旅行・地域

新緑を愉しむ

大型連休も終わり

今日からは「日常」に戻ることになりますが

どうも疲れが出ているようです。

昨日1日くらいのんびりしていれば…と今更ながら反省。

さて、この連休中

ちょうど砂子瀬方面の道路の

冬期閉鎖が終わった(?)とかで

今年はじめての

Imgp2057

白神山地、暗門のぶな林散策にやってきました。

雪解け水が注ぎこむ暗門川は水嵩を増していて

緑色の水が流れています。

春先の緑色の川…この理由はなぜ?

そして、緑色といえばもちろん

Imgp2027

森の緑が若々しいですねぇ~。

お日様をたっぷり浴びて

これから緑が濃くなっていくのでしょうけれど

いまはまだ「わさび色」の森でした。

そう、写真では分かりませんが

ここを歩いている時は

ブナの「芽鱗(がりん)」がぶわぁ~っと舞っていました。

季節限定の光景…なのかしら。

さて、散策道の入り口までやってきました。

数年前に6月にここを歩いたことはありますが

5月の初旬に入るのは始めてです。

Imgp2031

それでは、残雪の「ブナ林」に入っていくことにしましょう。

ちょうど散策道を登り始めたところで

戻りの2人連れをすれ違いましたが

おひとりは「サンダル」履き…やんちゃだなぁ。

ボクは持参した冬用の靴に履き替えましたが

現地で長靴を貸してくれるので、利用した方がいいでしょう。

初めて踏み入れた残雪のブナ林は

Imgp2034

Imgp2054


こんな感じで、さらに

Imgp2045

緑色の合間に何やらお花のピンク色も…

辺り一面にぶわぁ~っとというのは大袈裟ですが

そこここに咲いているのは

Imgp2040

こんはお花でした。

名前は分かりませんが

淡い色合いが春っぽいです。

この日、里はたしか20℃超えの陽気で

少々厚着をしていたので汗ばむくらいでしたが

山のなかに入るとちょうどいいくらい。

でも

Imgp2048

こうして水の流れるところでは、急に空気がひ~んやりと。

ここで気が付いたのですが

雪に残る足跡は一方向のみ。

ということは、おなじルートで戻っていないということ?

などと考えながら歩いていると

Imgp2052

散策路はここでおしまい。

緑の木立の中に入っていきたいところですが

そこはぐぐっと気持ちを抑えて…

下りのルートに折れていくことになりました。

足跡が一方向だったのも納得です。

今年最初のブナ林散策は短い時間でありましたが

森の爽やかな空気をたっぷりと吸ってリフレッシュ。

去年はあまり山歩きはできませんでしたが

今年は時間を作って…そう決意するのでありあました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弘前公園ふたたび

花巻へと向かう前に…

短かい時間ではありますが

Imgp1863

再び弘前公園へ立ち寄りました。

この日はお天気もよく、しかも

Imgp1885

満開!

