« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

セイリングのビーフシチュー

深浦といえば

「マグロステーキ丼」が夙に有名となっておりまして

今年の7月に初めて口にしました。

「マグステ丼」は

町内いくつかのお店でいただけて

今回は

Imgp1369

「セイリング」でいただいてきました。

「マグステ丼」の基本構成は統一されているので

Imgp1371

パッと見たところは、前回いただいたときと同じですが

デザートとつけだれが違うとか…

そう、デザートの橙色は

これも深浦の名物「雪むろにんじん」のジャムです。

Imgp1372

マグロの赤身は大好きで

以前は毎日のようにいただいたものですが
(もちろん、冷凍モノです)

ここ数年は価格が高くなっちゃったので

1年に数回…こういうことでもなくてはいただけません。

ただ、今回は「マグステ丼」よりも楽しみにしてたのは

Imgp1370

こちらのビーフシチューです。

こちらのビーフシチューは

やはり「雪むろにんじん」を使っていて

青森市内のお土産屋さんでも購入できるのですが

どうしても1度お店でいただきたくって…

その意味で「念願成就」です。

ハーフサイズですが

ボクにはむしろこのくらいがちょうどイイ。

白いご飯にかけてみたり…

パンと一緒にいただくのもいいかしら。

とっても美味しかったです。

ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青池ふたたび、そして…

せっかく深浦まで出向いたので

やはり、ココ

Imgp1373

「青池」に寄らなくちゃね。

もうオフシーズンなのでしょう

観光の人もずっと少なくなっています。

Imgp1381

Imgp1374

初めての秋の青池。

周辺が緑色だけではなくなっているので

青がより際立つ感じです。

この日は散策の準備をしていなかったので

十二湖の散策は止めまして

JR五能線の十二湖駅へ立ち寄り

Imgp1385

7月にデビューしたという「青池ソフト」を求め…

Imgp1386

バニラとのミックスもありましたが

「オールブルー」でいただきました。

この色からイメージしたのは「ラムネ味」でしたが

さっぱりとしたヨーグルト味です。

Imgp1388

吉永さん、一口いかが?

この日の天気予報は傘マークでしたが

ここまでは、お日様も顔を出してくれまして…

ところが、この後はゴロゴロピカッ!

そしてザーザーに遭遇しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄色い秋

お蕎麦をいただいた階上町のお店のすぐ向かいには

「寺下観音」というのがありまして…

折角なので足を伸ばしてみましょう。

Imgp1290

あぁ、秋ですねぇ。

そういえば、この日の朝は青森では雪が舞っていたっけ。

こちらは雪はありませんが、きりりと寒いです。

Imgp1287

で、この黄色の絨毯の上にあるのが観音堂と思いきや

こちらは、「潮山神社(うしおやまじんじゃ)」とのこと。

さてさて、観音堂はどこに…

辺りを見渡すと、少し小高いところにありました。

Imgp1295

こちらが観音堂。

お堂の周りには、西国の観音像が並べられていて

ぐるっと巡礼ができるようになっていました。

そして、左手には鐘楼があって、その傍らには

Imgp1301

どうやったらこうなるの?っていうほどに

ねじれた不思議な木がありました。

ところで、階上町ってどこにあるのでしょう…

なんたって

「県南」と称される県東部は土地勘はまったくありません。

せいぜい、八戸より南方なんだよねってくらい。

そうして、海岸の方に向ってみると

Imgp1317

灯台があって、この地は

Imgp1316

「青森県最東南の地」だそうで…

そっかぁ~岩手県境なんだねぇ。

まぁ、ずいぶんと遠くまで出向いたんだね。

ちょっと驚きです。

東方なので、きっと日の出も早いのでしょうね。

で…翌週は今度は「夕日」海岸で知られる

津軽のウエストコースト深浦町へ出向いて

Imgp1331

Imgp1338

北金ヶ沢の「日本一の大イチョウ」を観てきました。

到着した頃はまだ人出も少なかったのですが

しばらくすると大型バスが来るなど

大人気の黄葉スポットのようです。

Imgp1351

もう、いつ雪が降ってもおかしくない時節ですが

まだ、こうして晩秋の風景を愉しむことができました。

来週もどこか行くことできるかな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

階上早生階上そば

雪が舞う青森を離れ、県南方面へ。

今年4回目となる

Imgp1238

種差海岸を訪れました。

そして、インフォメーションセンターで

Imgp1259

地域の食との出会い…

Imgp1257

「階上早生(はしかみわせ)そば」ですって。

早速、画面下にあるスイッチを押してお勉強。

学んだ後は、これを実践すべく

車は階上町へ。

20分も走ったでしょうか、割とすぐに

Imgp1273

「階上早生発祥之地」に到着しました。

階上早生とは、そばの品種で

東北地方を襲った大正2年の大凶作でも

相当の収穫量があった在来品種で

その後県の農業試験場で試験栽培して、その結果

大正7年に「階上早生」と命名されたのだそうです。

と…いった説明書をざらっと読んで

後ろを振り向くと

Imgp1272

「観音茶屋 東門」があります。

早速、お店に入りましょう。

Imgp1265

店内はとっても洒落た感じで

週末はジャズの演奏もあるそうです。

土日と祝日限定のメニュー「カレー」にも惹かれたのですが

こちらは次の機会ということで

やはり

Imgp1269

おそばをいただきました。

しかも、かなりお腹がすいていたので「セット」で…

セットにすると、おそばのほかに

お豆腐とごはんがつきます。

ごはんは、こちらも階上町の名物「かぜ」のご飯です。

たまたま前日に読んでいた

江戸時代の紀行家菅江真澄(すがえ・ますみ)

浅虫村の隣村久栗坂(くぐりざか)村で

「海栗(うに)」を「かぜ」と呼んでいると書いていました。

ふぅ~ん、津軽だけでなく南部地方でも

おなじなんだなぁ~って、またひとつ学びます。

器は見慣れた感じだなぁ~って思っていたら

五所川原の津軽金山焼でした。

そうそう、肝心のおそばですが

つる~っと、美味しくいただきました。

ごちそうさまでした。

つぎは、来年の春か夏に…きっと伺います。

「新そば」の時期ではありませんが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暗門の滝

奥入瀬渓流を歩いた翌日は

Imgp1070

暗門の散策です。

毎年2、3度は訪れるのですが

今年はこの日が最初。そしてきっと最後。

アップルマラソンで走ったコースを車で走り

立派に整備された新しい道路をすいすいと進み

約2時間で到着。

そして、午前9時から散策スタート。

Imgp1075

ルートはいつも通り、ブナ林散策道経由です。

Imgp1078

Imgp1086

駐車場にはすでに何台も車があったのですが

このブナ林のなかでは人気がありません。

紅葉が進む森を独占…まぁ、何て贅沢。

Imgp1100

約1時間程森の散策を愉しんだあとは

Imgp1118

Imgp1121

川沿いの道となります。

水の流れを感じながら、奥へ奥へ…

この日

お日様の当たる辺りは空気がほんわかと暖か。

Imgp1124

散策を愉しむ人々は

ブナ林を経由しなかったのでしょうか。

この川沿いの道に入ってからは

多くの人と出会います。

細い散策道はお互いに譲り合い…

Imgp1135

第1の滝に到着です。

いつものことですが、あぁ、達成感。

今年も青森の秋の風景を

なんとか滑り込みで楽しんでます。

そして、お昼ご飯は

温かい汁物でも…と、ワンバーナー持参です。

これもまた楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »