« 3度目の正直?-大岳登山 | トップページ | お天気が心配ですが »

冠雪した大岳へ

昨日は少し風はありましたが

早朝からとってもいいお天気でした。

だからという訳ではありませんが

Dscn8073

またまた八甲田を訪れました。

酸ヶ湯付近の紅葉は、5日前よりもいいような…

Dscn8091


黄色がかなり鮮やかになったような気がします。

人出の方は5日前ほどではありませんが

Dscn8094

この日も多くの人がおりました。

しかも、先日の台風のあとに山は冠雪して

紅葉に山の白色が加わり、色彩を増してます。

秋と冬とを同時に愉しむことできて

ちょっと贅沢な気分になります。

さて、そのお山の方は…

Dscn7983

地獄湯の沢から雪道となって

仙人岱(せんにんたい)の辺りはすでに真っ白です。

Dscn7996

当たり前ではありますが、山頂に近くになるにつけて

積雪量は多くなります。

ボクに限らず

みなさんアイゼンなどの装備をしていないので

登るのに四苦八苦です。

やはり、しっかり準備しておくべきでした。

下山途中、反対側から登ってくる人たちから

山頂のようすを何度も尋ねられました。

そして、予定よりも15分ほど時間がかかって

ようやくたどり着いた山頂は

Dscn8007

雪が風で飛ばされちゃうのでしょうね。

凍っていましたが、雪は積もっていません。

しかも、空気が澄み切っているからかしら

望む景色はとってもきれいでしたよ、

きっと、台風が接近していた頃なのでしょう…

山頂がどれほど風が強く

そして寒かったかを伝えているのが

Dscn8009

杭とロープにくっついている氷です。

写真の左の方からぶわぁ~っと風が吹き付けて

雨なのか空気なのかは分かりませんが

ぎゅっと急速冷凍しっちゃったのでしょう…違うかな?

で、こんなのが

Dscn8017

ずら~っと並んでいました。

なかなか美しい光景です。

しばらくここで休憩をして、いよいよ下山。

「滑る」のをしっかり頭に入れていきましょう。

Dscn8041

この木道がすっごく滑ります。

だからでしょうか…

木道の脇を歩く方が少なからずおります。

だからといって、これはいけませんね。

時間が経つにつれて、陽射しも強くなってきたので

登山道の薄氷も解け始め「ぬかるみ」に様変わり。

でも、滑らない分「ぬかるみ」がありがたく感じます。

そして、時々振り返ると

Dscn8060

ねぇ、いい景色です。

前の日に八幡平を縦走してきたばかりでしたが

頑張って八甲田までやってきてよかったなぁ~。

Dscn8032

八甲田の登山は

今シーズンはこれが最終回なのだろうなぁ。

そう思うと少々淋しくもありますが…

来シーズンも存分に楽しみたいところです。

過ぎていく山の季節を惜しみつつ

つぎは里の秋を愉しむことにいたしましょう。

|

« 3度目の正直?-大岳登山 | トップページ | お天気が心配ですが »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

さ、寒そうーーー!!ブルブル(((p-д-q)))ブルブル

投稿: べぃじゅ | 2013年10月20日 (日) 08時48分

@べいじゅさん

凍り付いた時は一気に冷え込んで、すっごく寒かったのでしょうね。
里にももう少しで冬がきちゃいますね。

投稿: ぴかりん | 2013年10月20日 (日) 09時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/58418471

この記事へのトラックバック一覧です: 冠雪した大岳へ:

« 3度目の正直?-大岳登山 | トップページ | お天気が心配ですが »