Imgp1907

ほらっ、いちばん古いという桜も咲き乱れてます。

今年は満開の桜は半ば諦めていたので、嬉しいね。

そして、園内ではラジオやら

Imgp1861

テレビの中継がありまして…

ひっかからないようにしなくっちゃ。

2、3年前には図らずも新聞に載っちゃったんだよね。

また

Imgp1877

和装のワンコもお花見を楽しんでいました。

ただ、弘前公園は一応

Imgp1962

なのです。

桜まつりでこんなことを言うのは無粋かなぁ…

この日、楽しみにしていたのは

Imgp1901

これですよ、「内濠」の一般開放。

この前訪れたときはまだ「まつり前」だったので

解放されていなかったのです。

Imgp1917

天守も大勢の人に下から覗かれるなんて

思いもしなかったのじゃぁないかしら。

Imgp1924

記念撮影の定番「下乗橋」も、ふぅ~んこうなんだぁ。

折角なので有料ゾーンの本丸にも行きましょう。

Imgp1945

桜と岩木山…

つぎは、りんごの花との組み合わせになりますね。

りんごの花も今年は早いのかしら。

Imgp1938

さて、週末は札幌に帰ります。

今年は札幌でも桜を愉しもうと意気込んでいましたが

電話で話した母が言うには、梅も桜も今が見頃で

「あんたが帰る頃にはもう終わってるよ」とのこと。

そっかぁ~残念だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弘前公園で春を愉しむ

津軽にも桜の開花の報が届いた最初の日曜日

列車に乗って、早速弘前へ出かけました。

いつもは5月2日か3日に出向いていたので

今年もそのつもりで予定を立てていましたが…

ずいぶんと早い開花となりました。

そして、JR弘前駅に着くと

最初に目に飛び込んできたのは

Imgp1854

「ふらいんぐういっち」という

弘前が舞台の漫画の大きな広告です。

まったく分かりませんが、人気の作品なのでしょうね。

駅から弘前公園までは歩くつもりだったのですが

ちょうどバスがあったので、そちらを利用しました。

バスの到着は東門。

そこから追手門方向へぶらぶらと…

Imgp1853

外濠はかなりピンクが鮮やかになってきています。

Imgp1760

今年も公園隣の市役所の屋上が開放されていて

まずはそこから岩木山と公園を眺めた後に園内へ。

Imgp1819

桜は満開まではまだ少し時間がかかるようですが

みなさん春が待ち遠しかったのでしょうね

多くの人が訪れていました。

Imgp1764

今年はお城の石垣工事が本格的に始まるので

Imgp1788

弘前公園の桜といえばのロケーション

下乗橋からの天守と桜の景色は石垣の工事のため

しばらく愉しめなくなります。

天守右手の内濠は水が抜かれ

23日から内濠に立ち入ることできるそうです。

Imgp1818

実は、今回はこれを期待していたのですが…残念。

Imgp1799

本丸は工事関係の施設もできていて

すっかり工事モードになっています。

また、この日はお天気がよく

Imgp1802

本丸からの岩木山がとってもキレイです。

おやぁっ?…右の方に目をやると

Imgp1805

岩木山と忍者?

もしかすると…「もんちゃん」と呼ばれている方かしら?

撮影をしているようです。

この後、腹ごしらえを済ませ

桜のトンネルがある西濠方向へ行ってみました。

Imgp1825

すると…

Imgp1830

ここにもありました。

作品に登場するシーン…なのかしら。

Imgp1811

今年も春の桜を目にすることができました。

1年何とか生きてきたんだなぁ~と節目を感じる時です。

来年はどうかな…

今年は北海道の桜も開花が早いようで

うまくいったら今年は札幌の桜を愉しめるかも。

それもちょっぴり楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

浅虫・湯の島カタクリ祭り

少し前のことではありますが

ここ数年春の恒例行事となっている

20150405_103212

浅虫・湯の島のカタクリ祭りに行ってきました。

この日は午後から雨の予報だったので、早目の出発。

午前9時ちょうどに浅虫に到着して

湯の島への船の乗船手続きを済ませると

「さぁさぁさぁ…」と船の方へ案内されます。

「ちょっ、ちょっと、トイレに行きたいんだけど…」

などと言う間もなく、乗船することになっちゃいました。

おそらくはこの日の1便だったようで

船内はボク達以外は、スタッフの方。

こうして、バタバタと湯の島へ上陸。

Imgp1684

Imgp1685

最近少しばかり浅虫のことを勉強しておりまして

浅虫は観光・保養地として温泉が有名ですが

江戸時代から、湯の島や鴎島などをめるぐ

「島めぐり」が観光の目玉でもありました。

湯の島では、地図上方の「材木岩」が観光スポットです。

ということで、「材木岩」にも行きたい気持ちが…

残念ながら、道はついていないそうです。

遊覧船にでも乗れば見物できるのかしら…

さて、カタクリの方は一面にぶわぁ~っと咲いていて

Imgp1733

前日に満開となったそうですが

なんでも、花はお日様の方に顔を向けるとかで

曇り空のこの日は

Imgp1697

うなだれておりました。

ですから、カタクリの顔をちゃんとうかがおうとすると

Imgp1704

かがんだ状態で覗き込むようにしなくっちゃいけません。

これが腰痛持ちにはなかなかしんどい…

また、ところどころにガイドの方がいらっしゃって

何せこの時間は、観光客はボク達だけですから

各ポイントでゆっくり、じっくりとガイド方の説明を受けます。

で、湯の島のカタクリは

葉っぱが大きくて、ふが入っていないのが特徴だとか。

そして、湯の島山頂の少し手前では

Imgp1720

白いカタクリを紹介していただきました。

約1時間ほど湯の島を愉しんで戻ったところ

ポツリポツリと雨…やっぱり降り出しました。

それでは、温泉にでも入って帰りましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初春の八甲田

先月末、職場の引っ越しがありまして、

しかも、作業が午後9時以降からという制限もあり

帰宅が午前3時過ぎというのが2日程続き…

この週末はゆっくりと疲れを癒そうかと思いつつも

「陽気に誘われて」ということになるのでしょうか

Imgp1636

今年最初の八甲田へのドライブです。

岩木山展望所からは岩木山がくっきり見えてます。
(この写真じゃぁ分からんねぇ~)

そして、車は萱野高原を越え

Imgp1643

Imgp1644

酸ヶ湯温泉へ。

毎年何度も目にしていますが、好きな風景です。

駐車場はほぼ満車。

しかも、県外ナンバーの車が多いようです。

この時期の八甲田…目的は何?

現在の積雪は

Imgp1662

こんな感じです。

まだまだもっこり雪が積もってます。

Imgp1654

東北大学の植物園の入り口はまだ埋まってました。

これだけの雪がぜ~んぶ解けちゃうのだから

春の陽射しはすごいものです。

Imgp1656

「地獄沼」の看板…こんなのあったっけ?

Imgp1660

「まんじゅうふかし」でちょっと休憩。

お尻がポカポカしてくると、あぁ眠気が…

眠気を振り切り、安全運転で車を進めていくと

Imgp1665

この時期の名物「雪の回廊」です。

「八甲田ウォーク」でここを歩いたのは

もう2年前になりますか…

また挑戦したいものです。

Imgp1672

八甲田の山並みもキレイですね。

さらに少し進んで睡蓮沼の辺りまでいくと

Imgp1677

回廊に穴が…いったい誰が掘ったのでしょうね。

穴の向うにはどんな風景があるのでしょう。

と、いうことでこの穴をくぐってみると

Imgp1679

やっぱり山が…はは、当然ですね。

Imgp1640

この日は

どちらかといえば「思いがけず」やってきましたが

今年も八甲田の四季をたっぷりと愉しみたいですね。

そのためには、まずは身体を整えなくてはいけません。

腰痛に坐骨神経痛…なんとかしなくっちゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十和田で雪遊び

この冬は雪遊びの機会に恵まれず

終盤戦になってようやく

Imgp1602

グリーンハウスのランブリングツアーに参加しました。

行先は十和田湖方面で

Imgp1603

瞰湖台方面に向かい

十和田湖を展望しようというもの。

お天気の方も雲の間に青空もあり、期待が持てそう。

Imgp1576

森の中をスノーシューではなく

スノーランブラーというスキーのようなもので歩きます。

ガイドの方とおしゃべりをしながら

ぶらぶらぁ~っと森の奥へ、奥へ…

ウサギやタヌキ、カモシカの足跡を発見。

そして、足もとでちっちゃい動く生き物

Imgp1574

写真左上の黒いの…分かりますか?

ユキムシだそうです。

ガイドさんのお話だと、彼は成虫になると食事をしないとか。

じゃぁ、口はないの?

