« じっけん-テッシュを作る? | トップページ | 十和利山 »

元祖キリスト餅

十和田湖の方から東へ向かい

ちろりと秋田県をかすめて再び青森県へ入るとすぐに

Dscn5655

迷ヶ平(まよがたい)というところに出ました。

キャンプ場など自然を楽しむ施設がるようです。

今の季節は「たけのこ取り」の方々で賑わっています。

広い駐車場があるのですが

午前中は一杯になっていたとか…

そして、ここでボクの気をひいたのが

ドライブインの窓に書いてある

Dscn5646

「元祖キリスト餅」という文字です。

そう、ここは新郷(しんごう)村。

あえて評価はしませんが…ここはキリストの里。

なるほどぉねぇ~。

それで、お店に入ってみると

Dscn5648

「名物にまさるものなしキリスト餅」の短冊も。

さてさて、キリスト餅はどこにあるのでしょう…

店内をひとめぐりしてもないんだよねぇ。

Dscn5649

マスコミの取材を受けたということ記した看板が

棚に安置されていました。

あれっ、今はもうないのかしら…

そう、下の段のかごは「カブトムシ」です。

かご付で1000円で販売されていました。

唯一、それらしいものといえば

Dscn5650

こちらの「串もち」です。

だとすれば

なぜ「キリスト」の名前を隠しちゃったのでしょう。

さらに店内を注意深く眺めていると…発見!

「キリスト餅」を取り上げた

雑誌の記事が飾られてます。もちろん写真入で。

なるほど

Dscn5652

この「串もち」こそ「キリスト餅」でした。

名前変えちゃったんだ…

味はじゅね(荏胡麻)とねぎみその2種類。

お昼ごはんを食べたばかりではありましたが

なかなかお目にかかれない「キリスト餅」でしょうから

じゅねを1本…久しぶりの買い食いです。

Dscn5653

じゅねって初めて…うん、植物の味です。

お餅自体はまずまず美味しかったです。

さて、青森から2時間ほどかけてここを訪れたのは

もちろん「キリスト餅」のためではありません。

こちらに足を運んだ目的は

Dscn5656

つぎの機会にでも…

しっかり汗をかいたので、温泉へ行こ。

|

« じっけん-テッシュを作る? | トップページ | 十和利山 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぴかりんさん、こんにちは。

キリスト餅! 知らなかった…。

というより、やるならちゃんと売ってほしいですよね。

まじに食べに行こうと思いましたよ。

投稿: 月の裏側 | 2013年6月 9日 (日) 19時25分

@月の裏側さん

ねぇ、そうですよね。
なにか障りがあったのかしら…

投稿: ぴかりん | 2013年6月10日 (月) 05時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/57553167

この記事へのトラックバック一覧です: 元祖キリスト餅:

« じっけん-テッシュを作る? | トップページ | 十和利山 »