« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

ワインのおつまみ

昨日はボージョレ・ヌーボーの解禁日ということで

お仕事帰りに

スーパーで小さい瓶を1本買い求めました。

ずいぶんと安いのがあるのですね。

円高だから…かしら。

さて、おつまみは何いたしましょう。

この日は職場で大根を1本いただいたので

まずは、大根おろしを作りましょう。

それと、先週マッサージの先生からいただいた

Dscn3685 「ベジップス」がありました。

以前に先生から紹介してもらっていたのですが

ボクが行くスーパーには置いていないようで…

へへへ、いただいちゃいました。

Dscn3688 かぼちゃに玉ねぎ…

玉ねぎが甘みがあって美味しい!

そして、じゃがいも…って

これってポテトチップスですね。

ちょっとしょっぱく感じます。

「もうちょっと食べたいな」ってくらいの量が

食べ過ぎ予防でかえっていいのかな。

今度は自分でみつけなくっちゃ。

ボジョレーもそうですが

先日机にクリスマスケーキのちらしが置かれていました。

秋が駆け抜けていっちゃうのですから

年の瀬が迫ってくるのも当然…ですね。

そんななか

ちょっとしたワケがありまして…

これから1か月ほど

ブログの更新をお休みいたします。

お正月休み前には再開できればと思ってます。

まぁ、気まぐれで

更新することもあるかもしれませんが…

短い冬眠に入ります。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

今どきの「自炊」とは

先週まで読書週間だったようですね。

ちょうど読書期間中の

10月29日付の『毎日新聞』朝刊1面の「余録」欄冒頭に

「友人が『自炊を始めた』という。といっても
 ご飯を炊いたりおかずを作ったり、という話ではない。」

えっ、違うの?