ルーペを借りて口を探しましたが…分かりませんでした。

後半は登りになります。

スノーランブラーはスキーに似ているのですが

裏にギザギザがついているので、登りにも強いのです。

そして、予定より少し遅めだったようですが

目的地に到着です。

眼下には

Imgp1584

Imgp1585

冬の十和田湖がぶわぁ~っと広がります。

感激、感激。

さらに、ここで

Imgp1596

ティータイムとなりました。

素敵な景色をながめながら…何とも贅沢。

やっぱり雪遊びはいいねぇ。

もう1回くらい行ける…かなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青森市観光フォーラム

いよいよあと1年と迫った

北海道新幹線開通を見据えて、青森市内で

20150301_133609

「青森市観光フォーラム」が開催されました。

2010年の東北新幹線全線開通以来2度目の

「新幹線効果」を目指して…といったところでしょうか。

20150301_133546

市長のご挨拶、そして

ロゴマーク・キャッチフレーズの紹介で幕を開けます。

会場の後方では「青森食堂」と称して

青森名物の煮干しラーメン・貝焼き味噌、さらには

しょうが味噌おでんなどの振る舞いがありました。

会場内は煮干しラーメンのスープの香りが

ほのかに漂い、会場全体が「青森」といったところ。

20150301_133846

JR東日本・JTBの方の講演ふたつを拝聴し

後半はパネルディスカッション。

こちらの方は、「ねぶた」の話が中心となり…

まぁ、青森の観光の目玉が「ねぶた」なのは分かりますが

なんだか「ねぶたフォーラム」チックになってきました。

しかも

パネラーに地元で取り組んでいる人がいなかったのも残念。

そんなことを見越してか

パネルディスカッションの前に帰っちゃう人も結構いたようです。

青森と函館…

一応、青森市民でありながらも北海道出身。

故郷への依怙贔屓なのかもしれませんが

求心力があるのは、圧倒的に函館なんじゃないかなぁ。

だからこそ

北海道新幹線開通によって

青森が北海道への通過駅になってしまわないよう

知恵を出していかなくっちゃいけません。

その意味では

来訪者をどのように迎えるかってことが大事じゃないかな。

20150301_153820

パネルディスカッションのなかで

会場に映し出された写真のなかに何枚か

ごくごく見慣れた姿があるではありませんか…。

フォーラム終了後

通路を挟んで斜め向かいにいたおじさんと目が合い

このおじさんは「青森食堂」で

ボクがおそばを頂いていたときに向い側にいた方で…

「どこかで見たことがあると思ったら

 さっき映っていたでしょう」ですって。

「えぇ、まぁ…」

最近は

いろんなところにトラップが仕掛けられているようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

十和田湖冬物語

もう2週間ほど前のことですが

そう、午後から猛烈な雪となった13日の翌日

Imgp1507

「十和田湖冬物語」に行ってきました。

この日も少し前日のお天気を引きずってか

時折冷たい風とともに細かい雪が吹きつけました。

初めての冬の十和田湖。

十和田市役所出発の、1500円の「モニターツアー」に参加。

このツアーはとってもお得で

1000円の食事券がつくほか

「引き馬」「記念写真」などのイベント参加券や

「十和田神社」に奉納する

Imgp1423

絵馬もいただけます。

ひつじに「眉毛」ってあったっけ…

正午出発で、13時半には会場に着き

「引き馬」などを楽しみましたが

ボクの目的はなんたって

20150214_175244

かまくら「Bar」です。

ただ、こちらが18時オープンということだったので

食事券を使って、少し早目の夕食。

昼間のうちにすでに目をつけていた

20150214_141407

「もつ煮」などを買い求め

20150214_170513

横手の「やきそば」と三沢の「パイカ」と

地域色あふれるメニューとなりました。

これに、温かい日本酒で腹ごしらえといいますか

「Bar」が空くまでの時間つぶし。

いやぁ、もつ煮と日本酒の合うこと…

でん!と腰を落ち着けて飲みたいところです。

こうして18時を待ち

時間を少し過ぎたところで「Bar」に行くと

すでにカウンター席は満席になっていて

ボクは立ち飲みゾーンで

