« 弘前市立博物館リニューアル | トップページ | 福島・花見山公園 »

浅虫・湯の島のカタクリ

今年もまた

Dscn8899

湯の島のカタクリ祭りにやってきました。

去年は風が強くって船が欠航になり断念しましたが、

この日はとってもいいお天気に恵まれました。

しかも、少し早目に出てきたので

15分ほど待っただけで乗船となり

Dscn8909

湯の島へ上陸です。

そして

Dscn8941

このような山道を登っていきます。

さすが「湯」の島なのか…

単にお天気がいいからなのでしょうか

暖かいんだよねぇ、この山道。

そして、「群生地」というように

Dscn8944

山肌全体にカタクリがぶわぁ~っと広がってました。

途中、すっかり顔見知りとなったガイドさんと出会い

「今年もよろしくお願いいたします」とご挨拶。

きっと、今年も浅虫に何度か足を運ぶ…んだろうなぁ。

カタクリは

Dscn8952

紫色が基調ですが

それでも、濃いの薄いのがあるのですね。

しかも、時々紫に混じって

Dscn8961

白いのがあったりもします。

立派なカメラを持っていて

地を舐めるように構えている方を肩越しからのぞくと

カメラの先にこの白いのがいたりします。

これもまぁ…

白いカタクリ発見のコツといえるでしょうか。

さて、カタクリを愉しんだあとは

市街地の方へ向かい

青森ベイブリッジを軽く走った勢いで

初めて「北防波堤」へ行ってみました。

海に山に…まぁ、なんて素敵な景色。

ただ、ランニングのついでなのでメラ持ってないのよねぇ。

残念…

いつかきっとお天気のいい時に

カメラ持参でここをお散歩しよう…と決めました。

|

« 弘前市立博物館リニューアル | トップページ | 福島・花見山公園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/59472234

この記事へのトラックバック一覧です: 浅虫・湯の島のカタクリ:

« 弘前市立博物館リニューアル | トップページ | 福島・花見山公園 »