じゃぁ何のこと?…とボクはかなりの衝撃です。

そして、記事は続けて

「本をスキャナーでパソコンに取り込み、
 手作りの電子書籍にするのである」

はぁ…電子書籍ですか。

そして、ネットで「自炊」を検索してみると

あら、あら、あら…

こちらの意味での「自炊」にまつわる項目がズラリ並びます。

現在の「自炊」というは

こちらの意味だよっていわんばかりです。

ボクは、紙に印刷された本の

紙の手触りやインクの匂い…

さらには出版社によって異なる「文字」の趣き…

そんな所が好きなものですから

電子書籍にはさしたる関心も寄せずにいましたが

社会はこのように流れていたのですね。

ただ、「自炊」をする背景には

電子書籍として販売されている本が

アメリカなどに比べて少ないことがあるそうです。

でもねぇ…

「自炊は本を解体し1枚ずつにバラしてしまう。
 それをスキャンする。」

本を壊してしまうのにはかなり抵抗があります。

とても、とてもボクにはできないなぁ。

一方で、そこまでしても「読もう」というのは評価できるのかしら。

ただ、このコラムの最後は

「『なにしろ本が多くなり過ぎた。
 狭い書斎スペースを広げる意味合いもあるのさ』。
 なるほど、切実な動機だど思うが、あきれた根性だね。」

と結んでいます。

ボクも、狭い部屋にいくつもの書棚を並べていて

ひとつひとつの棚には

奥と手前を2冊づつ本を配架しています。

そして、もう書架に入り切らない本は

段ボールの箱に入れて積み上げています。

職場でもボク専用の書棚を少々いただいでいます。

必要なときに本が見つからなくって…

あわてて図書館に車を走らせることもしばしばです。

ですから、スペースを広げるという意味での

電子書籍化というのには「なるほど!」とは思います。

でも、きっとできないぁ~

そもそも、本を1枚1枚スキャンする時間もないしね。

秋の読書は…

先日、Miss.Gから沖方丁『光圀伝』を紹介され

本屋さんで確認してきたところ

おぉっ、結構なボリュームですねぇ。

ちょっと今は読めないなぁ…

これは、年が明けてから読むことにしましょうか。

そして今とっても気になっているのが

『イエメンで鮭釣りを』という本です。

単純に、タイトルにものすごく惹かれているのです。

近所の書店を3軒回ってみたのですが、置いてません。

市民図書館には架蔵されてないようで…

ようやく県立図書館にあることが判明。

借りてきて読もうか…

これもまたボクのわがままで

「使う(活用する)本」は図書館で借りてきてもいいのですが

「読む本」はできれば財産として持っていたいのです。

とりあえず、古書で探してみようかな…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

泣けた…

春のことだったでしょうか

元イギリス首相の

マーガレット・サッチャーの映画が公開されましたが

この秋は…

Dscn3611 アウンサン・スーチーの作品です。

あっ、これは青森だけのことかもしれませんね。

まぁ…泣けました。

スーチーさんの政治活動よりも

家族、夫婦といったところに視点を置いていたものだから

結果として引き裂かれることになっても

ずっと家族を思い続ける物語に心が痛みました。

ノーベル平和賞の授賞式に出席できないので

ラジオで息子のスピーチを聴くシーン…

最愛の夫を亡くすシーン…
(演じていた俳優さんもよかったなぁ)

スーチーさんが

ご自身の出自を恨めしく思うことはなかったのかしら

と思うほどに…

観ていて切なくなってきました。

それと

物語が進むにつれ、主演のミシェル・ヨーが

何だか本物のスーチーさんに見えてきました。

随分前に観た「エリザベス」のラストで

主演のケイト・ブランシェットが

歴史の教科書の絵で見た

エリザベスⅠ世その人と重なったように…

役者さんて、凄いものですね。

お客さんのほとんど女性で

少々気恥ずかしいところもありましたが

とてもいい作品を観ることができました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ご近所の紅葉散歩

先週のことですが、月の裏側さんから

平和公園の紅葉がとても絵になるよ

と、うかがったので

お昼休みを利用して

Dscn3589 チリン、チリン…行ってみましょう。

もちろん、徒歩でのぶらぶらです。

まずは、傘が必要なくらいの雨が降っていた

Dscn3569 平和公園です。

カッパを着た幼児たちが遊んでいました。

この近くの保育園の子どもたちかしら…

さすがにこのお天気では

ベンチでお弁当を愉しむ人たちの姿はナシです。

Dscn3567 Dscn3575 赤い色がなかなかです。

夏頃までは、ここでジョギングしていたのですが…

最近はほかの場所で走っているので

すっかりごぶさたの平和公園です。

こんな紅葉のなかを走るのも気持ちいいでしょうね。

翌日、こんどは職場のすぐ北側にある

Dscn3586 遊歩道です。

もともとは、ここを東北本線が走っていたのですが

その跡地がこうして遊歩道になっています。

なかなかいい感じ…

Dscn3590 通勤では反対側の道を使っているので

遊歩道がこんなになっているなんて

まぁ~ったく気がつきませんでした。

そして、この遊歩道から離れて南に向かい

Dscn3594 棟方志功記念館のお庭へ…

手入れの行き届いたお庭が、キレイに色づいています。

Dscn3596 もう何日も前のことなので

今はもうこんな風景はないかしら…

しかも、お天気の週間予報によれば

今週は「雨か雪」なんて日も数日あるようです。

そろそろ冬ごもりの準備です。

車のタイヤはもう替えました。

秋のお愉しみはそろそろ終わり。

今年は夏が長く踏ん張ったせいか

秋はいきなり「晩秋」って感じで

季節をゆっくり感じることができなかったようです。

それでも

身体は正直で…

寒さに備えて脂肪を身に纏えって本能が叫んでます。

いやいや、簡単には負けないぞっ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

藤田記念庭園

弘前公園では

Dscn3608 3施設共通券というのを購入したので

弘前公園の「植物園」と「弘前城本丸」のほかに

少し歩いたところにある

「藤田記念公園」も入園できます。

せっかくなので足を伸ばして…と、その前に

何か温かいモノでお腹と身体を満たさなくっちゃ。

そこで、藤田記念公園近くの「来々軒」というお店で
(あとで聞き及んだのですが、弘前で一番古いラーメン店とか…)

