« 寒立馬-下北半島尻屋埼 | トップページ | 恐山再訪 »

尻屋埼灯台

寒立馬を眺めているときに声を掛けられた

監視員のおじさんの言に誘われるように

Imgp0075

尻屋埼灯台の方へと向かいました。

灯台の左右に万国旗が飾られるなど

30分後の一般公開に向けて準備中です。

Imgp0080

公開まで待つかどうか、さぁ~てどうしましょう…

と思案しつつ灯台周辺をぶら~っと。

Imgp0084

空は青空の占める部分が大きくなってきました。

Imgp0091

これからお天気もよくなってようですね。

灯台日和…?

待ちきれず再び灯台の方へ行ってみると

Imgp0086

正面にこんなのが置かれたり

「一日灯台長」のお嬢さんがやってきたり…

着々と準備が進んでます。

オマケに、きっと灯台を見学した後にいただく

クリアファイルや灯台のペーパークラフトといった記念品

こちらを公開前にいただいちゃいました。

Imgp0100

扉は空いているので

すぅ~っと入っちゃいたいんだけどなぁ。

それからしばらくすると

もちろんまだ公開時間前ではあるのですが

入っていいような雰囲気になりました。

そこで、灯台の方に向う皆さんの後ろにくっついて

入っちゃった…

Imgp0099

なかは二重のレンガ造りになっていました。

120段ほどの階段をのぼります。

背後からは階段の段数を数えながらのぼる

子どもたちの元気な声が聞こえます。

そして

Imgp0096

てっぺんに到着です。

で、やはり公開前にのぼっちゃったのはまずかったようで

上にいた係の方のひとりがすぐに下りるようにと…

すると

もうひとりの方が「どうぞ」っておっしゃるものですから

お言葉にどっぷり甘えましてひと巡りしました。

Imgp0098

明治の初め

青森町では壊れた灯台の修復費に

公費の支出が認められなかったちょうどその頃

北海道と本州とを結ぶ航路の安全を確保するために

こちら尻屋埼には立派な灯台が建てられました。

当時の国家にとって

この航路がとても重要であったことが分かります。

この日はふらりと下北へ向かっただけなのに

尻屋崎の灯台に入ることができるなんて…ねぇ。

とってもラッキーでした(しかも公開前に)

|

« 寒立馬-下北半島尻屋埼 | トップページ | 恐山再訪 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555657/60247286

この記事へのトラックバック一覧です: 尻屋埼灯台:

« 寒立馬-下北半島尻屋埼 | トップページ | 恐山再訪 »