« 針々(しんしん)と、たんたんと | トップページ | 翼をください »

初・スノーシュー体験

(社)青森観光コンベンション協会浅虫支部が主催する

「浅虫森林公園スノートレッキング」に参加してきました。

念願のスノーシュー

白くってふわふして美味しそう…

なんてイメージを描いてしまいそうですが

Dscn4211_040

これがボクの相棒です。

つま先にギザギザの歯がついていて

雪をガチリとかみます。

そして、スキーと違ってが固定される訳ではないので

「歩き方」はあるようですが

普通に歩くのと何ら変わりなく進むことができます。

ただ…バックは苦手ということで

性格は「猪突猛進型」のようです。

さて、道の駅「ゆ~さ浅虫」で受付を済ませてから

軽く吹雪いているなかを

出発地点となる「八幡宮」まで行き

Dscn4212_040

そこで、いよいよスノーシューを装着します。

普段履いている靴でもって履くことができます。

これでザクッ、ザクッと新雪に入ってみますと…

あらまぁ、何とも楽しいわ。

広い平原を思いっきり駆けてみたい気分になります。

とまぁはやる気持を抑えて

Dscn4214_040

まずは準備運動です。

左肩が五十肩気味なのですが…

まだ何とか上まであがりました。

しっかりと身体をほぐしたところで

Dscn4219_040

出発ぅ~!

歌でも唄いたいくらいの気分です。

参加者は40人以上いたのではないかしら…

この人数が縦列になってエッホ、エッホと登っていきます。

すると、どうにも聞き慣れた苗字を唱える声が…

あっ、ボクとおなじ苗字ではありませんか。

津軽には掃いて捨てるほどにある苗字なので

無視してもいいかなぁ~なんて思ってみたものの

ちらりと振り返ってみたところ…

黄色い帽子のおじいちゃんがニッコリ微笑んでます。

主催者側の方のようですが

「ぴかさんですよね、○○(会社名)の…」

しまった、バレてる。

「2回ほどお話を聞いたことがあるんですよぉ」

そ、そうですか…と

寒さでひきつりながらも、とりあえずボクも微笑み返しです。

お休みを愉しんでいるときは

できれば「現実」から離れていたいのですが…

まぁ、しょうがないですね。

お天気はとっても変わりやすくって

ぐわぁ~っと吹雪いて

とくに、海側から真横に吹き付けるときなんて

うっ、雪中行軍か…なんて思うくらいでしたが

ふっと青空がのぞくと

Dscn4230_040

とっても素敵な白と青の世界と

澄んだ空気を満喫することができます。

そうして、ようやく

Dscn4232_040

一番高いところに到着です。

ちょうどよく雪もやんで青空ものぞき

陸奥湾から夏泊半島にかけての海岸線がくっきり。

けっこう高いところまで登ったなぁ~

ここからは下山となる訳ですが

その前に体操…何でぇ?

腰ぶらぶら、首ぶらぶらそんな体操をやってから

Dscn4233_040

山を下っていきます。

列の後方にいると

道が踏み固まっていて面白くないので

ときどき右に左に一歩道を外れて

深い雪のなかをザクザクと歩いてみます。

いいねぇ~、いいね。

これがどのくらい愉しいかというと

全自動洗濯機の購入計画を中止して

マイスノーシューを購入しようかと思ってしまうほどです。

この日の全行程はたっぷり3時間でした。

朝ご飯を摂っていないので

もうおなかペコペコです。

トレッキングの後は

スノーシューのお片付けは後回しにして

お昼ご飯の時間となりました。

ボクは小さいおにぎり2個に

卵焼きとタコちゃんウインナーのお弁当を持参です。

そして、嬉しいのが

Dscn4235_040

豚汁です。温かくって美味しかったですよぉ。

おかわりしちゃったものね。

ゆっくりとお弁当をいただくと

ここは浅虫…ツアーには温泉もついているのです。

浅虫でのイベントの最大の武器でしょうか。

と…その前に

レンタルしたスノーシューのお片付けがあります。

食事の前に道具を置いた場所に行くと

あの、「微笑みの黄色い帽子」のおじいちゃんがいました。

スノーシューを手にしようとすると

「いいよ、いいよ、こっちで片づけておくから…」

えっ、でも…

「いいから、いいから」って

微笑みとともにおっしゃるものですから

お言葉に甘えちゃいました。

その間に久栗坂トンネルで事故があったようですが…

何も知らないままに

1時間ほど温泉でのんびり…

浅虫って

かつて棟方志功が描いたポスターにもあるように

海もあって山もあって

そうして温泉もあります。

素材としてはとってもいいところだよねぇ~

あとは発進力と勢いだよね、きっと。

次に訪れるのは、春のカタクリの季節になるのかな。

そう、このツアーは来年も参加しよう…

|

« 針々(しんしん)と、たんたんと | トップページ | 翼をください »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

このツアー確か昨年もやっていましたよね、ウワサだけ聞きました。今年も盛況のようで、よかったですね。

スノーシュー、私も八甲田山頂で一度だけ履いたことがありますが、長靴に装着するだけの手軽さ、しかも軽い。マイスノーシューを持っている方も結構いるみたいですよ。

真冬を満喫するなんて、いい時間を過ごしていますね、ぴかりんさん。

投稿: 月の裏側 | 2013年2月18日 (月) 20時00分

@月の裏側さん
数年前からやっていたそうですが、知りませんでした。
しっかりアンテナを伸ばしておかなくちゃいけませんね。

昨日の朝は「職場の雪片付け」という現実も突きつけられましたが、できるだけ冬も愉しもうという気持だけは持つようにしています。

つぎは八甲田に行ってみようかな。確かツアーやっていましたよね。

投稿: ぴかりん | 2013年2月19日 (火) 05時57分

ぴかりんさん♪こんばんは。
相変わらず、飽きさせない楽しい記事ですね!
マイお弁当を片手に、豚汁を見つめて嬉しそうなお顔のぴかりんさんが目に浮かぶようです。
洗濯機、壊れてしまったんですか?スノーシューとどちらを洗濯(選択)したのか、決まったら教えて下さいね。

投稿: マドレーヌ | 2013年2月19日 (火) 18時04分

@マドレーヌさん
子どもの頃から、スキーなど冬の外遊びには「豚汁」がボクの定番になっています。
ですから、この日も「豚汁」が出るのが嬉しくって、(朝食を食べていないせいもありますが)お昼ご飯を心待ちにしながらのツアーでした。

実は、わが家はまだ二槽式洗濯機を使っているのです。そろそろ文化的な生活をしてみたいと思うのですが、さて、どうしましょうというところです。
周囲の人に話したところ、洗濯機とスノーシューとを並べて悩む発想が分からない…っていわれちゃいました。

投稿: ぴかりん | 2013年2月20日 (水) 05時45分

ぴかりんさん、こんにちは。
二槽式洗濯機って、いま私が一番欲しい家電ですよ!!
手間はかかりますが、経済的で洗濯槽カビの心配なし。おまけに汚れ落ちもいいのです。
現在使っている洗濯機は15年選手。次は二槽式と思っているのですが、横幅が厳しく、諦めているところです。
もしまだ壊れていないのでしたら「スノーシューをお薦め致します」(笑)

投稿: マドレーヌ | 2013年2月20日 (水) 09時36分

@マドレーヌさん
まぁ!、そうなのですか。
ボクの2槽式はすでに四半世紀モノです。
構造が単純だからでしょうか、長持ちしています。
ただね、脱水槽がガックンガックンとなることが多いものですから、全自動で楽をしたいなぁって思っていたのです。
そんな優れモノでしたら、まだまだ愛情持って接してあげないといけませんね。

投稿: ぴかりん | 2013年2月21日 (木) 05時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/56789751

この記事へのトラックバック一覧です: 初・スノーシュー体験:

« 針々(しんしん)と、たんたんと | トップページ | 翼をください »