ワンタン麺をいただき、しっかり温まったところで

ぶらぶらと向かいましょう。

Dscn3487 この真っ赤な垣根の向こう側が目的地です。

まぁ、見事に真っ赤っかですね。

Dscn3500 到着~。

こちらの洋館には何度か入ったことはあるのですが

お庭の方は2回目です。

Dscn3488 Dscn3494 ちょうどいい具合に色づいています。

そして、あぁ~これは記憶にあるなぁ

Dscn3490 水琴窟でしたね。

小石のところに水を注ぐと

カランカランと涼やかな音がします。

う~っ、寒む…

Dscn3495 Dscn3497 お天気がよければねぇ~

ここでお弁当を広げたいものです。

周りが道路で囲まれているので

車の音が少々気にはなりますが

とっても素敵なお庭です。

前に訪れたときの記憶と比べたとき

散策の道もキレイに整備された…ように思います。

Dscn3498 冬囲いも進んでいます。

こちらは冬も公開するのかしら…?

ボクがぶらぶらしているときは

庭園をほぼ独占していましたが

ひとまわりしたところで、続々と訪れる方がやってきました。

ほぅ~ラッキーだったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弘前城・菊と紅葉まつり

今にも泣き出しそうな空模様で

しかも、寒い、寒い日ではありましたが

Dscn3437 Dscn3438 弘前公園の「菊と紅葉まつり」に行きました。

このおまつりには、数年続けて訪れているのですが

植物園の園内に

Dscn3435 出店…はじめて目にしたように思います。

白い湯気が立つものがあると

ふらふら~って引き寄せられていきます。

寒い上にかなり空腹なもので…

さて、ゆるキャラグランプリにもエントリーしている

たか丸くんの

Dscn3444 たか丸航空(TAL)ですって。

そのロゴが…

Dscn3443 なかなかシャレていますよね。

そういえば、Jさんの方はコノ手のマーク今も使ってます?

