだって意味のない暗示をかけ

そして、休憩のインターバルも短くなりつつも…

ようやく、2時間20分かけて

Dscn2705 8合目に到着です。

やったぁ~でも、スタートはここなんだよねぇ。

なんたって、今年こそは

Dscn2706 あの頂を目指すんだものね。

ここで長めの休憩を取って

いよいよ山頂に向かって

Dscn2709 歩き出すことにしましょう。

森の中を9合目の辺りまで進んでいくと

目の前がぱぁ~っと開けてきて

Dscn2713 写真の奥は日本海です。

右手の茶色く開けた所が鰺ヶ沢かしら…

海岸線はずぅ~っと北の方まで見えましたが

北海道までは見通すことができませんでした。

Dscn2714 これって噴火口かしら…

Dscn2721 この辺りから

岩のゴツゴツ感が強くなってきてきます。

Dscn2728 あと「ふた踏ん張り」頑張らなくちゃ…

オジさんはかなりきついのですが

子どもたちはスイスイと登っていきます。

何と…すごいねぇ。

Dscn2729 登っているというより

山肌にへばりついているって感じです。

軍手を持ってくればよかった…

Dscn2734 間もなく山頂…

上に立つ2人の男性は

登っている方の仲間のようで

「○○さぁ~ん、もう少しだよ、さぁ頑張って」って

励ましています。

そ、そう…もう少しなんだ、頑張ろ。

ボクも励まされています。

そうして遂に、念願の

Dscn2748 山頂まで登ることができました。

3時間40分で1625メートル…

やっと「津軽のてっぺん」です。

ぐる~っと360度の視界が開けているのですが

青森方面はうすく雲がかかっていて見えません…残念。

Dscn2746 鰺ヶ沢からさらに北側の海岸線です。

右側、雲と雲との間にキズのようなのがありますが

これはトンボです。

すごい数のトンボが舞っていました。

ボクは朝食を取らないので、もうペコペコ…

ここでお弁当です。

ふふ…美味しい、美味しいねぇ~

そして、登山から2日経ってようやく筋肉痛です。

やっぱりトシだね。

この痛みが消えた頃には

またどこか登ってみたいものです。

|

« 涼を求めて暗門の滝へ | トップページ | これはなんでしょう… »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

岩木山登頂したのですねー
3年前に私も登りましたが、下りで参ってしまいました。
土が粘度質で何度も転びまして…
10回以上こけるともう足が前にでなくなって
おばあちゃんの気持ちがわかったという
辛い経験でした。

投稿: ぽて | 2012年9月11日 (火) 10時21分

お疲れ様でしたー。素晴らしい風景をありがとうございます!

投稿: キハ58 | 2012年9月11日 (火) 20時36分

@ぽてさん
そうそう、あの粘土質の道は滑りますよね。
ボクも去年、下りで転んじゃいました。
今年は杖を使ってそろりそろりです。
「転ばぬ先の杖」…何度か助けられました。

@キハ58さん
汗だくになりましたが、愉しかったですよ。
時間があればもう一回行ってみようかしら。

投稿: ぴかりん | 2012年9月12日 (水) 05時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/55629392

この記事へのトラックバック一覧です: 津軽のてっぺん:

« 涼を求めて暗門の滝へ | トップページ | これはなんでしょう… »