20150214_180421

20150214_180426

オレンジなんだかというのをいただきました。

氷の器は持ち帰っていいということです。

ここで1杯いただいたところで

次はお隣、といっても中で繋がっている

「日本酒」のお店へ。

20150214_181550

こちらでは、「刈穂」を升でいただきました。

で、氷の器はどうしようもないので

20150214_185321

景色に馴染ませてきました。

また、外では

20150214_185505

ホットワイン。500円で「飲み放題」です。

寒い夜に温かいものが恋しくなるのは人の常…?

かなりの行列ができます。

なかには、トイレの行列と勘違いしている人も。

「冬物語」のメインは、20時からの花火大会。

ボクはそれまでにすっかり出来上がってました。

ですから、花火の写真は上手く撮れず…

Imgp1503

夜が遅くなったので、この日は十和田で一泊。

なんともお得で、楽しいモニターツアーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弘前城雪灯篭まつり

ここ最近の週末は

土曜日は身体のメンテナンスにあてて

日曜日は「ひらかドーム」でランニングをしてから

すぐ近くにある、りんごを持った観音様で知られる

20150208_112524

20150208_122631

南田温泉に行くことをルーティーンとしています。

りんごがぷかぷか浮かぶ大浴場で1時間ほど

神経痛を癒しています。

そして昨日は、このルーティーンに加えて

土曜日から始まった

20150208_132841

「弘前城雪灯篭まつり」行ってきました。

まだ2日目だというのに

20150208_140315

すでに灯篭が傾いていたり

20150208_132616

いたましい姿の雪像も…

やっぱり暖かいんだよね。

訪れた時も雨が降っていました。

20150208_141003

こうして灯篭を補修している光景を何度も目にしました。

雪像は今年の干支にちなんだ羊が多く

また、大人気の

20150208_133427


20150208_133902

妖怪ウォッチも目に付きます。

20150208_133447

こちらは「アナ雪」のキャラクターでしょうか…

そんななか

20150208_134155

トロロは根強いですね。

で、この辺りで国会議員ご一行様とすれ違いました。

視察…?

20150208_140055

やはり、灯りが灯される夜に訪れたいところでしたね。

なんでも

これらの灯ろうの明かりを置く所が

ハート型にくり抜かれているのがあるのだとか。

中央の松の木の左下にひとつ見つけました。

20150208_140109

分かるかなぁ~?

弘前城の本丸は石垣の工事にいよいよ入ったようで

20150208_140704

お濠の水が抜かれていました。

このあと、天守移動するんだよね。

戻ってくるまで生きていられるんだろうか…

20150208_134011

雨に濡れながら

東北五大雪まつり(?)のひとつを愉しんできました。

最終日は、ここでリレーマラソンもあるそうです。

お仕事が入らなければ、観戦に行こうかしら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

青池ふたたび、そして…

せっかく深浦まで出向いたので

やはり、ココ

Imgp1373

「青池」に寄らなくちゃね。

もうオフシーズンなのでしょう

観光の人もずっと少なくなっています。

Imgp1381

Imgp1374

初めての秋の青池。

周辺が緑色だけではなくなっているので

青がより際立つ感じです。

この日は散策の準備をしていなかったので

十二湖の散策は止めまして

JR五能線の十二湖駅へ立ち寄り

Imgp1385

7月にデビューしたという「青池ソフト」を求め…

Imgp1386

バニラとのミックスもありましたが

「オールブルー」でいただきました。

この色からイメージしたのは「ラムネ味」でしたが

さっぱりとしたヨーグルト味です。

Imgp1388

吉永さん、一口いかが?

この日の天気予報は傘マークでしたが

ここまでは、お日様も顔を出してくれまして…

ところが、この後はゴロゴロピカッ!

そしてザーザーに遭遇しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