最近はめっきり飛行機に乗らないせいもありますが

なんだかもう、コノ手のマークのイメージがなくなってます。

Dscn3450 お濠のもみじも赤く色づいてます。

弘前公園といえば、この赤いもみじが印象的です。

Dscn3461 春は桜、秋はもみじが絵になる天守です。

有料ゾーンである本丸の方にも入ってきました。

Dscn3464 遠くに岩木山が見えるのですが

上の方がすっかり雲に隠れてしまってます…残念。

ここで、急に眩暈がしてきまして

あれれ、どうしよう。

近くにある喫茶室に向かい

ココアをいただきエネルギー充填です。

元気になったところで

ふたたび歩き出して、ボクの気になる木の

Dscn3485 この大きなイチョウの木…

おやっ、いつもであればすっかり葉っぱが黄色くなり

黄金色の雨が降り注いで、辺りに積もっているのにね。

まだ緑の葉をつけています。

この日は先週の土曜日でした。

立冬を迎えた今日あたりは黄金色になっているかしら。

Dscn3479 今年も何度か訪れた弘前公園

今年はこれが最後になるのかなぁ。

次は、雪灯籠まつりになるのかしら

冬近し…ですね。

おっ、今朝の新聞に

「白神に冬近し ブナ紅葉鮮やか」って見出しで

暗門の滝遊歩道の写真が載っていました。

とっても素敵な紅葉の写真です。

「10日まで営業」ですか。

今週末、まだ秋を追っかけることもできるのかな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

久しぶりの映画

いいお天気が長続きしないようです。

昨日の青空は今朝はもう白くなっていて

週間予報も傘ばっかり…

そういえば、じき立冬ですものね。

お昼休みにぶらっとお散歩したときの

Dscn3554 Dscn3555 近所の小学校の校庭付近の紅葉です。

晩秋…を感じるかしら。

ここのところ、週末はお仕事が入っていたり

お天気がよければ外に出るようにしていたので

Dscn3552_2 「最強のふたり」…久しぶりの映画でした。

実話モノの作品は大好きです。

あっこの話…ふぅ~ん、というラストシーンもいいね。

ずいぶん長いこと公開を待っていた甲斐がありました。

この後、勢いで「のぼうの城」も観ちゃいました。

こちらも面白かったけれど…

本編が始まる前に、チョッピリメイキングも織り込んだ

「レ・ミゼラブル」の予告編がありました。

ミュージカル仕立てのこの作品は

唄をアテレコでなくって

実際に演技をしながら唄っているんだって。

これってすごいことだよね、きっと。

ラッセル・クロウの唄ってどんなんだろ…

12月28日の公開が愉しみです。

自分へのご褒美的に観ることができたらいいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中野もみじ山

今にも雨が降りそうで

しかもかなり寒かった土曜日

半分あきらめていた

Dscn3511 黒石にある「中野もみじ山」に行きました。

ほぼ毎年訪れているのですが

いつもは朝が早くって出店も準備中…

ですから

こうやって人で賑わっているのは久しぶりです。

駐車場は「満車」となっていましたが

強引に侵入していくと

おじさんが誘導してくれて

しっかり停めることができました。

しかも、いくつも空いてるし…

さて、この鳥居をくぐる直前で

Dscn3509 Dscn3508 「View Point」を主張していたので

人垣の合間に紛れ込んで

パチリと1枚撮影してみましたが…どうでしょう?

ちょうど見頃といったところですね。

Dscn3521 うん、ぱっぱり紅が入るといいねぇ。

Dscn3519 おやっ、ここで気がついたのですが

デジカメのバッテリーが切れかかってる…

しばらく充電してなかったものね。

神社の境内を抜けて観楓台の方へ向かう道では

ワンコを連れた方が何人かおりまして…

狭い道でワンコとすれ違うのは

少なからず緊張し

しかも、ぐぅっとこちら側へ飛び出してくると

柄にもなくかなりビビリます。

Dscn3529 この辺りは黄色が主体のようです。

Dscn3534 吊り橋を渡り上の方から眺めると

まだ(?)緑が多いようにさえ見えます。

また、落ち葉でふかふかの足下は

滑るのを気をつけなくてはいけませんが

足腰に優しい…そんな感じです。

Dscn3548 この日は朝から外にいる時間が長く

身体がかなり冷えていたので

参道の出店の

湯気が立ち上る「おでん」がとってもおいしそう。

ひとついただいてもいいのに…

なぜかそれができずに帰ってくることになりました。

しかも…

渋滞にハマってしまい

青森まで2時間以上もかかったよ…ふぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蔦の森

奥入瀬渓流をお散歩した後は

つぎの用事までまだ少し時間があったので

大好きな

Pa263741_055 蔦の森にちょっと寄り道です。

時間が経つにつれて

どんどんとお天気もよくなってきます。

森のなかは

Pa263757_055 あまり色づいていませんでした。

今週末あたりがいいのかしら?

森に入ってまもなくの水辺では

Pa263758_055 Pa263748_055 だいぶ黄色が目立ってきています。

この辺りは写真撮影のポイントで

シャッターチャンスを狙ってデンと構える

オジさんの脇にもぐりこんで

パチリ、パチリ…

まぁまぁ、そんなイヤな顔しないでください。

すぐに退散しますので…

蔦沼では

Pa263752_090 おやっ、ビデオカメラが回ってます。

A○○…あぁ、テレビ局ですか。

夕方のニュースで取り上げられるのかしら。

Pa263750_055 蔦の森にはいくつもの沼があって

沼めぐりができて…

そのうちのひとつ「赤沼」というのが

透明度の高いキレイな沼だとか。

散策道から分岐の道があるようなのですが

う~ん、見失いました。

つぎのお愉しみにとっておきましょう。

Pa263747_055 10月は…

DVDプレーヤーは壊れるは

新しいズボンの股が裂けちゃうし

ついには車のエンジンがかからなくなって…

とどめを刺されました。

今月は巻き返すぞっ!

今日は「すしの日」だったと思うので

お寿司を食べて前月の厄を落とそうかしら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »