« あすなろ温泉-掲示の効果は… | トップページ | 八甲田ウォーク »

楽園のカンヴァス

「ごとり、と鈍い音が耳の奥で響く。これは、なんの音だ。

 ああ、そうだ、ふたの開く音だ。(中略)

 かれこれ十六年ものあいだ、

 重く固く閉じられていた『パンドラの箱』。

 その蓋が、いま、開けられたのだ。」

Dscn4418

原田マハ『楽園のカンヴァス』を読みました。

主人公ティム・ブラウンと早川織絵…この二人が

大コレクターが所有する

アンリ・ルソーの作品「夢をみた」の鑑定を依頼されます。

ただ、その方法は、この絵とにらめっこではなく

7章からなる1冊の「物語」を、それぞれが1日1章づつ

7日間をかけて読むことで

この絵の真贋を講評するのです。

そして、より優れた講評をした方が勝者となる…

さてさて、ボクは美術に関する知識はゼロです。

「ルソー」といってピンとくるのは

思想家のジャン=ジャック・ルソーですものねぇ。

PCで検索しながら

なるほど、なるほど…

「美術館とは、

 芸術家が表現し生み出してきた「奇跡」が集積する場所。」

登場人物の視線や言葉を通じて、

美術・芸術に対する深い作者の想いが伝わってきます。

それも、すぅ~っと流れる緩やかな風のように。

「物語」のなかに、ルソーのよき理解者・支持者として

パブロ・ピカソが登場します。

彼はルソーにいいます。

「悲しみ一色、どん底の人生の絵の上に

 極彩色の楽園を描いて

 あんたのありったけの情熱を注ぎこんでやれ。」

タイトルの「楽園のカンヴァス」はそういうことかぁ。

そして「情熱」…

このストーリーの重要なキーワード的に

何度か出てくる表現です。

「その情熱だけが、

 いま、私が唯一信用できるものなのよ。」

ストーリーは「物語」を読み終わることになる

7日目に向かって進んて行きます。

丁寧に優しく温かく…

明日、美術館にいこうかしら

そんな気持ちになって、本を閉じました。

「君の人生が、豊かであるように。

 いつまでも、アートに寄り添う人生であるように。」

|

« あすなろ温泉-掲示の効果は… | トップページ | 八甲田ウォーク »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

なるほど、そういう展開の本なんですね。

そろそろ感想を聞けるのかと思っていました。

情熱だけが信用できるもの…。

アートに寄りそう、豊かな人生…。

う~ん、いいですね。

感服です。

FBに紹介させてね。

投稿: 月の裏側 | 2013年3月26日 (火) 09時46分

ぴかりんさん、こんにちは。
同じ思いを共有できて嬉しく思います。
次女が生まれた時に「豊かな人生になりますように」と夫がささやきました。
その時から「豊かな人生」は、密かな私の目標です。夫には悔しいから内緒だけどね(笑)
マハさんの文章はす〜っと入って来ますよね。
もう少し読み残している作品があるので、またマハさんにハマってみようと思います。

投稿: マドレーヌ | 2013年3月26日 (火) 10時16分

@月の裏側さん

実は…子どもの頃から読書感想文的な文章を書くのは大の苦手なのです。
母親監視のもと、泣く泣く書いていました。

ただ、「読み放し」というのはもったいと思うようになったので、こうして書いてみようと思い至ったところです。
これからも、時々…


@マドレーヌさん

原田マハさんの文章はス~っと入ってくるけれど、心に残る言葉がそこここにちりばめられているように思います。
そこが読んでいて愉しいところです。

「豊かな人生」が目標なのですね。
ボクは青森にやってきて以来「心が健康であること」を目標にしています。
ただ、しょっちゅう「不健康」になるのですけどね。

次は、映画化された「カフーを待ちわびて」を読んでみます。映画の方はDVDで観たのですが、続けて2回観ちゃいました。

投稿: ぴかりん | 2013年3月27日 (水) 05時55分

私も今日読み終えたところです。
ぴかりんさんが冒頭に書かれた文章でくくっとひきこまれていきました。久々にゆっくりと丁寧に時間を使ったような気がします。。

実は、小説の中にとっぷんと浸るのがちょっと怖くてエッセーとかばかり読んでいていました。なぜかしら?村上春樹の1984以来の小説だったかもしれません。

でも、もう解禁!次は何を読もうかしら?あぁ、お正月に黒田夏子さんのab珊瑚を買ったんだっけ(笑)さてさてゆっくりと落ち着いてページをひらこうかな。

投稿: フローレン | 2013年4月 1日 (月) 17時30分

@フローレンさん

冒頭の一節でボクもスイッチが入りました。

若い頃は、映画にしても小説にしてもその世界に入るのがイヤでしたが、最近はどっぷり浸っちゃています。

「abさんご」はボクも書店で手に取ってみました。話題の本なので、さてどうしようか…というところです。
今は「東京バンドワゴン」シリーズをめくっています。

投稿: ぴかりん | 2013年4月 2日 (火) 07時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/57035161

この記事へのトラックバック一覧です: 楽園のカンヴァス:

« あすなろ温泉-掲示の効果は… | トップページ | 八甲田ウォーク »